鮫島くんのおっぱい

とびらの

鮫島くんと梨太君

 天高く馬肥える秋。青天を歓声が突き抜ける。

「赤の大将、早い! 強いっ! 強すぎるっ!」

 放送部の実況にも力が入る。熱量だけで何ら解説になっていないのも仕方があるまい。
 私立霞ヶ丘高校の体育祭は、創立六十四年以来一番の盛り上がりを見せていた。

 体育祭のクラス対抗戦の花形、三年生による騎馬戦である。

 三年生、全員参加。六組まであるのをそれぞれ二チームに分け、計十二隊。
 白い運動着を着た男子のなかに、漆黒の学ラン姿が大将だ。

「最終決戦! 十二将、全員、前へ!」

 放送とともに、太鼓がドンと鳴らされる。
 十二のこまが円陣になった。

 全員が同じ衣裳である。
 しかし特別、目を引く少年が一人いた。

 同級生たちよりも頭半分抜けた長身。
 待機中、敵兵を広く見渡す切れ長の双眸。
 顔立ちは遠目に見ても端正である。

 放送部員が、十二人の名を呼んでいく。


「――四組、赤! 鮫島!」


 彼は、おざなりに腕だけ上げて見せた。

 そして戦いが始まった。

 開始の合図と同時に駆け出す、鮫島騎。
 敵騎に近づいたと思った瞬間、鮫島の手にはもう、ハチマキが握られている。

 手が長い。そして視認できないほどに速いのだ。

 鮫島の駒は、大将決戦でなお圧倒的に強かった。
 霞ヶ丘高校男子八百人は、その勇姿に喝采を送っていた。

「つ、つよすぎる」
「すげー。かっけぇー……」

 二年生の待機場で、クラスメイトが呆けて拍手。
 梨太ももちろん、そうした群衆のひとりであった。
 生来、体育会系ノリが好きではなくとも血が騒ぐ。

 それだけ、鮫島の戦いは見物であった。

「おい栗林くりばやし、あの大将、すっげえな」

 となりの同級生に小突かれて、梨太は素直にうなずいた。

「うん。すごいね」
「あれで俺らとイッコしか変わらないんだよな。お前にいたっては同じ性別だとすら思えんぞ」
「……悪かったね、チビで女顔で」 

 一応すごんで見せたものの、同級生はへらへらと笑うだけである。
 こういうからかわれ方は、梨太にとって日常茶飯事だ。いちいち怒っていても仕方あるまい。

 栗林梨太は、注目の人物とはおよそ真逆のような少年だった。
 十六歳にしてはかなりの小柄。学年でいちばん背が低い。
 色素が薄くクセの強い栗色の髪、丸い頬に、琥珀色のつぶらな瞳。ぬいぐるみじみた愛らしさがそこにある。
 それでも、少し上を向いた小さな鼻ととがらせた丸い唇に、どこか気の強さを感じさせた。

 霞ヶ丘男子高に、ひとりだけ女子がいる――もし、そんな噂がひろまったとしたら、全員が栗林梨太を疑っただろう。
 だが――

 梨太はじっと、その視線を鮫島の体に合わせていた。


 大将決戦はあっという間に終了した。
 鮫島の手には、十一本のハチマキが握られ、たなびいている。
 いくら鮫島の身体能力が優れていたとて、これは異様な強さである。二年生の観客席からではわからない、対峙したものだけが感じる脅威なのだろうか。

「人間の強さじゃねーだろあれ」
「きっとサイボーグだよ。戦闘用アンドロイド。右手には機関銃が仕込まれてるに違いない」

 クラスメイトの冗談も、真実味を帯びてしまうほどだ。

「優勝、四組、赤!」

 勝鬨を上げ、凱旋していく三年生たち。
 退場門をくぐると、大将らは一斉に学ランを脱ぎ捨てた。霞ヶ丘高の制服はブレザーであり、あれは騎馬戦のためだけのコスプレ衣装である。残暑も厳しい体育の日、そんな暑苦しいものは着ていられまい。彼らはさっそく脱ぎ捨てて、体操着に着替えていく。
 数人の生徒が手ウチワで自らを仰ぎつつ、鮫島のほうへ歩み寄った。
 一様に、にこやかな笑顔。
 活躍を称えにやってきたのだろう、しかし鮫島は見向きもしなかった。
 手のひらで同級生らを押しのけて、どこかへ歩き出していく。

「あれ、鮫島くん、どうしたんだよー」
「おーいっ?」

 同級生の声も無視。
 彼はそのまま、まっすぐにグラウンドを突っ切っていく。 
 着替えのために、教室まで戻るつもりだろうか?
 足首まである学ランを揺らし、早足でどんどん歩いていく、彼の姿を目でおって――

「……なんで、みんなの前で着替えないのかな……」

 梨太は小さくつぶやいた。


 観客のごった返す中へ、鮫島の姿が消えていく。

 梨太は友人を振り向いた。

「溝口、プログラム持ってる? 僕らの出番しばらくないよね」
「え? ああ、小一時間は空きそうだな」
「オッケー。じゃ、ちょっと行ってくる」
「へっ?」

 友人の素っ頓狂な声に構わず立ち上がる。慌てて友人が叫んだ。

「栗林? どこ行く気だよ。何考えてんだお前!」
「ちょっと追いかけるだけ。怖そうだったらすぐ逃げる」
「はあ? 追いかけるって――え、鮫島くんを? なんでっ?」
「好奇心っ!」

 叫び、梨太はすぐに駆け出した。



「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く