鮫島くんのおっぱい

とびらの

教会の試練③

 そこからの質問は簡単だった。やはり、女関係の質問は第一ステージで終了だったらしい。
 続く第二ステージは、騎士としての在り方について。騎士は国のために死んでもいいか、職務に責任を持つべきかなど、心構えを問われる。正直、梨太にはさっぱり正解が分からない。自分の思うままに答えていき、一度も警告を食らわらなかった。これは現役の騎士のほうが悩み、葛藤しているのかもしれない。
 すんなりと十問を終えると、休みなく第三ステージが始まった。なんだかいろいろと諦めて、梨太は淡々と答えていく。

『第二十一問。あなたは現在の政治に不満がありますか』

 第三ステージは、政治にかかわる質問らしい。梨太は頷いた。

「はい。ラトキア政府にはいろいろと問題点があると思います」

 質問は続いていく。

『――第二十八問。星帝はすべての国民の意思を尊び、聞き入れ、法案に採用するべきと思いますか』

「いいえ。やっぱり聞き入れちゃいけない意見ってあるし、対立している場合もある。最適な意見を選び取るのが政治家の仕事であって、国民みんなに愛されることじゃない」

『第二十九問。参政権はすべての国民に与えるべきだと思いますか』

「これはイエス。恵まれた環境にある人間だけで相談して、現状をよりよくする法案なんて生まれないよ」

 ピンポーン。

『第三十問。これが最後の問題です』

 おっ、と声を漏らす。しばらく順調に進んできたが、ここまでの警告はすでに二つ。背筋を伸ばし、気を引き締めて臨む。

(……こうして緊張して構えたら、気が抜けるような簡単な質問が来るというフラグ――)

『最終問題。あなたがもし星帝になったら、この国をどのようにしていきたいか述べなさい』

 そうは問屋が卸さなかった。


 梨太がこの部屋に入って、一時間近くが経つだろうか。電気椅子のシートは硬く、そろそろ尻が痛くなってきた。快適な気温だというのに、わずかに汗をかいている。やはり緊張していたらしい。
 薄暗く、圧迫感のある視界。己の回答は別室に流され、嘘があれば、電流により痛みを与えられる。そしてゲームオーバー。

 ――梨太は思う。
 この試験の、本当の試験はこの心理攻撃にあるのではないかと。
 ならば、勝機は梨太にある。
 試験の緊張に打ち勝ち、正しく思考し回答するのは、二十四年の半生でずっとやってきたことだった。
 梨太は実際、その空気に呑まれていない。

 しかし――

 自分が、この国にどんな政治をもたらしたいか。
 それを言語化するのには、長い沈黙と思案が必要であった。

「……僕は」

 梨太は語った。

「この国の政治経済は、よくできていると思ってます。いろいろと違和感はあるけど、それは僕が生まれ育った国のものと違うだけで、正しいとか間違ってるとかではないだろうし」

 ここまでしゃべって、ブザーはならない。梨太は続けた。

「……前星帝ハルフィンと、鯨さんの政治は間違っていないんだと思う。そうでなければ僕も立候補なんかしてないし。……だから、僕が星帝になってから、この国を極端に変えようという気はない。ないんだけど――」

 梨太はもう一度、言葉を選んだ。
 自分の思いを言語化する――自分の中で違和感を覚えれば、電気椅子は感知し、嘘をついたと判定される。
 綺麗に飾ろうとしてはいけない。
 梨太は言った。

「鮫島くんが僕と結婚しても、何も損をしない世界にしたいです」

 電流は流れなかった。しかし正解のベル音もない。まだ言い足りないことがあるのを察してくれている。梨太は少し、この電気椅子が好きになった。
 前のめりになって弁舌をふるう。


「……最初は……十九歳の僕は、鮫島くんの人生をまるごと奪い取ってやることが、彼の幸せになると思ってた。彼の生き方は、とてもつらそうに見えたから。
 ……だけど、それが彼にとってどれだけ不安か。そして損害が大きいか。思い知ってから――ずっと、考えてきていた。
 雌体化して、力仕事が出来なくなり第一線から退くのは仕方ないよ。出産は僕が代わることはできないし。
 でもラトキアは極端すぎる。育児の手も離れチカラが関係ない職業に、女性が就けない理由はただの差別だ。男と比べ女は劣ってるから仕方ない? 雌雄を決する――強い方が雄に、弱い方が女になる、そんな概念がまかり通ってちゃ『優れた女性』が生まれるわけがない。優秀なひとほど、これまで積み上げた実績を失くし弱者呼ばわりされるのは御免だ。男に恋をしても全力で逃げるだろう。
 ――これ、なんかおかしくない? 雌雄同体のラトキア民族の生態に反してない?
 だってもともとは、よりよいパートナー、よりよい環境で生きていくために性別を変えるって、そういう進化でしょ? ケースバイケースで、どっちになっても幸福になれるようあるべきじゃないか。
 男尊女卑は、倫理的に良し悪しよりも、このラトキア民族に合ってないんだよ。種の生態に反してる。その証拠に、この三十年で雌雄同体で生まれるひとは減り続けてる。それ以前は正式なデータはなかったけども、二百年前には民族全員が雌雄同体だった。なのに現在、性別を選択できないラトキア人がもう半分以上になってる。退化と進化は表裏一体だ。今、このラトキアの社会概念は――ラトキア人の生態を急速にゆがめているんだ。
 ……僕は男だし、どちらかというと、男女役割分担というシステムに賛成だ。経済はこちらのほうがうまく行く。
 でも、生物学者として、鮫島くんの夫として、どうしてもこの社会は許せない。
 優秀な女性は産後に復職できるシステムを。男顔負けの力自慢なら、力仕事に就ける枠を。結婚しないという選択肢を。女性雇用枠を確保とまではいわない、けどチャンスくらいは必要だろ。
 鮫島くんのことを幸せにしたい。でもそれは、僕の力で彼を抑え込み、小さく潰して、手の中で庇護することじゃない。
 できるだけ、彼が彼のまま――今までがんばって生きてきたのを、無かったことにしないまま――僕と一緒に、並んで歩いていきたいんだ」


 確信を込めて、強い口調で言い切った。
 と――

 ピンポーン。

 三十回目のベル音。そして、拘束が緩む。全ステージクリアの派手なメロディに、梨太は笑った。

「あれっ、星帝になったらうんぬんの答えになってないような」

『――いいえ、十分ですよリタさま』

 教主の声は、すぐそばから聞こえた。いつの間にこの部屋に、しかしどこに――と見回しても、狭い部屋に姿は見えない。まさかと思い振り向くと、ナレーションと同じスピーカーから彼女の声がする。
 やっぱり中にヒトがいたんかい、とげんなりする梨太。

『お疲れ様でした。わたしくしたちは洞窟を出たところにおります。そのまま出ていらしてください』

 言われた通り向かうと、出口のすぐそばに鮫島。少し離れ、広場のほうに教主とハヤブサがいた。
 お疲れ、とねぎらうだけで、何も言わない鮫島。なんとなくその手を取って、つないだまま教主のもとへ歩いていく。
 教主は機嫌よさそうにほほ笑んでいた。隣のハヤブサはなにやら仏頂面。
 明るい声で、教主。

「音声は聞かせていただきましたよ。とても面白かったです」
「面白いってあのですね……ええと。聞いていたのは、教主様だけです、よね?」

 尋ねると、ハヤブサが静かに手を上げた。横を見ると、鮫島もそっくり同じ仕草である。梨太は汗を垂らした。

「あの、鮫島くん。ホントに僕、浮気はしてないから。デートも夕方四時で切り上げたからね」

 鮫島は無表情で、静かにうなずいた。

「……大丈夫。わかってる」
「そ、それにほら、五年も開いてるわけだし。電話すらできないし。ちょっと不安になるというか人恋しくなるというか、女の子とおしゃべりしたいなっていう――あくまでその程度で。それだけだから……」

 つらつらと無駄な言い訳が止まらない梨太に、鮫島は果てしなく寛容だった。頬笑みを浮かべ、穏やかな声で、

「わかる。俺もそういうのあったし」

「……。……え?」

「お互い様。別に付き合ってもなかったしな。今日、お前が隣にいてくれるならそれでいい」

「え。いや、ちょっと待って、その話詳しく。いつの話? この五年間だよね。誰? てか相手の性別どっち?」

 鮫島はしれっとよそを向いて、梨太の相手をしなかった。追及できる立場ではないしこだわるつもりもないのだが、気になって気になって仕方ない。
 電気椅子にかけられたときよりよほど汗をかいて、梨太は鮫島の周りをぐるぐる回った。その様子に、教主が腹を抱えて笑った。

「リタさまは可愛いお方ですね。わたくし、あなたのことを好きになりましたよ」
「は、はあ。どうも……」
「――約束通り、この三女神の教会、教主の推薦状を差し上げます。……ハヤブサ。本殿事務所、わたくしのデスクに白い封筒で用意があります。取ってきてもらえますか?」

 呼びかけられても、ハヤブサは返事をしなかった。心ここにあらず、ぼんやりしていたのを再び呼ばれて、ハイッと勢いよく返事する。

 走り去っていく背中に、教主はクスリと笑った。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く