鮫島くんのおっぱい

とびらの

彼のために

 鮫島は、日本人の梨太のためだけにこの露天風呂を作った。ラトキアの文化には湯船という概念はない。
 日本滞在時にはラトキア宇宙船を本拠地とし、温泉旅館に泊まったこともなく、他人が入浴しているところを見たこともないのだろう。結果として――彼は、風呂というものをよくわかっていなかった。

(……まあ、もしわかってたら、もっと小さなバスタブでお湯を張っただろうね)

 と、梨太は諦め半分で嘆息。巨大露天風呂――というよりきっぱりと温水プール以外の何でもないところで、高速で泳ぎ回る鮫島をぼんやりと眺めていた。

 瞬きしたときにはもう向こう岸にいる。ぬるま湯に浸かっている梨太を振り向いて、

「リタ、どうしてじっとしている。こっちのほうは深いぞ。もしかして泳げないのか?」

 遠く、水面から顔をだして誘ってくる。梨太は苦笑した。

「日本の風呂じゃ、いくら広くても泳ぐのはマナー違反。それに僕、水遊びってピンとこないんだ。北国の生まれ育ちなもんで、泳げないことはないけど、プールより温泉に浸かってる方――うわぁっ!」

 セリフは途中で悲鳴に変わった。いつの間に近づいたのか、潜水していた鮫島に足を掴まれたのだ。一気に引き込まれ、そのまま水流に飲まれる。人間一人を掴んで、鮫島は魚雷のように推進した。
 目を回したところを、両脇を持ち上げられる。浮上した梨太はまずまっさきに酸素を吸い、それを吐きだしがてら怒鳴りつける。

「――殺す気かっ!」
「泳げるって言ったじゃないか」
「いきなり水中引き回されりゃ溺死するよ! 鮫島くん無言で人の身体持ち運びするのやめて心臓に悪い」
「リタは持ちやすい」
「……とりあえず、全裸の男に抱き上げられてる絵面がアレなんで離して」

 と、言ったとたんに体が垂直に沈む。慌ててもがいたところを再び鮫島が持ち上げた。咳き込みながら絶叫する。

「足がつかないほど、深い風呂があるか!」
「立ち泳ぎできないのか?」
「道産子に無理いわないでよ、学校にプールもなかったってのに……」

 梨太のクレームに鮫島は首を傾げつつ、それでも一応、浅いところまで引っ張ってくれた。結局元と同じところに戻ってきて、ぜえはあと呼吸を整える。
 鮫島は笑い声を上げながら、一人、また遠くまで泳いで行った。
 それにしも、鮫島がこれほど水遊び好きとは知らなかった。行ったり来たり潜ったり、ちっともじっとしていない、まるで回遊魚のようだった。

 夜のプールを、白い身体が浮いたり沈んだり。なんとなく眺めながら、梨太は嘆息した。

「……なんか、この人のハダカを見るために日本でえらい苦労したような気がするんだけどな……」

 複雑な青年の心境など気づくわけもなく、鮫島は酸素と二酸化炭素を交換し、すぐにまた全身を沈めた。近くに浮上したタイミングで声をかける。

「鮫島くん、泳ぎもスゴイんだね。ほんとスポーツ万能だなあ」

 率直な言葉に、彼は目を細めた。全世界から褒められ慣れているだろうに、梨太が褒めると、いつもこうして嬉しそうな顔をする。

「兵隊学校にこれより大きなプールがあった。水泳はいい全身運動になるから」
「……また『軍人だからな』、か。鮫島くんが趣味でやってたスポーツってあるの」
「無い。そもそもラトキアには、地球のような運動競技というものがない。健康のためのトレーニングと実戦格闘技くらいのものだ」
「えーじゃあ部活も無いの?」
「無い。教養としてダンスはあったな。踊って見せようか?」

 梨太は笑った。

「裸で踊るなら、雌体化してからのほうがいいな」

 とは言ったが、今のままでもそれなりに見ものだろうという予感はあった。もちろん、男の裸体にあおられることはない。それでも均整のとれた肢体は芸術的なまでに美しく、目を奪われる。
 鮫島はもとより、そういった種の美貌の持ち主だった。
 闇夜の月、磨がれた刃、深海をたゆとう鮫――漆黒の髪をまとった、くもりのない白い肌。

「……傷一つない……」

 梨太は思わずつぶやき、慌てて口をふさぐ。しっかり聞きとられてしまったらしい、鮫島は自嘲気味にほほ笑んだ。

「傷痕を消しただけだ。俺だってずっと無傷で連勝してきたわけじゃない。ラトキア政府全力の高度医療技術のたまもの。これまで何度も、細胞移植や再生化、部分的には人工物も入っているからな」

「それって、一般騎士もみんな受けられるものなの? なんか虎ちゃんとか傷だらけだった気がするけど」

 鮫島は首を振り、目を細める。

「騎士団長は優遇されているのだろう。早くケガを治して、また戦場に出ろとな」

 どうやらジョークのつもりらしい、まったく笑えない梨太である。そこで、鮫島はふと視線を落とした。広い肩から伸びる、しなやかな腕の――左手首を――梨太は反射的に目を逸らした。
 そして視線を戻した時には、鮫島はもういなかった。また深い方へ泳ぎに行ったらしい。
 左手を見ていた、と思ったのは梨太の錯覚だったかもしれない。しかしそんなに簡単に、人の記憶が塗り替えられるものなのか。鮫島は――本当に、忘れてしまったのだろうか?

 傷を抱えて、『痛い』と泣いていたことを。


 遠くで水しぶきが跳ねる。
 梨太は呟いた。水中の彼へ向けて、決して聞こえることのない小さな声で。

「……泣かさないよ。もう二度と、絶対に……」

 直後、梨太の目の前に水柱が立ち、大男が飛び出してきた。白い身体に長い黒髪を張り付け、水しぶきとともにのしかかってくる。仰向けにひっくり返った梨太の上に、彼は全身を乗せた。

「う! わっ、ぅ――」

 と、悲鳴をあげかけた唇が咥えられる。海獣に咬み付かれたかと思った。そんな一瞬の口づけで、鮫島はすぐに身を離した。髪を掻き上げ、派手に湯を散らかしながら上がっていく。

「のぼせた。もう出よう」

「そ、そりゃ、四十度の温水であれだけ泳ぎ回ればそうだろうよっ!」

 さっさとプールサイドを歩くのを、梨太はふらつきながら追いかけた。気が付けば梨太もそこそこの長風呂で、茹で上がり、紅潮していた。用意されていたタオルと寝間着を使ってリビングへ。長椅子カウチに座っている鮫島に、梨太は苦言を呈した。

「あのぅ、鮫島くん。男同士でもちゅーくらいまでならナントカって言ったけど……全裸のときはさすがに勘弁してください……」
「大丈夫。もうしない」
「なんか全然安心できない」

 と、嘆息しながらも一応、彼の隣へ腰掛ける。とたんに肩を掴まれ、梨太はとうとう怒鳴りつけた。

「今言ったとこじゃないかっ!」

 鮫島は無言で首を振り、そのまま握力を稼働させる。お世辞にもたくましいとは言えない梨太の肩を、むぎゅむぎゅ、鮫島は握りこんだ。

「……な、なに?」

 と、言った体を回れ右、背中を向けさせられ、今度は両肩をむぎゅむぎゅ。手つきにいやらしさなどはない。

「えーと、何? マッサージ?」
「前から思っていたけど、リタは姿勢が悪い」

 ぐっ、と、強い力で背中を押される。反射的に伸び上がった背筋に沿って、鮫島は手のひらでアイロンをかけるように伸ばしていった。強張っていた部分がほぐれていくのが実感できる。

「お。お、おお」

 二十四歳の梨太は、整体や按摩という店へ行ったことはない。凝りの自覚は全くなかったが、こうしてほぐされると驚くほど心地よく爽快である。猫背気味というのも矯正されて初めて気が付いた。背筋が伸びることで視界まで広がる。
 鮫島は梨太の腕を取ると、アクロバティックな姿勢で体重を乗せた。ゴキボキと壮絶な音。それでも全く痛みはなく、むしろ気持ちいい。肩胛骨に沿って手刀をあて、伸ばされていく。
 とうとう絨毯にうつ伏せになって、腰まで揉まれてしまった。口元になにか生ぬるいものが当たったと思ったら、己の涎である。もうこうなったら全身の力を抜いて、されるがままになるしかない。

「きしだんちょーさんは、こういうスキルもくんれんしているのでしょうか……」

 ろれつが回らなくなってきた。首の付け根を指圧しながら、鮫島がうなずく。

「少年兵隊訓練校で、解剖生理学の基礎を学ぶ。そのなかに整復という概念があった。疲労回復、治療はもちろん、関節技にも必要な技能だ」

「そぉなんだ……さすが……」

 瞼がふんわり重たくなってくる。

「あー……やばい。風呂上りに、これはまずい……」

「実際の行軍では、慰労という面が大きいだろう。騎士同士みなよくやってる。俺は誰からも頼まれたことはないけど」

「そらそうだろね……」

「きもちいい?」

 梨太は一瞬、激しく悩んだ。なんとか他の言い方がないものかと己の語彙を総動員したものの、

「……きもちいいです……」

 結局、その言葉を使うしかなかった。
 梨太の背中の上で、鮫島がクスッと笑う声。

「よかった。基礎以降はほとんど自己流なんだ。帰省するたび姉たちにやらされるから」
「はは……いいな、それ……」

 瞼が重い。梨太はとろけた声でつぶやいた。

「鮫島くんの家族は幸せだねぇ……」

 鮫島は押し黙った。

 梨太のふくらはぎをさすり、膝を曲げて体重を乗せる。両足首を回しながら――鮫島は、小さな声で囁いた。

「……リタ……」

 そして、梨太の小さな手を握った。


 梨太の手は、想像に反して傷だらけであった。いくつものペンだこに、キーボードの叩きすぎだろうか、指先が堅い。

「……リタは……この星で暮らすため、星帝になるために……勉強をしすぎだとおもう」

 指を一つずつ扱きながら、鮫島は言った。

「いいんだぞ。もう、怠けてしまっても」

 手の平をほぐしながら、囁く。

「俺はリタが、この星に来てくれただけで……もう一度こうして会えただけで……嬉しい。もうなにもいらない」

 よく見れば、浅傷やヤケドのあとらしきものもある。梨太の仕事はよくわからないが、フィールドワークや肉体労働も多い職業なのかもしれない。
 鮫島は梨太の手を包み、温めた。それで彼の傷が癒えるわけではないが、願いを込めて握る。

「……もし、リタが望むなら……俺はこのまま男として生きる。一緒に暮らせるなら、騎士団長でも星帝でも……お前が家で待っててくれるなら、それでいい。その方がきっと贅沢をさせてやれる。リタ。リタ……」

 紡いだ言葉への、梨太の返事はなかった。鮫島は途方に暮れた。脱力した背中を軽くゆさぶって、

「リタ、次はなにをしてほしい?」

 尋ねても、青年はいつの間にだか涎を垂らして熟睡しており、鮫島の問いに、応えることは出来なかった。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く