鮫島くんのおっぱい

とびらの

梨太君の危機・三回目②

 会場から、人がどんどん消えていく。
 閑散としてはいても、ブースの中にあれば二人だけの密室になる。

 イニシアチブスクールの校長、岩浪継嗣は、梨太の腰を掴んだまま沈黙し続けていた。
 みるみる機嫌を悪くしていく少年の顔を、面白そうに観察している。

 梨太は思い切り腕を振り、岩浪の手をはじいた。
 床に置いてあった荷物を掴み、すぐに立ち上がろうとした――すぐ横に、岩浪がかがみ込んでくる。こちらを凝視している、さびた釘のような視線に身を強ばらせた。

 男が、低い声でささやいてくる。

「存外、立派に、化けて育ったものだ。クリバヤシリタ君――」

「……何――?」

 うつむいたままの梨太に、男の手が伸びる。

 岩波はぐいと顎を捕むと、梨太の顔を己に向けた。眼鏡を奪い取られる。露わになった琥珀色の瞳に、己の顔を映し込むと、岩浪継嗣はにやりと笑った。

「成長をしても、この目の色は変わらないな。この美しい琥珀色は日本じゃずいぶん珍しい。……色だけをカラーコンタクトで隠しても、ボクは君の眼を忘れはしないがね」

「……あんた、誰だ?」

「誰でもないよ。君とは真実、初めて出会う。いち社会人、イニシアチブの代表岩浪継嗣。親が付けてくれた、生まれてから一度も変えていない本当のボクの名前だ」

「……僕は……」

 梨太は岩浪を睨み、つぶやく。

「……僕は、栗林梨太、だ。ただ真面目に、一生懸命生きているだけの学生だよ……」

 岩浪は己の親指を、梨太の唇に押し当てた。
 噛みしめた前歯に、岩浪の爪が当たる。彼は指にじっくりと力を加えた。歯茎に痛みを感じるほど圧され、こじ開けられた口腔に、男の体温が進入してきた。

「お父さんに似てきたね……」

 舌の裏に岩浪の指紋を感じる。
 梨太は、その眼に強い攻撃性を持たせ、男を睨みあげた。

 精悍な眉の下、大きな瞳が猛禽類のごとき鋭さで獲物を射ぬく。岩浪は一瞬、ビクリと肩を強ばらせたが、すぐに嬉しそうに笑った。

「そう、その眼だ。実物に会えて嬉しいよ。ボクはずっと君の消息を探していた……こんなところで会えるだなんて。今日は出展者リストに君の名を見つけ、仕事のリサーチなんて頭から吹っ飛んでしまったんだ」

 岩浪は親指を引き抜いた。梨太の唾液に濡れた指先を、自分の舌で舐めとった。

「出会えてほんとうに嬉しいよ」

「……なるほど。どうりで。恵まれない子供たちの学業救済、なのに、男子校しかないわけだ。聖人君子とは嗤わせる。クズが」

 梨太は呪詛を吐く。

 岩浪は厚いの唇を思い切り愉快そうにゆがめた。

「なにか誤解をされたようだね。ボクはただ純粋に、君を救いたかったんだ。ボクの学校には、君のような少年がたくさんいる。夢と希望、人並み外れた学力と意欲を持ちながら、哀れな環境ゆえに学校に通えなくなった少年達が」

 梨太の表情は変わらない。

「で?」

 男の言葉をさえぎって、皮肉げに顎をしゃくってみせた。

「僕になんか用? お互いに利益があったのは五年前までの話。僕はもう子供じゃない。学費も生活も困ってないし、あんたが買われる理由はなんにもない。おあいにく様」

 岩浪がまた楽しそうに笑う。彼はこの時までに、どれほどセリフの練習をしてきたのだろう。囁く言葉に一切の淀みもない。

「出回っていた顔写真は、遠目で粗いものばかりだった。だから、住処と名前だけ変えればシレッとしているほどにかえって社会になじむことが出来たのだろう。だが、ここに、こんなものがある。――ボクの秘蔵コレクションだ」

 岩浪が取りだしたのは、一枚のSDカードであった。梨太の手に握らせて、

「どうぞ、差し上げる。遠慮しないで、同じデータがボクのHDDに入っているから」

「……」

「あとで、見てごらん。周りに人のいないところで。間違っても、さっきの友人に見られてはいけない。もし見られたら――君の、本当の名前がバレてしまうよ」

 梨太はカードごとこぶしを握ると、岩浪の胸に打ち付けた。犬歯を剥いて叫ぶ。

「構うか! 僕に後ろめたいことなんかなにもない!」

 二十歳を目前にした少年の拳は、決して無力ではなかった。大柄な中年男の体を傾げさせ、尻もちをつかせる。
 梨太は立ち上がり、真上から岩浪を見下ろして睨みつけた。

「それより、あんたが僕にしていることのほうが犯罪だ。許されると思うなよ」

「後ろめたいことがない? ならどうして本名を名乗らない。この五年間でできた親友や恋人、だれかひとりにでも、君は自分の過去を明かしたのか?」

 ぐっ、と、梨太の喉から声が漏れた。

 岩浪が立ち上がる。並ぶと、彼は本当に大きな男だった。分厚い胸に、太い腕。梨太よりも一回りぶん年を重ねた老獪な笑みを、梨太の頭上からどろりと落とす。

「……可哀そうに。いままで孤独で、つらかっただろう。本当の自分を、誰にも話すことが出来ず……さみしかっただろう」

 こわばる梨太の手首を掴むと、岩浪はそのままクルリと捻った。梨太の手には、二つのカードが握られていた。一つは動画が入っているというSDカード。もう一つは、はがきほどのサイズの、岩浪の名刺。その面の裏を天井に向ける。

「ボクなら、すべて飲み込んであげよう。本当の君を見せてほしいんだ。いくら時間がかかったっていい。今夜の予定は空けてある」

 名刺の裏には、数字が書かれていた。
 11階の42号室――理解した梨太が愕然とするのを実に満足そうに見下して、白い歯を剥いて笑う。
 梨太の伊達眼鏡を振りながら、彼は言った。

「うん、やっぱり、おとうさんに似てきたねえ――」

 彼は眼鏡を、己の鞄の中に放り込む。

「じゃあ、ごはん、いっておいで。西出口より東口から出たほうが、食べもの屋はたくさん選べていいと思うよ」

 そしてこれ以上ないほどに上機嫌で歩み去っていった。

 その背中を、しばらく見送る。
 梨太は呟く。決して小さくはない声で。

「……犯罪者なんて、大嫌いだ」

 そして、手の中のカードをぐしゃりと握りつぶし――開く。
 震える指で、くしゃくしゃにつぶれた紙切れを開く。四ケタの数字の上に、SDカード。

 梨太はその両方をじっと見下ろして、しばらくそのまま立ち尽くしていた。



「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く