鮫島くんのおっぱい

とびらの

序章

 その言葉を聞いた瞬間、梨太りたは絵筆を取り落とした。


「鮫島くん、おっぱいがあるってよ」


 放課後の教室。二週間後に迫る、体育祭の準備をしていたところである。
 発言は、ともにパネルを作成していたクラスメイトだった。
 なぜか得意げな彼に向け、梨太は呆れ顔で答える。
 
「はあ? なにそれ」
「噂だよ、噂。部活の先輩が同じクラスなんだ。ほら、今度の体育祭。リレーの選抜で三年生全員の測定データ調べたら、鮫島くんってむちゃくちゃ速かったんだって」

 床に落とした絵筆を拾いながら、おぼろげな記憶をたどってみる。
 鮫島くん――今年の六月に転校してきた三年生。
 転校初日、校内テレビ放送で紹介された記憶はあった。しかし顔は思い出せない。

「……なんとなく、不良っぽいひとだったような気がするけど。真面目に体育受けるんだね」
「それどころじゃない、超高校級。下手すりゃ日本記録」
「へえ、そりゃあ陸上部としてはほっとけないんじゃない」
「弱小で悪かったなっ! 部員四人の数学パズル部に言われたくねえよ!」

 友人の絶叫を、梨太は適当な笑み浮かべて聞き流した。友人は体勢を直し、

「そう、確かにうちは弱小だよ。だから先輩も即戦力スカウトに乗り気になって、そこからずっと追いかけまわしてたんだと。コワいのこらえて朝から晩までストーキングしてさ」
「……で?」
「結果は惨敗、取りつく島なし。体育祭のリレーも辞退。それでおしまい。まあよくがんばりましたってとこだな」
「じゃなくて。最初の。その、鮫島くんに……」

 梨太は一応、言葉を濁す。

 ここは男子校、飢えた獣たちの巣窟だ。こういった単語は聞かれたが最後、羽虫のごとく集ってくる。
 察して、友人も声を潜めた。

「だから、その先輩が見たんだって。着替えのとき――鮫島くんの胸が膨らんでんの」

「んなわけないでしょ。コメディ漫画じゃあるまいし、転入するのに書類も要るし。つか嘘ついて男子校に来る理由もないし」
「でも、なんかスポーツブラみたいなのつけてたって、先輩が」
「タンクトップかなんかの見間違いじゃない? もしくはただの変態か」
「でも――」
「柴田、飢えすぎ。おっぱい求めすぎ。まあ文化祭と違って他校生が遊びには来ないだろうけど、誰かの姉妹が来るかもしれないよ。二週間後だ、そこに期待しようじゃないか」
「できませんもう待てません。俺の右手が今宵も疼く。摩擦熱で指紋なくなっちまうっての。ああ、彼女ほしいなあ」

 絵の具をばらまき、わめく友人。

 後ろを振り向けば、ほかの生徒らもみな、仕事への意欲をなくしていた。
 掃除道具で野球まで始まっている。

 十六歳、男子の日常である。

 梨太は彼らから視線をはずし、そこから遠くへと続く窓に顔を向けた。
 秋の五時、空はすでに赤く染まっていた。

 夕日のまぶしさに目を細めて――梨太はようやく、『彼』の顔を思い出した。
 そして無言で首を振った。

「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く