鮫島くんのおっぱい

とびらの

雨の町①


 鮫島がキャンプに戻ってきたとき、梨太は虎と戦っていた。


「ふんぬぅううううう」
「――だからよぉ、俺ァ別にあいつらのキューピットだの仲人だのって偉そうなことはしてねえんだよ。ただ共通の知り合いで、プロポーズの瞬間に立ち会っただけ」
「ぅぎぎぎ……うおおおおっ!」
「蜻蛉教官が、蝶の遠回しなプロポーズに気付いてなかったんだよな。蝶のやつ、黙って渡した『婚儀の紅』をなにこれボク化粧しないしって突き返されて、振られたと思い込んでた。アホだよなあ。ラトキア貴族伝統の婚約儀式なんて、スラムの女が知ってるわけないじゃん。へんなとこ抜けてんだあの笑顔ゴリラ」
「――ふう。ふう。――……やあああああっ!」
「俺はその話をあとから聞いて、それ伝わってないんじゃねーのもっかいちゃんと結婚してくれって言ってみろって、背中押したわけ。ほんとにそれだけなんだよ。それからまあ色々、礼のつもりだかなんだか……要領のいい不良騎士自称してるけどジッサイ真面目で器用貧乏で、貧乏くじ引いてるようにしか見えんわ。リタもそう思わないか?」
「――おりゃああああああ」

「……何をしている」

 鮫島の声に、虎が顔を上げた。梨太にはその余裕はない。一心不乱に、虎を倒そうと全力を込めていた。
 左手をあげて、ひらひらさせる虎。右手は梨太が握りしめている。

「おっすだんちょー、どうでした、もう町は見えましたか」
「……ああ。丘の上から確認できた。もうすぐ近くだ。夕暮れにはつくだろう」
「おりゃあああああああぅううううう」
「で、それはそうとしてなぜリタが、虎の手を握って叫んでいるのかを知りたい」
「腕相撲で勝負中」
「……何の勝負?」
「んー、特に理由はねえっすよ。リタが言い出したんだ、ナニカを賭けて勝負しようって……なんだっけ?」
「今しゃべれないぃいいい」
「……平和だな」

 鮫島は呟き、一人でテントの片づけを始めた。もちろん、彼一人にそれを任せる梨太ではない。だが今は手が離せない。勝負はすでに開始から十分経過、いくら元騎士とて、そろそろ疲れが出てくるはずだ。今を逃しては二度と勝てない。なにせ梨太は両手、虎は右手のみ。同じ年の青年だ、勝機がゼロというわけがない。そんなわけがないのだ。

「……しかしリタ、両手つかってそれか。お前ほんと弱いな」
「ふざけんななんでビクともしないんだよ、詐欺だ!」

 はっはっは、と軽やかに笑う虎。

「俺は騎士でも傭兵でも、力自慢ってほうじゃねえぞ。お前が弱いの」
「おっかしいなあ、おかしいよこれ。腕の太さに大差ないじゃん、僕だって五年間筋トレしてたんだよ!?」
「ばーか、ジョギングやダンベル上げと、人間相手とは違うんだよ。もういいだろ、そろそろ虎ちゃんも本気だしていっちゃうぞ」
「にゅああああああああ」

 虎の右手にしがみつき、両足をばたばたさせて抵抗する梨太。それでも簡単に、虎の右手に倒されていく。
梨太の手の甲が地面につく間際――ふと、白い手が添えられた。
妻である。

「リタ。足を動かすな。肩と肘を固定し、上体を起こし、なるべく多くの面を地面につけて足指で土を掴むように固定しろ」
「へっ? あ、ああ」

 言われたままにそうすると、腕力の負担もなく、ぐぐっと虎の手も元位置に戻る。虎がアッと悲鳴を上げた。

「だんちょーアドバイスずるっこい!」

 鮫島は聞かない。手を梨太の肘に添え、もう一方の手で左肩を抱いた。わずかに体勢を直される。

「この角度。肩と肘は体にくっつけてずっと固定。腕力じゃなく体で向かい合え。体重で戦うんだ。全体重を手のほうに集中させる。ヨソの角度へ逃がさないように」
「あ……あ、おお。なるほど」
「わ、わっ」

 虎の手が傾ぐ。顔色が変わり、彼の二の腕が盛り上がった。とたん、虎の本気の腕力が伝わってくる。鮫島は動じない。

「目的を理解しろ。力の最終到達点だ。今、梨太は虎を倒すことに一所懸命で、己の力を虎の手に向けている。そうじゃない。虎の手を、その向こう側、あちらの地面に倒すことが目的だろう? なら力の到着点は地面だ。そちらへ向けて、邪魔者ごと倒れこむ。虎の手は通過点に過ぎない。そう考えて体の角度を調節するんだ」
「! ――力の到着点……!」

 梨太の全身に力がみなぎる。理屈で理解をした、その瞬間、「しっくり」きたのを実感した。腕相撲という、競技を理解しないまま戦っていた、方向音痴になっていた、その違和感が解ける。とたん、虎は咆哮を上げ一気に猛攻を仕掛けた。一瞬で大爆発。抵抗する間もなく、梨太の手が倒される。手の甲に土を感じてから、梨太は悲鳴を上げた。

「あーっ、せっかく今、しっくりきたのに!」
「だからって負けやしねえよ。戦い方がわかったところでイーブン、だったら純粋な腕力で俺の勝ち」
「ちょっと焦ったくせに。負けず嫌い!」
「そっち両手なんだから負けたって負けにならねえっつの」
「負けてくれたっていいじゃん、そっちはプロなんだし」
「同情で負けてやるプロがいるか!」

 喧々諤々、大騒ぎを始めた彼らに、四つ年上の鮫島は何を思うのか。無言でたたずむ妻に、ふと恥ずかしくなって、梨太は虎との口論をやめた。
 虎という男は不思議なもので、話し相手の精神年齢を少年時代に引きずり戻す魔力がある。

「ところで、何を賭けてたんだ?」

鮫島が問う。梨太はテントをたたみながら答えた。

「いや、チョーさんとの友情談義。ほら、三日前――王都を出た日、言ってたでしょ、あそこの夫婦なれそめに虎ちゃん関わってるって。その顛末を聞いたら妙にはぐらかすから……なんかその流れで」
「……それ、さっき勝負中にしゃべってなかったか?」
「だってリタ手ごたえ無くて、口が退屈でよ」

 車に荷物を投げ入れながら、虎。つまるところ、その程度の賭け勝負であった。

牛に追い回された初日以来、三日間、旅は極めて順調だった。なにもない平原を走りっぱなしで、青年たちは退屈をしていたのだ。ちょっとした刺激、である。

「虎ちゃん、刺激的な勝負っていうなら、鮫島くんともやってみてよ」

 梨太の提案に、虎は大笑いした。

「無理無理! だんちょーと手合わせなら昔から何度もやってる。それこそ腕相撲みたいなゲームからガチの模擬試合までやってきたが、一度も勝てたことねえよ」
「そう? でも単純に腕力勝負なら――」
「それこそ団長のほうが強いんだって。そりゃ、雌体化してたら腕相撲で負けやしないと思うけど」

 と、言いながら、腕まくりをする虎。どうやら言葉に反して乗り気らしい。梨太に見せた負けん気は、鮫島相手だと諦めきっているようだ。負けて悔しがる、という刺激を欲している。
 梨太もそれを期待していた。自分をコテンパンにのした男を、妻がリベンジで叩きのめす。面白いエンターティメントショーだと思っていた。
 が、鮫島は静かに首を振った。

「……無駄な遊びで、肩を痛めでもしたらばかばかしい。出発しよう。今夜は川の水ではなく、あたたかなお湯を浴びたい」


 穏やかにたしなめられ、二人は従った。車に乗り込み、ふと窓の外を見る。
 王都を出て以来、ずっと視界にあった葦が途切れ、また別の植物が繁茂してきている。自然発生にしては綺麗に並んでいるなと思いきや、やけにみぶりのいい、豆のさやがぶらさがっている。どうやら豆畑らしい。

「ラトキア王都は人口一億を超え、胃の数は増え、田畑を作れる土地は狭くなってきた」

 運転しながら、鮫島。早朝の運転は彼の担当である。虎は後部シートで寝ていた。

「やっぱりあれは畑なんだ。王都の外に、農村を作ろうとしてるの?」
「一次産業全般だな。ここはエベ豆のみだが、また別の町では酪農に挑戦している。まだなにもかも手探りで発展途上だ」
「豆の国、かぁ。――ねえ、その管理責任者はどうなってるの? 公務員が赴任してる?」
「いや、貴族が出向させられている。正式には、地方管理官という職業名を与えられ、その地の国王のように君臨しているはずだ」
「会えないかな? 推薦状をもらいに」

 鮫島の横顔から表情が消えた。長い時間の沈黙。そしてちらりと梨太を見る。首を傾げると目をそらし、鮫島は小さく嘆息した。

「……そうだな。だが俺も会ったことがないひとだ。一度先に俺が会い、人がよさそうなら紹介しよう」
「やっぱり普通の貴族って、気難しいもんなの?」
「そうでもないが……俺の前と一般人の前とで態度が違うかもしれないし。……リタの気分が悪くなる可能性は高いと思う」

 なるほどと納得し、梨太は素直に引き下がった。無名の若者だ、侮辱されることはもとより覚悟の上ではある。しかし鮫島自身が、それを見たくないのだろう。
 鮫島はおせじにも人付き合いが上手いとはいえないが、騎士団長という肩書に恥じぬふるまい、礼節はわきまえている。任せて不安なことはない。

「王都の外の町か。ちょっと怖いけど、楽しみだな」

 窓から外を眺める。
 果てしなく続く、豆畑。やがて遠くに、赤レンガで作られた町の外壁が見えてくる。梨太は窓を開け身を乗り出した。
 その頬に、ぽつんと一滴――

「あっ、雨……」


 梨太がこの惑星にやってきて、十日ほど。初めてのラトキアの雨であった。


「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く