鮫島くんのおっぱい

とびらの

梨太君の危機・三回目③

 SDカードをタブレットに入れ、中の画像と動画を確認する。
 すべて見終えて、梨太は天を仰いだ。

 どうにか、建物の外まで落ち延びたものの、そこから体が動かない。
 梨太はそうして二十分ほどじっとしていた。

 午後五時――夏の夕日が梨太の頭頂部を灼いていく。
 産毛が燃えるほどに日を浴びても、なかなか汗はでてこなかった。
 閉館した会場からは途切れることなく人がこぼれ、何人か、少年の姿を見つけ小首を傾げて過ぎていく。

 冷えた体を温めて。
 梨太は、ゆっくりと体を伸ばした。

 立ち上がり、胸の中にためた息をすべて吐き出す。酸素をいっぱいに吸い込んで、面をあげる。
 手には例のカードがあった。やはらと派手な岩浪の名刺だ。彼の顔写真とフルネーム、経営理念や概要とともに、いくつかの住所や電話番号が掲載されている。
 裏面には、彼が今夜の宿にする部屋番号。

 梨太は携帯電話を取り出した。



 岩浪の部屋は、梨太の部屋よりもはるかに広く、豪奢なつくりをしていた。平米は五倍ほどもあるだろう。その一面に敷かれたカーペット、壁紙までも質が違う。同じホテルとは思えない格差である。
 ここの宿泊費はいくらするんだろう、と、そんなことを考えながら――梨太は、後ろ手に扉を閉めた。

 顔を上げると、さっきまでいたはずの、岩浪がいない。スイートルーム、奥の部屋から、男は山のように荷物を抱えて戻ってきた。
 アイスペールにシャンパンとバラの花、ペアグラス。それらをこぼさないよう苦心する岩浪。
 その表情が、客観的に、可笑しいほど、舞い上がっている。

「連絡、ありがとう。よ、よく来たね、ほんとうによく来てくれた――待ってたよ」

 一応なんとか、伊達男の余裕を保っている岩浪。しかし梨太と視線が合うだけで紅潮するあたり、彼の言葉がそのまま真実で、まさに、待ち焦がれていたのだろうと知れた。

 梨太はその場所で視線を巡らせる。

 ベッドルームは奥にあるらしい。さすがに、いきなりそこへ腕を引いていくほど野卑ではないようだ。岩浪はテーブルにペールを置くと、グラスを向い合せに配置する。
 オードブルまで用意されている。フォアグラのパテにトリュフの載ったカナッペ、キャビアを散らした魚介のマリネ。梨太は思わず、笑い声を漏らしてしまった。

 まあ、こういうものが好きな女がいないとは言うまい。それにしても昭和のバブル趣味丸出しである。岩浪は梨太と一回りほどしか変わらないように見えるが、案外、もっと年上なのかもしれない。
 そこへ着席をするまでの間に、岩浪はなにか、天気がどうとか流行りの歌手がなにだとか、意味のない独り言を言っていた。それらをすべて聞き流し、シャンパンが注がれるのを黙って待つ。
 グラスに、金色の液体が満ちる。

 梨太は言った。

「僕、まだ未成年です。お酒は飲めません」

 案の定、男はキョトンという顔をした。自分も席に着きながらハハハと笑い声を上げ、

「誕生日まで数か月のことだろ?」

「でも……法律で決まってます」

「何をそんな――ああ、そうか。ボクが教師だから警戒しているんだね? 安心しなさい、今夜のボクは『イニシアチブ・スクール』の理事長ではなく、ただの岩浪継嗣――ひとりの男としてここにいる。さあ、なにも気にしないで。まさか飲んだことがないってわけじゃないだろ?」

「ありません。ましてこんな高そうなお酒、見るのも初めてで」

「まさか。本当?」

 梨太は神妙にうなずいた。

「飲みたくないです……怖い」

 岩浪が破顔する。いよいよ嬉しそうに、自分のグラスを差し出し、

「大丈夫だよ、たいした度数でもないし。中等部の子だって、ジュースみたいだって喜んで飲んでいた。さあ、一口でも飲んでごらんよ。酔っ払ったって、ボクが介抱してあげる。ベッドだってあるんだから」

 テーブルに置いたままの梨太のグラスに、軽く当てて鳴らした。岩浪の右手にシャンパングラス、空いている左の手を、梨太の手の甲にそっと重ねて。

「あ、あの……」

 あちらの親指が、くすぐるようにうごめいている。梨太は抵抗をすることはなく、ただ掠れた声を吐き出した。

「や、約束、してください。今夜僕があなたのいうことを聞いて、そしたらもう、僕に関わらないって」

 岩浪の眉がピクリと上がる。顔面の左右で表情が違っていた。半分は不機嫌に、半分は上機嫌に。梨太はさらに続けた。震える声で、だがはっきりと。

「データを全部、消去してください。あれが公開されたら僕は生きていけない。困るんです。お願い……します。なんでもするから……」

 岩浪の表情はやはり、複雑なものであった。だがやがてゆっくりと弛緩し、にやにやと下卑た微笑がこぼれる。

「そうか。いや、今日は本当に、食事と話だけでもと思っていたんだけどね。君がそれだけ覚悟してるというなら、仕方ない」

 嘘つけなにが仕方ないだバーカ、と胸中で毒づく。そんな毒はおくびにも出さず、梨太はしとやかに囁いた。

「男の人を相手に、どうすればいいのかわからなくて、怖い」

「お? おお、そうかそうか。大丈夫任せなさい、おじさんがちゃんとやるから」

 とうとう一人称がオジサンになった岩浪継嗣。残っていた酒を一気にあおると、空いた手で梨太の顎をつかまえにくる。唇の高さが合う。梨太は大きな声を出した。

「あのっ! 先に、データを、あの動画を削除してください!」

「んん? それはあとで、明日の朝にでも」

「ダメです。いますぐ、先に。僕の目の前でちゃんと消してください。それからじゃないと、僕はベッドルームには行きません」

 岩浪は少しだけ思案し、すぐにニッコリと笑った。

「……いいだろう。では、見てなさい」

 彼は梨太を導き、扉のそばのクロゼットからノートパソコンを取り出した。毛足の長いカーペットに胡坐をかいて座り込む。ノートパソコンは待機状態にしていたようで、膝の上で開くとすぐに画面がついた。
 デスクトップにそのまま張り付けられたアイコン。岩浪はキーボードを使用して、そのアイコンをクリックする。
 岩浪の隣に、膝を付いて覗き込む梨太の目の前で、その動画が再生された。
 岩浪がほほ笑む。

「……君に渡したSDカードと同じもの。間違いないか、確認するといい」

 梨太は眉をしかめた。



 都会の路地であった。
 歓楽街だろう。品のないネオンがぼんやりと霧の中に点在している。
 携帯電話で撮られたものだろう、画素数も低く、手ぶれがひどい。それでもなにが映っているのかくらいは解る。

 ひとけのない町を、一人の少女が歩いていた。後ろ姿だが、女性だと視認される。

 背丈は、女性の平均並み。しかしショートブーツにはヒールがついており、実際は幾分小柄と思われる。スカートではないが、いかにも女性的な色合いの服装をしていた。レモンイエローのトップスに明るい色のデニムパンツ。剥き出しの足は華奢そのもので、腿から脹ら脛まですべてが同じ細さである。背中に揺れる長い黒髪。頭部を覆う鉤編みのニット帽は、夏らしいさわやかな服装と季節感が合っていないように思えたが、景色に移り込んだ茜色の木の葉から考えるに、服装の方が季節はずれの軽装なのだろう。

 ヒールのついた靴、露出された華奢な足、鮮やかな色の服、長い髪。
 この記号がそろえば、その背中は女性以外の何者でもなかった。

「……しーっ。いたぞ」

 子供の声がした。もう少し年長だろう、男の声が続く。

「間違いないのか?」

「間違いないよ。おれ、ゼミが一緒だったもん。目撃情報もこのへんでいっぱい出てるし、絶対、アイツだって」

「よし……じゃあ、どうする?声かけてみるか」

「おーい、そこのおじょうさん、こっち向いて!」

 女の肩がビクリとふるえ、反射的に振り返った。長い髪が宙に弧を描く。直後ズームが掛けられ、女の顔が画面に映し出された。

 かわいらしい顔立ちをしていた。年の頃は十代半ば。成人はしていないだろうが、どことなく造りが少女よりも力強い。
 丸みを帯びた頬に、少し上向きの小さな鼻、ぷくんと愛らしげな唇。大きな目はリスのような愛嬌があり、その瞳の部分は、美しく特徴的な琥珀の色――
 その瞳が画面を強く睨んだ。


 岩浪は一度、動画を停止した。

「五年前の君、だね」

 梨太はこともなげにうなずいた。

「はい。僕です」

 岩浪が楽しげな声を上げる。

「性別を変える変装は、いい手だったと思うよ。年齢と性別という、一番大きな記号をつぶしてしまえば、親しい知人でもなければ手配の顔写真と符合させられまい。よく似合ってるしね。……可愛い」

 梨太は返事をしなかった。

 岩波は再び、動画の再生ボタンを押した。のこり二分弱を、無言のまま梨太は見つめていた。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く