鮫島くんのおっぱい

とびらの

蝶さんの訪問②

 蝶の話は面白かった。
 ラトキアの文化、政治経済、歴史について、梨太は興味をそそられる。
 だがラトキア人自身にはあまり、愉快な話ではないらしい。蝶は話題を、本人が話したい仕事のほうへと持っていく。

「それから百年後、王都は解放戦争によって開かれたけど、今更野生動物と共生なんかできない。森は焼かれ湖は埋められて、下町までが石畳で整地され、畜産業は政府が徹底管理。街で見られるバイオ植物には、虫すら寄り付かない。ヒト以外の動物は、都民にとってはもう伝説でしかないんだ。
 だけどやっぱり、本能っていうのかな。いまから三十年前、都民はどうしても、動物との共生をしたくてたまらなくなった。
 そこに目を付けたのがオーリオウルの貿易商。
 もともと、彼らがラトキアと交流を始めたのは、惑星環境が同じだからなんだけどね。オーリオウルじゃ、バルゴ産ペットは環境にも適合可能で大人気、動物愛玩はセレブのライフスタイル。ペットは家族の一員です。ラトキアさんもいかがですかというわけ。
 それでバルゴは、貴族や金持ち連中間で一気に流行――そして、五年で廃れた」

「……どうして?」

「育てやすいなんて、真っ赤なウソ。バルゴは思いのほか育てにくかったし、なによりラトキア人はもう、すっかり都会の暮らしに慣れきっていた。リアルな動物ってものに夢を打ち砕かれてしまったんだな」

「ははあ、可愛いチビスケも大きくなるし、鳴くしイタズラするしウンチもする、臭くて汚くてめんどくさかった、と」

「ま、そういうこと」

 蝶は苦笑してうなずく。

 そして、世話仕事に耐えかねたラトキア人は、スラムの生ごみ畑に『家族』を放ってしまった。やがてそれが大繁殖――町はどんどん不潔になっていった。飢えたバルゴによって、人死にもあったらしい。

「……で、二十年ほど前、いまの鯨将軍がスラム環境改善に着手、それでようやく駆逐されたんだ」

 梨太は無言で、渋面になっていた。
 前回聞いたときもそうだが、やはり、胸糞が悪い。

 ラトキア人の気持ちもわかるし、鯨将軍が間違っていたともいえない。なにより日本人である梨太は、この国で年間どれだけの犬猫が殺処されているかを知っている。
 ひとのことを酷いと責める権利はなかった。
 それでも、胸糞は悪いものは悪い。

 しばらく不機嫌な面を晒して――梨太はアレッと声を上げた。

「……二十年前に駆逐された? だったら、普通に考えて今回地球に出てきたのはバルゴ星の原種だか、まったくほかの星で飼われてたものが運ばれてきたってことだよね。ラトキアに何の責任も無い。それでなんで、ラトキアの騎士が呼ばれたの?」

 梨太の問いに、蝶はいよいよ嘆息した。

「……それが問題。どうも、かつてのラトキア人のペットそのもので間違いないみたいなんだよ」

「どうしてわかるの?」

「リタ君もみただろ、バルゴの奥歯。キバじゃなくて、なんか毛みたいなモサっとしてたの。あれってオーリオウル人がラトキア専用に品種改良――遺伝子適合手術を行ったものらしいんだ。二十年前の資料に、バルゴ星とのやりとりが記録されてた。原種にそんな特徴はないし、そもそも輸出なんかしていない。ラトキアに輸出されてきたのは乱獲されたもので、しかもそれを機に絶滅したんだと」

「二十年前に取り逃してたってこと?」

「いや、ラトキア王都のものはすべて駆逐されてる。現にいまの王都で、一匹も見かけないよ」

「じゃあ……王都の外に出てたやつが、繁殖してたんじゃないの?」

「その可能性はかなり低いね。王都の周りは、ぐるっと高い塀で取り囲んでいるから。関所には門番がいるし」

 梨太は首をかしげた。国土の規模がよくわからないが、それは大変な工事なのではないだろうか。
 梨太の疑問をみてとって、蝶は具体的な数字を上げてくれた。

「ラトキア星の大きさは、地球と同じほど。そのなかでもっとも暮らしやすいとされる盆地、およそ3万平方キロメートルほどが、かつてのラトキア人の聖地であり現在の王都だ。ときの支配者たちは、木の杭を打ち込んでいたところを石壁に作り替えたんだよ」

「……3万キロって……ったら、日本の十分の一!? 四国一周だ。すんごい大規模工事!」

 仰天して喚く。

「そんだけの工事、時の支配者って連中もよくやるもんだね。すごいお金がかかる。政治力高かったんだなー。それは野獣から町を守るため?」

「……奴隷にしたラトキア人を逃さないためさ。石垣はラトキア人自らが内側から積んだ」

 梨太は息をのみ、言葉を失った。

 やはり、蝶はそれをあまり話したくはないらしい。手を振って話題を打ち切ると、すぐに仕事の話へ戻す。

「まずバルゴが生き残っていたことが謎その一。そしてそのバルゴがこの地球にいるってのが謎その二。それからもうひとつ、発見が、ラトキアで駆逐されたときから二十年もたった今であるのも不思議。謎その三だね」

「なるほど。チョーさんの僕に聞きたいことってそれですね?」

「うん、まあね。でも前回の時みたいにリタ君の地の利や知識がモノを言う内容じゃないから、ズバッと解答を期待してるわけじゃないよ?」

 ぱたぱたを手を振って笑う蝶。

「ただほら、ちょっと参考にしたいというか。ディベートしながら考えがまとまっていくこともあるだろうし、考察の刺激になるんじゃないかなと思って」

 妙に軽い口調で言う。
 梨太はその様子をじっと見つめて、やがて、にやりといじわるな笑みを浮かべた。

「報酬は?」

「……え? い、いやあ。そんな。これはおれ個人で動いたことで、軍から経費のでるものじゃないから」

「チョーさん、騎士団の年収どんくらい?」

「え。……その。たいしたことないよホント。それにウチ小遣い制だから、今の収入よくわかんない……」

「地球のお土産代くらいは持ってきてるよね?」

「そ、それは、女房に浴衣帯を買って帰る約束で」

「早くラトキアに帰りたいんでしょ?」

「脅すなよぉ!」

 眉を垂らして泣き声をだした騎士に、梨太は笑った。

「冗談です。いつか、僕のお願いを聞いてくれたらそれでいいや」

「言っとくけど、おれは雄体で完成してるからね」

「揉みません! あのね、僕、おっぱいだったらなんでもイイ時期は過ぎてますよ」

 梨太は笑いながら言ったが、蝶は、少し予想外の反応をした。
 ただ笑って流されるべき言葉だったはずだが――彼は、一瞬ひどく顔をこわばらせ、血の気を引かせたのだ。

(……?)

 その反応を見逃す梨太ではない。追及しようかとした瞬間、すぐに蝶は平常の柔和な笑みを浮かべた顔に戻し、梨太に、仕事の話題を促した。

「そういう言い方するってことは、もしかしてなんかピンときたの?」

「ピンとっていうか……それしか考え付かないんだけど」

「うん」

「犯人は、殺処分業者のオーリオウル人」

「……へっ?」

 いきなり本星を突く指摘に、蝶が素っ頓狂な声を上げる。梨太は気にせず言葉を続けた。

「まず、二十年前、バルゴの駆逐は騎士や警察じゃなく、外部業者に頼んだっていう推測が前提だけど。でもたぶんそうでしょ。さっき聞いた歴史の流れ上、王都のなかに、野生動物を捕獲する装備や安楽死させられる施設なんかできる余地がないもの。
 もちろんただ殺すだけならなんとでもなったろうけど、仮にもペット――家族って触れこみで飼われてたんだ、さすがに見つけ次第惨殺というのは国民感情的によくないし、人手もかかってしまう。バルゴ星では厳守が絶滅してるってのに、トドメさしちゃまずいでしょ。
 その条件なら、きっとこうなる――ラトキア政府はかつての輸入業者を呼びつけて、『回収』しろと命令。違法乱獲のうえ飼いやすいっていうのは詐欺じゃないかとクレームをつけて、手数料を払うことなく、バルゴ星へ返還してくるように――って。鯨さんなら、そうするでしょ」

「え。ええと……あれっ、そうなのかな。そういや、そのへん何も聞いてない……」

「でも、それはラトキア政府にとっても名目。回収依頼の真意は、やっぱり全頭殺処分」

「……どうして?」

「だってもともと悪質業者だよ、バルゴ星ってとこへわざわざ移送する航海コストをかけてくれる? ……鯨さんだって、彼らがそうしないのは想像がついていて、そのうえでバルゴを委任した。真実、ラトキア政府が望んだのは、オーリオウルには当たり前にあるだろう、殺処分施設への運送だったんだ。いわくオーリオウルにはペットを飼うという文化がある、ならばその捕獲、殺処分、安楽死といった設備もぜったいあるはず。どの産業も、生産と廃棄は必ずワンセットで必要な設備なんだから」

「な、なるほど。……たしかに。うん。奴らが馬鹿正直に、バルゴ星まで解放しにいくとは思えない。自星で殺処分したほうがはるかにコストは安い……。鯨将軍なら、そう考える……。でも、それだとバルゴはオーリオウル星にいるはずでは?」

「ここからは現状からの逆算での推理さ。証拠はないけどコレしか考えられない――その業者は、さらに悪どいことをやらかした。その時ちょうど、彼らは地球での買い付けと周回していて――」

「あ! じゃあバルゴを下ろせば、荷台が空くからっ?」

「ということ、でしょ」

 梨太はにっこり笑って見せた。

「バルゴ星からオーリオウル業者、業者からラトキア、そしてラトキアから業者まで、すべて一本の線でシンプルにつながってる。だったらそこにいきなり現れる地球のバルゴは、その延長線上のものって考えて当たり前じゃないか。とりあえず考える限りこのルート以外に道はないんだからコレでしょ。ね?」

 突然質問口調で振られて、慌てて首を縦に振る蝶。

 梨太は笑ってつづけた。

「んで、ここからの推理を展開するには、蝶さんに確認しなきゃいけないことがあるんだけど」

「うん?」

「オーリオウル星と、バルゴ星と、ラトキア星。この三つは、惑星環境、気候やらなんやらが似ているから交流や貿易が始まった。と、いうことだけど……その、環境の調査みたいなのは、どうやってされたの」

 言われて、蝶は少しだけ迷い、回答する。

「いやそれは、簡単だよ。年間平均気温と湿度、それから降雨量と酸素濃度くらいのもんだけどさ。無人調査艇にその数値を入力して、宇宙空間にポイッと投棄。あとは自動でその環境を調査艇が探し出して、本国にその座標が届けられる。貿易ができそうなら有人宇宙船にその座標を入力して、あとは冷凍睡眠で寝てれば着く」

「着陸地も自動で検索?」

「そうそう。おれたちもそうやってこの霞ヶ丘に――」

「ならもう、謎三の答えも出たよ」

 梨太の言葉にぽかんとする蝶。梨太は気にせず続けた。

「僕ら地元民ならではの情報がキーだから、蝶さんらがわからなくても仕方ないけどね。
 まず、そうして二十年前に日本へとやってきた、バルゴを乗せた輸入船――それはあの、裏山に着陸してたんだ。霞ヶ丘高校の裏山、ゆるい丘の深い藪ね」

「へっ? て、それ、今おれ達が停めてるとこ?」

「そ、そ。ほら烏のときもそうだったでしょ。結局はそのまんまそういうことなんだよ。ラトキア人が快適に暮らす王都ラトキア、その気候に近くて暮らしやすい、入植しやすい条件を自動的に算出した町の、着陸しやすいところに向かって自動操縦。出発点がそこなんだから着地点も三年前と同じだよね。
 いや、実は前んときもちょっとひっかかってたんだよ、なんでこんな田舎町に、テロだのオーリオウルバイヤーだのが集中して来たんだろうって。
 たまたま、ラトキア王都と気候条件が同じだったんだね……」

 言いながら、梨太はふと口元をほころばせた。まだ見ぬラトキアという星に一瞬だけ思いを馳せて、そしてすぐに意識を戻す。

「……これがアタリならあとは簡単。二十年前にあの裏山に放たれたバルゴは、ちょうど学生寮の閉鎖にともない人気のなくなったその地で、野生動物として地道に生存していた。たまに一匹、町に降りてくる分にはちょっと変わった雑種犬、として殺処分されてたんだろう。
 ところがですねえ、実はあの裏山、今年から開発事業が入ったんだなーこれが。当然業者も出入りしまくるし、野生動物は捕獲され、重機を入れるための下地の伐採くらいはぼちぼち始まってるよ。住処は荒らされるしエサになってた動物もなくなるしでたちまち飢えて、街中のほうへ一気に全頭があふれてきたんだ。それで悪目立ちして、問題になった。これで確定でしょ。謎はすべて解けたっ、と」

「ちょ、ちょっと、ちょっと待って。メモを取る、てか鯨将軍に連絡するっ。んで、二十年前の状況をちゃんと聞いてくる!」

「あとそれと、宇宙船停泊してるの動かしたほうがいいんじゃない? 今んとこ山林なぎ倒しまではされてないけど、お盆休みあけたら一気に進むんじゃないかなー」

「ああああっ、それも伝えなきゃ!」

 蝶は慌てて自分のカバンをひっくり返し、手帳と、モスグリーンのくじらくんを取り出した。

 ごゆっくりどうぞ、と放置して、梨太はお茶をすすった。


「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く