鮫島くんのおっぱい

とびらの

梨太君の危機・一回目

 ザンッ! 

 ――すぐ耳元で、小気味のいい切断音。

 続いてどさりと重いものが落ちる音。同時に、猛々しい男の声が梨太の名を呼んだ。

「リタ君! 大丈夫か!?」

(……えっ?)

 遠い記憶に聞き覚えのある声に驚いて、目を開く――まず視界に入ってきたのは、血の海だった。

 赤い湖。その中央に首から上を失くした黒い『犬』がいる。びくりびくりと体を痙攣させて、それを静かにおさめていった。
 そのかたわら、ほぼ垂直にふりそそぐ夏の日差しを背に受けてたつ、黒い軍服の男。

「あ――え、えっと……」
「けがはないかい?」

 戸惑う梨太に、男は緊張した声音に相反するにこやかな目元をさらに細め、ほほ笑んで見せた。右手には鋭い刃の長刀、足下には『犬』の生首が落ちている。

 大きな口をあけ、だらりと舌を出した死骸に、梨太は口元を抑えた。今更のように激しくうちはじめた心臓の鼓動を押さえ、息を整える。記憶をたどり、彼の名を呼んだ。

「あ、あなたは、たしか――蝶、さん。ラトキア騎士団の」

「おっ? あたり。おれみたいな地味な奴、よく覚えていたもんだ。うれしいよリタ君。三年ぶり」

 彼はまた満面の笑みを浮かべ、ふるった刀を懐紙で拭い、腰の鞘に戻した。

 年のころは三十前後。そう見えるだけで、ラトキア星人の独特な加齢の仕方からすると、四十をいくつかまわっているだろう。
 いつも笑っているような顔立ちの青年は、深緑色の髪を汗に濡らし、ふうと小さく息をついた。

「—―リタだって?」

 もう一つの声は、天空から聞こえた。自宅隣家の屋根の上、赤い髪を逆立てた少年が腰掛けている。こちらは両手に不思議な形のダガー、その刃も血に濡れていた。
 くるりと柄を回して両腰に据えると、彼は豪快に屋根から飛び降りた。盛大な音を立ててアスファルトに着地する。

 贅肉をナイフでこそぎ落としたような、鋭い肢体の戦士である。背丈はあるが年はまだ梨太と同じほど。猫に似た金色の瞳で見下ろすと、不意にニカッと犬歯を剥いて、、むやみに大きな声で笑った。

「まじかよ! うわあホントだ。でっかくなったなあ、小っちゃくて丸くって、ちんこ坊主と呼ばれていたガキとは思えない」

「なにその綽名、呼ばれたことないよ!?」

 すぐに全力で抗議しておく。

 しかし少年はどこ吹く風、ひとり上機嫌で笑いながら、梨太の肩を無遠慮に叩いた。

「おお、ちょっと頼んないけどちゃんと男の体してんじゃん。地球人ってのはずっと成長期みたいなもんだと聞いたが、ずいぶん育ったもんだ。前あったときなんか、こんなだったもんな!」

 言いながら、手のひらを地面すれすれにまで下げてみせる。それじゃあ体長二十センチのコビトだ。

 梨太は苦笑して、目も口も声もアクションも大きな男に会釈する。

「お久しぶり。虎ちゃん、何にも変わんないね」

 しれっとチャン付けされたことなど意にも介さず、虎はのけぞって笑った。

「おう、だけど生活は結構変わったぜ。子供できて結婚して生まれて別れたからなっ」
「え、絵にかいたようなドキュン……」
「なんだそれ?」

 梨太はごまかすように笑った。

「それより虎ちゃんも、すっかり元気のようでなにより。烏の毒で意識不明になって、そのあと僕は回復したとこ見てなかったから。医者から、僕よりずっと前に退院したとしか」

「俺たちが地球を出たあとすぐに退院したんだろ? マジな話、心配してたんたぜ。後遺症とかなんもねえのか」

「ぜんぜん平気だよ。入院中から子供作る行為がしたくって毎日ナースに叱られてました」

「おお、そっか。俺は白鷺に後遺症出てるって聞いて、アッ俺ってもうだめなんだーって思って、そしたら結婚することになったわ」

「なるほど」

 額に汗して、うなずく。

 そこでふと、梨太は状況を思い出した。

「って、しゃべってる状況じゃないでしょ。なんですかこれ。あの犬みたいなのは一体。ラトキアの騎士がここにいるってことは、またテロがらみの――」

 ふりむくと、蝶がいない。

 彼はマイペースに、地面にかがみこみ、『犬』の死骸を調べ始めていた。膝の上にタブレットのようなものを置いて、なにやらハイテクな作業をしている。
 背中からのぞき込む。
 そして間近でみる死骸にまた気持ち悪くなって、梨太は口元を抑えた。

 『犬』の血がアスファルトの熱に焼かれ、湯気が立ち上っている。胸が悪くなる異臭に顔ごと背け、作業をしている蝶よりも、虎の方へ向き直った。

「今度の敵は、こいつってこと?」
「そ、そ」

 軽くうなずく虎。

「つーても、もちろんこの一匹で終わりじゃねえぜ。しかも目撃報告の範囲が広くてな、生体パターン登録した探知機、さっきからずっと鳴りっぱなし。じきにほかのとこも行かにゃーよ」

「はあ……まあ、とりあえずこの場が安全になったなら、引き留めやしませんけど……」

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く