鮫島くんのおっぱい

とびらの

梨太君の戦い

 鉄の扉の先は、踊り場のようになっていた。広くはない、正方形の空間。曲がって十段ほど、段差の浅い階段が続く。先にまた一枚木の扉。
 銃を構え、扉を開く心構えをする。と――

 扉が開いた。

「――やあ、いらっしゃい。どうぞ?」

 日本語である。扉を開けた者はそう言ったきりすぐ背を向けて、フロアの内部へ戻っていった。

 梨太は無言でその後を追う。

 部屋に入ると、主、烏は、眉をすこしだけ持ち上げた。

「ドア、閉めてほしいな。二重扉だし、すこしくらいガスが入ってきたってなんということはないけど、半開きっていうのが気持ち悪いのよね。私」

 梨太はのどを鳴らし、後ろ手に、扉を閉めた。
 そして烏と対峙し、上から下まで視察して、若干ひきつった笑いを浮かべる。


「……そうきたか。正直これは、予想外」


 つぶやく。烏はにっこりと、バラ色の唇を持ち上げて笑顔を見せた。
 透明なめがねの奥、美しい水色の瞳を細めて。

 年の頃は二十代後半から、三十五には届かないというあたり。白い肌に白い洋服、そして白衣。前情報としては青色だったはずの、白い髪。
 胸ほどの長さの髪を結い、珊瑚色のクリップで止めている。腿の半分までの丈のハイウエストパンツはビタミンオレンジだ。白づくめの服装のなか無意識にそこへ視線が引っ張られると、ドキリとするほど柔らかそうな腿がある。特筆して端正な顔立ちではないが、どこか淫媚な魅力がある。

 総じて、妙齢の、美女であった。

  梨太は頭を抱えた。

「……あう。参ったな。……しかもけっこう好みのタイプだ」

「あらほんとう? うれしい。お姉さんとイイコトする? キミなら歓迎よ栗林梨太くん」

 そう言って、烏はホホホと明るい笑い声をあげた。細い腰に手を当てくねらせて、

「男の子とするのは初めてだから、優しくしてね」

 そんなことを言った。

「……どうして、僕の名前を?」

 梨太はその場から動かず、視線は烏から離さぬまま、ポーチをまさぐった。

「霞ヶ丘高校に同胞が入っていたのは知っているね? 君が、騎士らとつながっている報告は随時。君のことも調べ済みよ」

 答える烏のすぐ足下と、届くだけ遠くに玉を投げつける。毒成分検知の蒸気が吹き出したが、フロアの空気の色は透明のままだった。

 烏が笑う。

「大丈夫よ。この部屋に毒ガスは撒いていない。一応、私も耐性はあるけど、そこで寝起きやご飯たべるのっていやじゃない? さすがに毎日ずっと吸うのはよくないしね」

「……白鷺は、この数日間、どこに?」

「もちろん一階に。彼は脳にチップが入っているから、二階には上がれないもの。毒にまみれて寝起きしていたわよ」

 梨太はなんとなく、気分を害した。それが表情にでたのだろう、烏は肩をすくめた。

「あの男がそれを望んだの。毒だって、騎士が近づく気配がするまで止めてていいと言ったのに、図体の割に肝っ玉はちいさいんだから。あれでクゥに勝とうなんて、入り口からもう負けているのよね」

「……クウ?」

 梨太の疑問符に、烏は一瞬不思議そうな顔をして、すぐに合点した。

「ああ、鮫。サメジマクン、だったかしら、あの学校での名前は。君は彼の本当の名を知らないのね。自動変換装置の欠点、ラトキア語をそのまま言いたいときにも変換されてしまうから」 

 烏は笑いながら、部屋の奥、キッチンスペースへと入っていった。

 ここは、もとは管理人室かなにか、だったのだろう。
 十二畳ほど、簡素なワンルームスペースである。正方形の部屋に、プラス四畳ほどの水周りが仕切られてあるようだ。奥にもうひとつ扉が見える。そこから寮の共同ホールのほうへつながっているのだろう。真ん中におかれた二人掛けの小さなダイニングテーブル、ラグマット、キャビネット。端によせられたベッド。烏はほとんどここで生活しているのだろう。今はわからないが、トイレやシャワールームなどもあるのかもしれない。

 梨太が部屋を見回している間に、烏が戻ってきた。手には湯気の立つ紅茶。手際からして、梨太があがってくる前に支度していたらしい。

「クゥはアダナよ。騎士団長さまには似合わない? そうね、立派になっちゃって。でも八歳のころから知ってるから、私にはいつまでも可愛いクゥなのよねえ」

 部屋中央のテーブルにバトンをおく。そして、水色の瞳を梨太にあわせた。

「……『女性』は撃てないみたいね。でも遠慮しないで。私、武器を持ってるから」

 梨太は慌てて、麻酔銃を構えようとした。瞬間、その横顔にチクリとした痛みが走る。視線で見下ろすと、防護服に覆われていた頬がむき出しになり、一筋の血を流していた。

 ピチュン! 小鳥がなくほどの小さな音。烏がバトンの下から放ったおもちゃのような小銃の弾は三発連射された。ゴーグルに直撃し、視界が突如蜘蛛の巣状に塞がれた。もう一発の弾は酸素マスクにあたり、その形状をゆがめた。

「うっ!?」

「大丈夫よ、このフロアに毒ガスは流してないっていったでしょ。安心して、それ、外してよ。私は君とお茶がしたいの」

 くるくると小銃をもてあそび、烏。その銃口から硝煙はあがっていないようだった。打たれたときの衝撃もなかったし、銃弾も見あたらない。空気銃かなにかだろうか。

 梨太はわずかの間迷ったが、結局は役に立たないマスクとゴーグルを外さざるを得なかった。ついでに、頭を覆っていたスーツのフードもめくりとる。久方ぶりに栗色の髪を空気に触れさせて、梨太はなんだか猛烈な衝動に駆られ、頭皮をかきむしった。熱気や汗の湿気がこもらないと聞いていたが、どうもムレを感じて気色が悪い。

 手櫛で髪を直すと、烏がなんだか楽しそうな声を上げた。

「あらあらまあまあ、かわいらしいこと。写真とモニターでは見たけども、実物みると本当に女の子みたい、可愛い子なのねえ。クゥのストライクだわぁ」

「……うん?」

「どうすればそんなに目も鼻も口も丸く育つの。ああ、そのふわふわの明るい髪、思わず抱きしめてなでなでしたくなっちゃう。だけどその外見にあわず、中身は男前なんでしょう君。そのへんの話、私はぜひ聞きたいのよ。座ってちょうだい、あまりいい椅子ではないけどね」

  烏は、正常に聞き取れるぎりぎりほどの早口でまくしたてると、梨太のぶんの椅子を指さし、自分もその前に腰掛けた。
 麻酔銃を片手に、優雅に紅茶を含む科学者を見下ろし、梨太は首を振った。

「……悪いけど、鮫島くんが下で待ってるから。長居はしません」

「あらそう。それは残念」

 案外、彼女は簡単に引き下がった。

「……でも、僕もあなたに聞きたいことがいくつかある。それに答えてくれるなら、すこし、お相手します」

 烏はにっこりとほほえんだ。うなずいて、お先にどうぞと手を差し出す。梨太は椅子をひき、その席に着いた。

 正面から烏を見据えて、言葉を選び、尋ねる。


「あなたの、目的はなんですか?」


 眼鏡の向こう、水色の瞳がとてもうれしそうに細められた。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く