鮫島くんのおっぱい

とびらの

梨太君の喧嘩②

 梨太の手には、手のひらよりも小さな手帳が握られていた。
 カードサイズで、重要な要項がまとめられた生徒手帳である。

 梨太は慣れた手つきで手帳をめくると、ページをひらいて読み上げた。

「霞ヶ丘高校校則、最重要項のその六。学園内において暴力、窃盗、そのほか生徒間での一方的な加虐行為が行われた場合、いかなる理由があっても、加害者を退校処分とする」

「……あ?」

「現時点でも限りなくアウトに近いとおもうけど、もしこのまま一発でも僕を殴ったら、あんたたちは全員退学。明日から二度と、クラスメイトには会えなくなる。それでよければどうぞ、さっきの続きを打ち込んできてよ」

「な……なんだ、おまえ。そりゃあ……学校に泣きつくってか? 不良の次は教師かよコバンザメ野郎」

「僕は中学時代、一生懸命勉強してこの学校に入った。その組織の力は僕の力だ。ここで学んだことも作った友達も学歴も、全部自力で得てきたものだから、遠慮せず誇りをもって最大限利用して、楽しくいい人生を送ろうと思ってるよ。――あなたたちも、そうじゃないの?」

 不良どもが眉を寄せる。三人をまっすぐに見据えて、梨太は淡々と口説いた。

「少なからず勉強して入学して、二年以上頑張ってきたんじゃないのか。大事なものもたくさん出来てるんじゃないのか。ここを卒業した後の大学や就職、将来の展望があってここまで来たんじゃないのか。今日、ここで僕をぶん殴って、それで全部台無しにするつもり? もったいないと思うけどね、僕は」

「てめえっ……それでてめえはどうなると思ってんだ」

 また拳をかざしてくる。だが振りおろす気がないのは、二の腕の強張りを見れば明らかだった。
 梨太は鼻で笑った。

「どうなるの? 具体的に言ってみてくださいよ。
 あなたたちは退学になって、明日からこの学校に入ってこれない。校門で張る? 僕の家を探して押し掛ける? ……高校生同士なら、いじめってなかなか犯罪にはならないよね。だけど無職十八歳少年ならば暴行罪で警察が動くよ。退学、逮捕、少年院。少年法が見直されてきているから刑務所かもね。どこまで落ちていく覚悟なの?」

 少年の拳から力が抜けた。梨太は手帳をしまうと、どうということもない姿勢でたたずみ、ただ淡々と続ける。

「それとも、いまここで僕が訴える気がなくなるくらいボコボコにしようって気? だったら少なくとも喉をつぶして指一本残さず切り落とすべきだ。言葉を伝える手段がある限り、僕はあなたたちを許さない。攫って埋める? やってみろよ。警察は有能だ。卒業式の前にはあんたたちを捕まえるよ。僕を殺して全員死ね。
 一度犯罪を犯した人間は、二度ともとの世界になんか戻れない。その覚悟があって、そうまでしてあなたたちは僕を殴りたいのか。人を殴るのってそんなに楽しい? それって必要? どうせ人生台無しにするなら、もっと有意義なことに賭けろよ馬鹿野郎――」

 梨太の言葉に、三人は完全に絶句していた。喉を上下させ唾を飲む。

 時間にして数秒、永遠に続くような静寂を挟んで、梨太は笑った。にっこりと、人の心を和やませる笑み。

「なんてね。冗談。やめてくださいよ、僕には先輩たちに怒られるいわれなんかぜんぜんないですって」

「……あ?」

「実は親戚なんです、鮫島くん。血はつながってない遠縁で、そんなに仲良くもないけど、昔から知ってるの。彼ね、ずっと外国にいたから、日本のことまだよくわかってないんですよ。ホントはヤンキーなんかじゃなくて、ちょっとトボケてるだけなんですよね」

「そ――そういえば、外人っぽい雰囲気あるよな」
「うん、足なっげーし、ちょっと目が青かったような」
「え? あいつ日本語わからないの?」

 顔を合わせ、会話する三人。
 緊張と緩和、合点がいったとたん異様に晴れやかな顔でげらげら笑い始めた。

 梨太は一緒になって笑いながら、

「ああ見えてド天然なんですよ。ただでさえ美形で、いるだけで目立つって自覚ないし。僕とはぜんぜん似てないなんて言われたらカナシイから内緒にしてるんです。あんまり広めないでくださいね?」

「おう、ああ、そうだな、わかったようん――」

「ほんと怖い人じゃないから、困ってたら親切にしてあげてください。今度あったらヨロシク」

 そういって、梨太は大きめに手を振った。

 お話はおしまいです、ではサヨウナラのジェスチャーに、操られるように背を向ける三年生。彼らの姿を見送って、梨太は背中についた埃をはたいた。

「あーつかれた」

 そんな言葉をこぼしてみる。


 と。突然かかった陰に顔を上げる。
 校舎のはざま、壁沿い上空三メートルに、鮫島が座っていた。

「わっ! 鮫島くん!?」

 彼はするりと身を滑らせると、音もなく着地してきた。さきほどまで彼がいたところを見上げるが、腰掛けられるような凹凸は見あたらない。壁に張り付いていたとしか思えないが、なにをどうやってそうしていたのかさっぱりわからない。

「どうしたのそんなとこで」
「鯨に呼ばれた。リタが危険な目にあっていると」
「鯨さんに?」

 問い返したとたん、梨太のズボンのポケットが真横にゆがみ、中から金属板が飛び出した。

 消しゴムほどの大きさで、ひゅんひゅんと素早く宙を舞う。曲玉のような形――いや、たしかにクジラに似ていなくもない。
 つるりとしたメタルの面の、どこかがスピーカーになっているらしい。鯨女史の声がした。

「やあリタ君、よけいなお世話だったかな。失敬失敬」

「なんですかコレ。なんで僕のポケットに、ていうかいつの間に?」

「くじらくん三号、最小ポータブルバッジタイプだ。届けられるのは音声のみだが、カメラ付きだから偵察にも使える。いつも鮫の教室に潜んでいたり、夜の学校を捜索しておるのだよ。もともと通信機として君に渡すつもりだったのだがね。先ほど教室に来たのでコッソリ近づいて尻に張り付き、トイレで芳香剤をねらうのに集中している間にポケットへ進入したのだ」

「何でそのタイミングなんだよ。ふつうに声かけてよ」

「いやあ、一人になるのを待っていたのだが、地球のトイレというのは便器がオープンに並んでいるのだな。知らなかった。はからずも面白いものを見てしまった」

「何の話? ナニの話?」

「リタ君ってば顔に似合わずいいものをお持ちで、星帝皇后ちょっとドキドキ」

「……叩き割るよ?」

「さきほどの騒ぎでもなんら縮みあがることもなく、いやはやまったくナイス男児」

 梨太はくじらくんをつかむと思い切り校舎の向こうへぶん投げた。
 鮫島が、視線だけでそれを追う。見えなくなってから、飛んでいった方向を指さして。

「一応あれ、国家財産で、軍の備品だから、壊されたらちょっと困る」
「飛ばしただけだから適当に帰ってくるでしょ」

 両手をぱんぱんと叩きながら、鮫島の方へ向き直る。

「……鮫島くんも見てた?」

 彼は首を振った。

「モニター共有してないし、俺に透視能力はないから」

「ナニの話から離れてお願い」

「さっきの騒動か? 途中から少し。テロの襲撃なら助けるが、ただの弱いものいじめは、俺が手を出すことじゃない」

「いじめられてないよ」

「あいつらのほうが弱い。あまりいじめてやるなよ」

 梨太は苦笑した。

「鮫島くん、これから学食? 一緒に行かない?」

 誘うだけ言って歩き出すと、彼は無言でついてきた。それを確認し、そのまま進む。

 最近梨太は慣れてきた。鮫島の無言は、肯定である。否定するときはちゃんときっぱり、断ってくるはずだ。

 鮫島のクラスメイトたちが皆言う、「応えない、返事をしない、つきあわない」というのは誤解である。おそらくだが、彼は彼なりにきちんと聞き、すべてに返事をしているのだろう。じっとこちらを見つめているときは続きを促しているし、首を振らないということは参加の意志があったかもしれない。

 ただそれらの言動は、発言者の心をへし折る。眼光の鋭さがあいまって、「いや、気乗りしないならいいんだ……」と勝手に尻込みし、辞退してしまうのだ。
 鮫島と過ごすには心の強さが必要だった。

 度胸がある、と、梨太のことを皆が言う。だがそれも誤解だ。鮫島の前を歩きながら、梨太は独り言のように吐き出す。後ろで、鮫島がちゃんと聞いていることを確信しながら。

「勝てる勝負しかしないんだよ僕は。負けるのは怖いし、なんの得もないから」

 昼休みは半ば近くまで経過していた。人気のない校舎沿いを早足で進む。

「でも見かけ通り弱いからさ。喧嘩って嫌いだ。好きなやつの気持ちがさっぱりわからない。そんなに大事な理由があるわけでもないのに、自分も他人も不幸にして、あとから後悔して懺悔する――僕はそういう小悪党みたいなのが大嫌いだ」

 鮫島の足音が聞こえない。ふと、彼は姿を消しているのではないかと不安になり、梨太は振り返った。

 すぐそばに、鮫島はいた。砂利道で足音一つさせないで、だがやっぱりちゃんと後ろについてきてくれていたのだ。急に振り返ったことを不思議そうに見下ろす彼に向けて、梨太は破顔した。


 学園上空に広がる青い空、前からくじらくん三号機が、なにやら不満を叫びながら飛んできていた。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く