TS初心者娘が彼氏と初めてデートする話。~鱶澤くんの後日談~

とびらの

痴漢あかん

 
 本霞ヶ丘駅は、地元では一番大きな駅である。
 と言っても、そもそも田舎だからね。駅じたいがエンターティメントになってるようなたいそうなものはない。ただ、ここから僻地への在来線が放射状に伸びていて、町中の人がこの駅を利用している。

 とくに特徴のない、秋の日曜日だ。きっとガラガラだろうと思っていたが、甘かった。

「なんか、中途半端。満員ってわけじゃないのに並んで座れるところがないな」

 キョロキョロあたりを見回しながら、アユムちゃん。目的地、動物園のある駅までは電車で20分。できれば座って、しゃべりながら過ごしたいな……。
 彼女はおれの袖を引いて、横並びの長ベンチ、たったひとつの空席へ導いた。

「順番に座ろ。三駅目で交代」
「……ああ。じゃあ、お先にどうぞ」

 そう言うと、遠慮なく腰掛けるアユムちゃん。そして、目の前に立ってるおれを見上げて、ふふっ、と笑った。

「こうして向かい合ってるのも話しやすいな」

 おれは笑った。いいなあ、こういうとこ。不機嫌や愚痴っぽくならないで、さっと切り替えて提案してくる。その中で楽しいことを見つけて笑う。彼女は勉強は苦手だが、頭のいいひとだと思う。明るく生きていけるってのは、優れた才能だ。
 おれたちはそうしてしばらく、雑談を楽しんだ。ひと駅ごとに乗客が増えて、やがてほとんど満員に。約束の三駅目でお年寄りが入ってきて、アユムちゃんは席を立つ。
 おれの隣に立ち、手すりに摑まるアユムちゃん。おれのほうをちらりと見て、微笑んだ。

「……やっぱり、並んで顔見れた方がいいね」

 ……だから。だからもう。この子はっ……もう!

 いますぐ抱きしめたい衝動にかられたが、グッと我慢。そんなことしたら大惨事になる。おれの下半身の形状的に。電車はやばい。普段ならアユムちゃんに知られるのがいちばん恥ずかしいことも、電車内に限って言えば、アユムちゃん以外の客に見て取られた方が断然やばい。

 がたんごとん、揺れ動く車内、にぎやかな満員電車で、おれにはアユムちゃんの声しか聞こえない。

「――こないださ、ナカムラくんがうちに来て、初めて会ったよ。シノブの彼氏っていうかどんな変人かと思ったら、普通に好青年でびっくりしちゃった」
「ああ。……なんというか、普通だよね、あいつも」
「特別イケメンでもないし、でも優しそうで。あいつすごい自慢するんだよ。顔面偏差値はお兄ちゃんとこのベイオウーフに及ばないけど、うちの巫女侍のほうがイイ男ヨっとかいって。とりあえずゲームのアカウント名で友達呼ぶのはやめろって言っといた」
「あはは。おれも、三人だけでいるときはシノブちゃんのことボインゴGって呼ぶけどね。もしくはギルマス」
「ぎるますって何?」
「えーっと……オンラインゲームってやったことはある?」

 おれとアユムちゃんは、共通の趣味で知り合ったわけじゃない。お互いの知識を交換しながら、オシャベリは尽きることが無かった。
 とりとめのない、穏やかな時間。こういうのもいいよな。
 そうしている間に乗客がさらに増え、おれたちの背後にも人が詰まってきた。心地のいい感覚ではないが、あと一駅、十分もかからないはず。オシャベリもいったん中止して、おれたちは黙って立っていた。

 ――と。

「ふっ。くくっ……ふふっ」
「アユムちゃん? 何笑ってるの」
「くふっ、あは、ごめんなんでもない。ん、くっく……」

 小刻みに震えながら俯いてしまう。思い出し笑い、だろうか。とりあえず放置しておこう。
 おれはポケットから畳んだパンフレットを取り出し、動物園デートへ思いをはせた。
 アユムちゃんに何度か話しかけたが、彼女はなにか心地悪そうに、ニヤつきながら雑な返事をくれるだけだった。


『北霞山駅――北霞山駅。お降りのお客様を先にお通しください――』

 アナウンスを背に改札へ向かいながら、おれはアユムちゃんを振り返る。
 もう笑いの衝動はおさまったらしい、普通に切符を確認している。

「ねえ、さっき電車でクスクス笑ってたの、どうしたんだ」
「ああ、あれ? ふふ。なんなんだろう」
「うん?」
「あたしもなんだかわかんないんだけど、後ろのやつが、こちょばしてきてたんだよ」

 ……えっ?

 おれは硬直した。まさか、という疑いは、彼女にはみじんもないらしい。やはりクスクス笑いながら首を傾げ、あっけらかんと、口にする。

「最初、背中に手のひらがペタって当てられて、それから腰の、このへん? 臍のちょっと下を両側から掴んできて。揺れでヨロけたのかなと思ったんだけどさ」
「……ちょ。ちょっと、アユム、さん。それって」
「そのあともチョイチョイ、股にソイツの脚が入ってきたり、膝裏のあたりをゴシゴシこすられるような感覚あったりで、もうこちょばったくって。あっはっは。あれなんだったんだろう? もしかして知り合いだったのかな。学校のやつがイタズラで」
「痴漢だよっ!」

 思わず絶叫した、刺激的なキーワードに通行人がぎょっと振り返る。それにかまわず、おれは走り出した。しかしすぐに、アユムちゃんに止められる。

「ど、どうしたのモモチ、なんで戻るんだよっ?」
「痴漢野郎を捕まえるっ!」
「エッ、痴漢? どこに?」
「ぬあ、あああああ」

 おれは頭を抱えて突っ伏した。
 悶絶するおれに、さすがに状況は察したらしい。理解はしてもピンときていない、複雑な表情で、アユムちゃんは頭を掻いた。

「もういいじゃん。実害があったわけでもないし」
「いや、君おもいっきり被害者でしょ!?」
「んん、それよくわかんなかったし……世の中のためには捕まえといてやった方がよかったんだろうけど、逃がしちゃったもんはしょうがない」

 あっけらかんと、言う。愕然とするおれの手を引いて、

「だからもういいの。そんなことより、動物園! あっそうだゴハン食べるとこも探さないとなっ」

 赤い髪をなびかせ、恋人は笑っていた。

「TS初心者娘が彼氏と初めてデートする話。~鱶澤くんの後日談~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く