鮫島くんのおっぱい

とびらの

梨太君の興味

 霞ヶ丘高校は、地方都市のベッドタウンにあった。
 平和で賑やかな町である。おせじにも都会とは言えないが、生きていくのに不自由はない、退屈な町。

 そんな街中に、鮫島は学ランを着たまま出てしまっていた。教室に帰りもせず、観客でにぎわう裏門を突破していったのである。追いかけてきた梨太もそのまま出たが、そこで鮫島を見失っていた。
 裏門を出ればすぐに大通り。きょろきょろと首を巡らせるうち、道路を渡った先に、特徴的な後ろ姿を発見する。

(うわ、もうあんなとこに。歩くの早っ)

 梨太は慌てて、横断歩道へ駆けた。

 鮫島はしばらくまっすぐ道を行き、不意に細い路地へと入る。二十メートル程度の距離をあけ、梨太は小走りで追走した。
 何度も路地を曲がる。
 長身に漆黒の長ランという目立つ格好をしていた彼なのに、ふと気を抜くと、視界から消える。あわてて見回すと想定よりも遙かに遠いところにいた。

 悠然と歩いているようにみえて、異常なまでに早足なのだ。

(……長い足だなあ)

 梨太は体操服の裾で汗をぬぐった。あっちは歩いているのに、こっちは小走りだなんて不公平だ。
 身長以上に股下の長さが違う。頭骨が小さく、頭身が高い。

(どこまで行くんだろう……)

 学校を出てまだ五分ほど。しかしその早足ゆえに、思いのほか遠くまできてしまった。もうジュースを買いに出たとかいう距離ではない。
 さすがに梨太は不安になってきた。時間的には余裕があるが、いまはまだ体育祭の真っ最中。催事とはいえ、授業の一環である。あまり離れては補導されかねない。

 しかし鮫島の歩く姿に、サボタージュの後ろめたさなどみじんも見えない。

 やはり、不良なのだろうか。

 鮫島はとうとう、町の商店街まで到達。シャッター街を進み、またヒョイと細道のほうへ入っていく。
 梨太もその後へ飛び込んだ。

 さびれた商店街の裏路地は、なお薄暗く無気味であった。
 狭い空間で建物に囲まれ、不快な閉塞感に襲われる。

 梨太は少しの間、空を見上げていた。
 時間にして数秒か。視線を前方に戻したとき、そこに鮫島の背中はなかった。

「ああっ。やばっ、また見失った」

 一人ごちる。と――

「おい」

 声は後ろからかかった


 声の主は、梨太のすぐ後ろにいた。
 鮫島ではない。まったく知らない男だ。

 奇妙な衣装だった。……アオザイ、というのだろうか。どこかアジアの民族服に似たシルエット。白の貫頭衣を腰布でしばり、その下にはゆったりした長袖長ズボン。簡素な服に不釣り合いなほどイカついブーツ。季節はずれも甚だしいニット帽にサングラス。
 左耳に光る、翡翠色のピアス。

 上から下までちぐはぐな格好である。
 年齢は、梨太とそれほど変わらないように見えた。サングラスでわかりにくいが、せいぜい二十歳か――

 男が厚みのある唇をゆがめて言った。

「お前。いまあの人をつけていただろう」

 梨太はあわてて首を振る。

「あ、えっと。はい、あの、僕は」
「自分から接触してくるとはいい度胸だ。仲間と挟み撃ちにしたつもりか? おあいにくさま」

 梨太は眉を寄せた。

「……なんの話?」
「ラトキアの騎士をなめるのも、たいがいにしやがれってんだよっ!」

 男は叫びながら、右手をふりかぶった。握られているのは漆黒の――

(――刀っ!?)

「うわぁっ!」

 重い武器が空気を割く。梨太はとっさに身をかわしたが、男は即座に武器を翻し、今度は横薙ぎに疾らせた。のけぞった腹をかすり、体操服が剣圧でよじれる。

「すばしっこいじゃねえか」

 残忍な笑みを浮かべる男。梨太は改めて、自分の腹部と相手の武器を観察した。

 刀にしてはひどく短い。大ぶりの包丁、あるいはダガーナイフと呼ばれるものか。
 刃、ではない。柄から先端までおなじ、艶のない漆黒で、全く研がれてはいなかった。その証拠に、かすったはずの服に傷みはない。

 ゴムか木でできた、子供用のチャンバラおもちゃ――地面に転がっているのでも見つけたら、梨太はそう思っただろう。

 だが今、ぎらつく悪意を隠そうとせず向かってくる男の手にある武器に、なんら殺傷力がないとは思えなかった。

「ええとその――……どうも、すみませんでしたっ!」

 梨太は喚き、迷うことなく身を翻した。路地の奥へと全力で駆け抜ける。いきなり逃げ出され、襲撃者がオッと面白そうな声を上げる。

「団長っ! そっちに行きますよー!」

(団長?)

「了解」

 という声は、なぜか天から聞こえた。

 そして次の瞬間、梨太は地面にべちゃりと屈した。なんの痛みもなかったが、急に背中が重くなり身を起こせない。
 はいつくばったまま首をよじると、学ランの黒い裾が見える。

 そして背中に、鮫島がいた。


「鮫島くんのおっぱい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く