鮫島くんのおっぱい

とびらの

彼らの最終結論

「鮫島くん。……お仕事、頑張ってね……」

 凍り付いていた喉がようやく動かせるようになり、梨太の口から出てきた言葉は、ひどく空々しいものである。
 鮫島は頷く。

「うん。これから、少しは楽になると思う」

 彼の口調には確かな期待がこもっていた。顔を上げる梨太に、微笑みを浮かべて見せる。

「いま、俺の仕事の分担計画が進められている。戦闘と雑務の両方で身動きが取れなさすぎるからと。
 今回、俺がひと月もの休暇を与えられたのはその実験でもあった。暫定的に副団長という立場を設けて、命令や事務仕事をそちらに。騎士たちにも、俺の力なくして現場を切り抜けられるようにと」

「……それじゃあ、だいぶ、休みが増える?」

「拘束時間は、どうだろう。騎士団長の業務は減っても、代わりに外交官という役目が増える。忙しさに変わりはないかもな」

「外交? それ、もしかして地球と?」

 鮫島は頷いた。

「これまでラトキアは、ほとんどの星間通信をオーリオウル政府経由で行ってきた。だが少しずつ、地球とのダイレクトな交易を進めてきている。民間人にはまだ知らされていないが、ごく近いうちに、惑星ラトキアは地球の天文学者によって『新発見』されることになるだろう」

「ラトキアと公に交流が始まる? 本当っ!?」

「やがてラトキアへの直通シャトルが地球へと提供される。そういった役目は、騎士団長である俺に与えられることだろう。もちろんそれまでに解任されていなければだが」

「……また、会える?」

 問う梨太に、鮫島は頷いた。だがその表情は晴れやかではない。

「俺が、男の姿に戻れば、な。雌体のままではいつまでも戦場に出られない。俺は、将軍になると思う」

 梨太が目を剥く。それはいくつもの意味で驚愕の内容だった。だが鮫島の表情に暗さはない。少し、照れくさそうに微笑んで。

「鯨が将軍なのはあくまで暫定だという話はしたか? 女性は元来、軍の上部にはいられない。だがラトキアだっていつまでも封建社会にあるわけじゃない。もともと女性の社会進出計画は、遅々とはしつつも着実に進められていた。既婚となるとまだ難しいが、未婚の雌体なら――鯨からは俺が、そのモデルタイプになることを期待されているんだ」

「それはそれですごいことじゃん」

 目を丸くした梨太に、鮫島は無言でうなずいた。安寧な職業と生活を得る、それは鮫島にとっていいことづくめの話だろうに、なぜかその表情は晴れない。

「……俺には……自信が無い」

 彼はつぶやいた。

「人に命令をするのは、苦手だ。……犬居や、騎士たちのサポートもなく、円滑なコミュニケーションが取れるんだろうか。俺から戦闘力を取ったら何が残るのか――俺が女になったら、他の女性と比べて優れていることなんてあるのか。……一生懸命、考えてみた。けども何も無かった。俺が女になったら、やっぱり、一人じゃ生きていけないよ……」

  淡々とした口調に淡白な言葉。それでもその真意を見逃すほど、梨太は鈍感ではない。己の耳元に添えられたままの、鮫島の手を強く握り、問い詰めた。

「鮫島くん、ラトキアの大使として地球に来るって、それ、何年後?」
「……五年をめどに話は進めている」
「あっ、そんなすぐ? なぁんだ、三十年後とか言うと思った」

 こともなげに、梨太。鮫島が目を丸くした。

 それに構わず、梨太はぶつぶつと一人で試算する。

「五年後……大学は三年次修了で修士一年に飛び級の予定だから、それであと二年でしょ。院にいって三年……『ドロップス』も来年には完成するし、臨床出して三年目で博士号……いけるか? いけるな。うん」

「リタ?」

「院卒は就職に苦労しがちだけども、二十五歳ならクチも広いだろうし。なんなら芝港水族館のお誘い、あれ受けちゃおうかな。院生のままインターンみたいにアルバイトさせてもらえば一石何鳥? ……ふむ、うん。よし」

 うんうん、ひとりでうなずいて、梨太は顔を上げた。きょとんとしたままの鮫島に、朗らかな顔で、

「オッケー養うっ!」
「なんでだ!」

 鮫島は絶叫した。

「誰が、そのまま同棲すると言った! 俺は男だぞ」

「なあにそれ、まだそういう話ぶり返すの? もうどう見ても身も心も女性でしょ」

「さっきの話聞いていたか? 雄体でなければ騎士団長でいられない、騎士団長でなければ外交官にもなれない。外交の話とは別にしても、地球に来られるのは騎士だけだ。将軍ともなれば王都から出ることもままならん。いずれにせよ、今度地球に来たときは間違いなく男の状態だぞ」

「あ。そうか」

「体が雄体なら、アタマの中も男になる。お前に対しての気持ちもだ。……同性の目になるんだからな」

「えええっそこまでリセットされるの? ああもうめんどくさい。ラトキア人めんどくさーい」

 梨太は唇を尖らせて、駄々っ子みたいに足をばたつかせる。幼稚な言動に、鮫島は腰に手を当て嘆息した。

「リセットというなら、俺の方こそそうだ。……離れている間に、リタはこの星でいろんなひとと出会っていく。結婚、していたっておかしくない年齢になるんだ」

「しないよ。待ってる」

「待たなくていい」

 彼は冷たく言い放つ。

「そうして五年後、再会したところで、俺は男に戻っているのだから」

 深海色の瞳が、わずかに濡れた気がした。

 鮫島の手荷物が内部から振動する音。飛び出してきたくじらくんポータブルバッジタイプを受け止めて、彼は応答した。
「……うん、わかった。もうすぐ行く」
 簡潔に言って、すぐに通話を切った。

 切なく見つめる梨太に、ほほ笑む鮫島。

「じゃあな。またいつか」

 ベッドのすぐそばに腰かけて、梨太に触れた手はいつしかぬくもりを取り戻している。彼はその大きな手で、梨太の髪をくしゃくしゃに撫でまわした。乱暴に、全力で少年を愛でる。
 ふふっ、と、笑い声。

「可愛い」

 三年前から、彼はそうして梨太に触れるのが好きだった。
 梨太は唇を尖らせる。そんな仕草が、自分をなお幼く見せるのだと、彼は無自覚であった。

「いいかげん、愛玩動物扱いしないでよ。僕、もうすぐ二十歳だよ」
「……わかっている」

 頬を両側から包み込み、鮫島は目を細めた。

「この三年で、こんなに大きくなった。……五年後にはきっと、もっと――」

 頬肉に、鮫島が唇を寄せる。

「……そのときはもう、俺よりもずっと、お前を好きなひとがたくさんいるのだろうな」

 嫌な言い回しだと思った。再開を誓う、別れの言葉にはふさわしくない。
 文句をつけようとした――その唇がぱくりと咥えられる。
 不意打ちの二度目のキスは、純粋な衝動から行われたらしい。自分からしておいて、驚いたような顔をする。

 梨太は鮫島の手首を引いて、今度は自分からキスをする。なんの意義もなく、ただそうしたいからしただけのキスだった。

「待ってるよ、鮫島くん」
「……うん」
「……ちゃんとまた、好きになるから。また会おう。絶対に」
「うん」

 セリフの間に、さらにもう一度吸い付く。鮫島は抵抗するそぶりは見せなかった。

「今度は、男友達として」

 重ねる。

「そこから、また始めよう。……さよなら鮫島くん」

「……さようなら、リタ」

 重ねる。

「さようなら。……元気で……」

 重ねる。

 鮫島の手が、梨太の髪をかき混ぜる。ベッドサイドから屈めた体勢が、どんどん前のめりになっていくのを感じ取り、梨太は迎えた。

 被さる体を抱きしめる。自分の体重で引き寄せて、懐へ閉じ込めた。
 引きずり込んだベッドの中で、二人の声が、言葉を紡ぐ。

 さようなら。元気で。いつかきっとまた会おう。
 唇を離すたび、そう告げてはまた塞ぐ。重ねた口腔でわずかな酸素を分け合って、湿度と温度を移し合う。

 梨太は、自分頭のなかにある、理性や作戦がなにもかも霧散するのを感じていた。視界も脳も、彼の白い皮膚で埋め尽くされていく。
 そうすれば、自分自身を追い込むことは分かっていた。

 それでも夢中で肌を重ねた。


 間違いを犯していることは分かっていた。
 この臨みを叶えれば、未来の望みが無くなっていく。

 積み重ねるたびに崩れていく。
 彼の最奥に近づくたびに遠くなる。
 これまでの努力、進展が無に帰る。
 自分の計画も彼の想いも踏みにじる。

 理解していた。だが同時に、これが正解だと確信していた。
 なるべくしてなった、あるべき形になったのだとしか思えなかった。

 それが正解であることを彼の体が証明している。
 想いのままに、真理のままに姿形をかえるラトキアの民。ひどくシンプルな解答がそこにある。

 己の欠損を、鮫島は梨太によって補完した。壊れてしまうのではないかと思うほど強く抱きしめる少年を、鮫島は抵抗などしなかった。


 同じだけの強さで抱き留めて、彼女は小さな声で一度だけ鳴いた。


 

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く