鮫島くんのおっぱい

とびらの

鮫島くんの雫

「リタ、お前ばか、手っ!」

 叫んだのは虎だった。 
 刃を握った手から、ぽたぽたと血が流れ落ちる。
 鮫島は無言のまま、まずその手首を捕まえた。慎重に開かせ、ナイフを取り除く。傷ついた梨太の手をじっと見つめた。

「深くはないな。しかし破傷風など、思わぬ悪化をするかもしれない」

 そんなことを言って、腰のポーチを開き、治療行為を始めた。梨太は振り払った。

「いらないよ。それより質問に答えろ。なにやってたの」
「……髪を切ろうとしていた。後ろ側は難しいから、虎に頼んで……」
「なんで? 伸ばしてたんじゃないの、僕のために」

 鮫島は少し、眉を垂らした。

「別にリタのためではない。お前が、長髪の女が好みだなんて聞いたこともないし。ただ……遊んでいただけ」
「遊ぶ?」

 うん、と彼は頷いた。その表情や声は穏やかだった。長い髪を手の輪で束ね、懐かしむように見下ろして、

「もともと、二度と会えないと思っていた。伸ばしたのは……ただのひとり遊び。そう、ママゴトだったんだ」

 梨太から奪ったナイフを、鮫島は自ら襟足にあてた。ぷつんと一本、黒髪が千切れる。

 梨太は手を伸ばす。
 その腕と、鮫島の手首を、虎が同時に捕まえた。

「二人とも落ち着け! なんのケンカだよこれは」

「僕は落ち着いてるっ」
「喧嘩なんてしていない」

「うるせー黙れ。なんか変だぞ二人とも――っと、なんだよリタ、髪びしょ濡れじゃん。落ち着いて一回座れ」

 虎はナイフを取りあげ、二人分の茶を淹れて、タオルを出す。シャツ一枚で冷えた肩に、自分が着ていたジャンパーをかけてくれた。
 なんとなく、彼が四人兄弟の長だったことを思いだす。対して梨太は一人っ子、鮫島は末っ子だ。ジャンパーのぬくもりになごみながら、ふと胸元を見下ろした。

 日本語が書いてあった。
『ヒメアリクイはいつでも満タン』。梨太は即座に上着を返した。

 再び、鮫島をにらみつける。

「僕は男友達を望んだけど、女の君を否定したわけじゃないんだぞ。やけくそ? 僕へのイヤガラセ? ハーニャをよこしたのもアテツケのつもりかよ」
「……アテツケ? あの娘は……そうか、ほんとうに風呂場へ行ったのか」
「君に行けと言われたって。ハーニャが嘘をついてたってこと」
「……いや……でも行けとまでは言ってない。止めなかっただけ。リタが望めば、俺に止める権利はないと」
「同じことじゃないか!」

 また加熱する梨太に、まんなかの虎が身を縮める。うっかり痴話げんかに巻き込まれた部外者は、事情がわからず聞きだすにも野暮、しかし捨て置くには心配らしく、ひたすらソワソワしていた。

 鮫島が目配せし、退室を促す。彼は頭を掻きながら、「じゃあ隣の部屋にいるから」と退いていった。
 家からは出ないあたり、自分は相当コワイ顔をしているらしい――だが、それを緩めるつもりもなかった。
 声だけは落ち着けて、鮫島に対峙する。

「どうしてそういうことをするのさ。他の女をあてがうなんて、僕にもハーニャにも失礼だ。逆にやられたらどう思うんだよ」

 鮫島も、正面から梨太に向き合っていた。正座で悠然と構え、萎縮しているようには見えない。穏やかな声で答える。

「別に。仕方がないとしか言いようがない」

いつもどおり平然、冷静な鉄面皮。いつもうなじで結んでいた髪はそのまま垂れている。黒髪に縁どられた、白く美しい顔。
梨太は眉を跳ね上げた。

「仕方ない? あー、地球人の男は『溜まる』っていうアレのこと。馬鹿にすんなよ、彼女いない歴どんだけだと思ってんだよ」
「いや、リタのことじゃなく、俺のほうだ」
「……鮫島くんのほう? なにそれ、せっかく伸ばした髪を切るのも、僕にカノジョを作らせるのも、自分のためだって――本当にそんなことを、望んでるっていうのかよ」

 鮫島の眉が歪んだ。視線をかすかに俯かせ、呟く。

「……望んだわけでは……けど、仕方ない。それがベストだと考える。それは俺の選択だから……俺の望みということになると思う」

「は? 何言ってんのかわかんない」

「俺は作戦をたてる際、大成功と成功の二段階、さらに撤退や大失敗を含めいくつものルートを想定する。これは軍団長として当然あるべきスタンスであり、責任である。今回は『成功』、次点案を通したことになる。決して悪いものではない。当然、必要な装備や工程も変わってくるだろう。それが散髪とハーニャだった」

「何言ってんのかわかんない。てか鮫島くん、日常会話と軍隊式で語彙力に差がありすぎるんだよ。中間とって」

 鮫島はいよいよ困ったように眉を寄せた。一応、梨太のいうように努力してみたらしい。口をパクパクさせて、やがて、俯いた。

「どうすればいいのかわからない」
「なんでこんな当たり前のことができない? そのまま言えばいいんだよ、本当に、普通のことだよ?」
「俺は……軍人だからな……」
「またそれ。軍隊育ちを言い訳にすんなよ。蝶さんも虎ちゃんもオシャベリ上手だよ。出来ないの鮫島くんだけじゃないか」
「…………仕方ない。俺はこれだから。だから、高望みはしない。すればキリがない。諦めるしかないことはあって、せめて、絶対譲れないものだけ守れたらそれで――」
「それでいいって思ってるの、自分の人生ぜんぶ」

 鮫島は顔を上げた。頷く。そしてすぐに首を振る。また頷く。
 なんでもないような顔をして、なにも変わらないまなざしで、彼は確信を込めて断言した。

「嫌だとダダをこねて叶うものならそうもする。そうでなければ、うるさいと余計に嫌われるだけだろう」

 梨太は立ち上がった。ふつふつと湧き上がる感情は、怒りであり哀しみだった。鮫島に対し、八年前からずっとくすぶっていたものが溢れ出す。
 梨太は叫んだ。

「僕は君の、そういうところが大嫌いだ」


 彼の姿は変わらなかった。
 凛々しく端正な顔立ちに、表情らしいものは浮かばず。背を伸ばして正座した格好で、梨太から視線をそらさない。
 震えもしない。口も開かない。
 怜悧なまなざしはすこしも変わらないままで――深海色の瞳が濡れた。

 透明な水があふれてこぼれ、彼の頬を伝って落ちる。

 そうして彼は泣き出した。


 それを理解するのに、梨太は数秒の時間を要した。理解した瞬間、生涯であとにも先にも出すことのない悲鳴を上げて逃げ出した。半分腰を抜かした姿勢のまま戸を開き、とりあえずそこにいた赤毛の傭兵を捕まえる。そしてそのまま走り出した。

「え?うわ、なに!?」

 騒ぐ虎に回答をやらず、襟首をもって引きずりながら屋敷からも脱出。二十メートルばかり走ってから解放、土に膝をつき、せき込む虎に抱き着く。
 蒼白になり、歯の根が合わない。
 この距離でなければ聞き取れないほど呂律を迷わせて、梨太はか細い声を漏らした。

「ど、うしよ、虎ちゃん、タスケテさめっぼくっ――鮫島くん泣いたっ…………」

「は?」

 虎は目をぱちくりさせる。何度か同じ言葉を聞かせても、彼はそれを信じようとしなかった。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く