鮫島くんのおっぱい

とびらの

リタ君、ねばる

 
 旅は基本的に街道に沿ってきた。
 そしてその街道は、できる限り、水辺に添って敷かれていた。

 雨水の流れで、自然に出来た小川には、いつも動物たちがいる。
 小さな鹿と、それよりも大きな鳥との間で、梨太はバケツを差し入れた。

「やあ、お邪魔するよ」

 と、声を掛けても、獣たちはピクリともしない。ヒトに慣れている――のではなく、むしろヒトという狩猟が得意な動物の存在を知らぬゆえ、自然と共生しているのだ。
 梨太は微笑み、遠慮無く水を汲んでいく。

 汲んだ水に粉末を放り込む。腕を突っ込みグルリと混ぜると、水は一気にトロミを帯びた。それを運んでいる間に、トロミは濃いゲル状になり、汚れを絡め取って、バケツの底に沈殿していく。
 鍋にバケツをそうっと傾け、上澄みだけ取ったものを煮沸。こうして出来た清潔な水を給水缶へ入れ直し、車に積み込む。旅に出てもう三週間、こんな作業も慣れたものだ。
 二杯目を取りに行こうとすると、鮫島から止められた。

「リタ、もうそんなにたくさんは作らなくていい。もうバルフレアの村も近いから」
「そう? りょーかい」

 言われて素直に栓をする。それで手空きになってしまった。レトルトで朝食を作っている虎の手伝いにいこうかと、身を翻したところで腰帯を引かれる。

「なに、鮫島くん」
「じゃんけんしよう」
「じゃんけん? いいけど何の勝負?」

 質問には答えず、すぐにじゃんけんのモーションが始まった。意味はわからないが、負けてもたいした労働をかされはしないだろう。
 鮫島の希望通り、じゃんけん勝負に応じてみることにした。

「じゃんけん、ぽん。あ、俺の勝ち」
「そうだね」
「もう一回。じゃんけん――あっ負けだ」
「うん。うん? それで……」
「もう一回したい」
「いいけど、ねえこれ何の勝負? 僕が負け越したところで無茶ブリしたりしないよね」

 追及すると、彼はなぜか、不思議そうな顔をした。

「勝敗を付けることを目的とし、賞品が出ない競技もあるだろう?」
「えっと……じゃあコレ、ただじゃんけんしてるだけ?」
「うん。リタと俺は得意分野が違いすぎるけど、これだったら対等の勝負を楽しめると思って」
「……なるほど。よしもっとやろう」

 応じる梨太に、鮫島はとても嬉しそうにしていた。梨太は生まれて初めて、実在の人物がじゃんけんのあとウフフと笑うのを見た。いつまでも果てしなく、楽しそうにじゃんけんをする新婚夫婦。

「なんだ、仲いいじゃん」

 焚き火にパンをかざしながら笑う虎。
 そう、仲はいいのだ。
 鮫島の言葉使い、すべての所作から梨太への深い愛情が伝わってくる。

「これで、リタの十勝八敗。俺よりリタのほうが運がいい。明日またやろう」

 負け越して嬉しそうにしている。微笑む口元は、こころなしかふっくらとし、日に日に艶を増しているようだった。
 なごやかな朝食を終え、片付け作業の合間に、梨太は鮫島の手を引いた。虎からは見えない位置で、彼の肩を掴んで背伸びする。そうして唇を寄せようとした――が、すいっと身体ごとかわされた。さりげないようであからさまに、鮫島は梨太のキスから逃げた。

「虎、火は消えたな? バルフレアの村はもうすぐだ。明日には『黄金色草原』が見えてくるだろう」

 さっさと車に乗ってしまう。走り出してすぐ、梨太はそうっと、ギアに置かれた鮫島の手を握ろうとした。すんでのところでかわされて、両手で運転を始める婚約者。
 梨太は引き下がらない。そのまま、ハンドルを握る手を掴む。

「リタ、危ないからやめろ」
「……そういう文言できたか」

 ゴネることもできず、梨太はとりあえず素直に引き下がった。あくまでも、とりあえずだけであった。


「――やめろ」
「やめない。ていうか何もしないよ、ただ居るだけだよ」
「車に戻れと言ってる、俺もすぐに戻るから」
「なんで? 水浴びいくのに一緒に行くって言ってるだけじゃん。今までは何度もそうしてたじゃん」
「……このあたりは野盗がよく出るという。傭兵の近くから離れるのは危険だ」
「いやそれは言い訳としておかしいでしょ、僕は鮫島くんといるんだから。まさか僕に傭兵を守ってやれっていうわけじゃないよね」
「二人同時に無防備な裸になるのはよくない。だから順番に」
「わかったじゃあ僕は川辺で見てる。んで鮫島くんが服を着たら交代する。それでいいでしょ」
「……。今は、裸を、見られたくないと言ったはずだ」
「だからそのぶんだけ手をつないだり一緒に寝たり、コミュニケーション取っていこうっていう話はどうなったんだよ。むしろ避けてるのはなんでなのさ」
「……別に、避けているわけでは……」
「じゃあ、これから夜に虎ちゃんが運転してる間、後部シートでいちゃいちゃしましょう。ずっと手をつないで、チューしたりハグしたり」
「えっ。そ、それは」
「人目が恥ずかしい? なら、虎ちゃんの見えないところで触りっこしましょう!」
「やだ」
「即答っ!? なんでさ、やっぱし僕のこと避けて」
「いや最後のは避けるとかそういう問題じゃないだろう」
「なにがだよ。よーしじゃあわかったもういい、もうわかったからおなかだけ見せて」
「おなか?」
「男女の性器的なものでなければいいんでしょ、胸の下まで服をまくって、おへそ見せておへそ、鮫島くんのおへそを見せてっ!」
「やだ」
「また即答っ!? それになんで真顔なんだよ。いいじゃんへそくらい――じゃあ腋。鼠径部そけいぶ。……膝の裏!! これならいいでしょっ!?」
「やだ!」
「より強めに即答!?」
「それならいいけども今いやになった! もう絶対にいやだ!」
「だからなんで!? へそ見せてよへそ。へそーっ!!」
「いやだ!! ――やめろめくるな、放せ、殴るぞっ」
「殴ってみろよ、言っとくけど僕は弱いぞ! 鮫島くんが殴ったら死んじゃうからな!」
「そんな脅し文句があるかっ!? だから嫌いになったとかそういうことじゃ――あっ、ちょ――やめ、やだって、わ。待ってリタ。あっ。あ――」


「……で、こうなったって流れっすか」
「うん」

 虎の言葉に、鮫島は小さく頷いた。少し遅れて、梨太も頷く。

「ふもっふ」

 運転席に虎、助手席に鮫島。そして後部シートには、両手両足を縛られ猿ぐつわをかまされた梨太が転がっていた。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く