天才と平凡の魔道学園生活(マジックアカデミーライフ)

Monty

プロローグ

世界を闇に包み込んだ魔王を封印してから約5000年。
一時は、全人類合わせても100人にも満たなかったにも関わらず、今となっては約1000万人にも増えていた。
人々の暮らしが安定し、闇に対する恐怖も薄れつつあった。
そんな中、魔王の封印は少しずつ緩み、いつ復活してもおかしくない状況になっていたのだ。
魔王に対抗する手段は[魔法]ただ1つ。
全員が魔法を使える訳ではないが、多少なりとも使える者はいた。
そんな魔法を使える者たちの為に造られたのが、[魔道士育成専門学園]通称[魔道学園]だ。
その魔道学園の17期生として今日から入学することになったのが、俺、ラクト・ベルメスだ。
魔王軍をこの世から消し去り完璧な平和を作り上げる、
という夢を持つ俺は、この学園に入学することを目標とし、遂にその目標を達成することができたのだ。
校門にたどり着くまでに、今後の学校生活について考えながら歩いていると、ふとその異変に気付いた。
魔法が使える者特有の能力で、他者の魔力を大体知ることができる、というものがある。
その異変というのは、本能的に感じ取った魔力によるものだった。
直後、激しい光とともに物凄い爆風が押し寄せてきた。
そして、目の前に金髪の少女が現れたのだ。

「天才と平凡の魔道学園生活(マジックアカデミーライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く