話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

鮫島くんのおっぱい 外伝 山石歩美の業務日記

とびらの

 9月5日

 呉服屋さんで、着付け補助。
しっかり手順を教わってから臨んだのに、何度やっても上手くいかない。叱られてばっかりだ。
だって私はしょせん日替わりのヘルプで、着物なんて着たこともないし、浴衣ですらワンタッチのナンチャッテを二、三度と言う程度。いきなりうまくできるわけないじゃないか。


 9月10日

 また、店長さんに叱られた。
 覚えの悪い子やなあ、来週まであんたいてるんやろ、かなんなあ、だって。
かなんなぁはコッチだ!
 辞めたい。嫌い。つらい。
 お客さんも私の失敗をクスクス笑うし、おばさんばっかりで何の潤いもない。

 あの、面白い美少年や、長身の美形さんや、派手な髪のひとたちを見かけない。
 高校生たちはもう新学期だから仕方ないけど、バンドのひとたちも本業があるのかなあ。
 どこでライブやってるのかって、ほんと、聞いておけばよかった。


 9月16日

 雑貨屋さんでレジ打ち。
 今日はやけにたくさん、日傘や日除けアームカバーが売れた。なんだろうかと思ったら、明日近くの高校で体育祭やるんだって。
あそこは体育会系にも力を入れている男子校だから、体育祭はなかなかの見物。とくに、三年生の騎馬戦は例年すごく盛り上がるのだそうだ。
 行ってみたい気もしたが、身内もいないのに遊びに行くのは気が引けるし、明日はまた仕事だ。


 9月17日

 今日、あったことを日記にすべて書くと、ページが足りなくなってしまう。
そもそもアレは現実?私は夢を見たの?
 だって、おかしいよね。
 店のスタッフルームの窓ガラス越し、路地裏の景色に、蜃気楼のように幻を見たに違いない。
 変な白昼夢だ。
 あの美形さんが、昔のヤンキーみたいな長ラン姿(超かっこよかった)で、路地裏に入って来たかと思ったら、すぐに体操着姿の美少年(超可愛かった)が追いかけてきて、陰に隠れてたニット帽の男がそれを追いかけて……
 戦って、落ちてきて、踏みつけて、なんかいっぱい出てきて、また戦って、ビル壁駆け上って行って……
 赤や青の髪の人間が重ねて倒れてて……
 ピンク色のくじらの物体がぐいんぐいん動いて……

 夢だ、夢。
 夢は夜に見るものだわ。寝よう。

 私、疲れてる?
 貯金もたまって来たし、潮時、かなあ……

「鮫島くんのおっぱい 外伝 山石歩美の業務日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く