天才と平凡の魔道学園生活(マジックアカデミーライフ)

Monty

魔法と少女

「ちょっと、君大丈夫?やっぱり気を失ってるのかなー私もまだまだ未熟か。」

そんな、問いかけと独り言が交じった、少女の声が聞こえて来た。
彼女曰く、どうやら俺は気絶したらしい。
多分、原因はさっきの爆風だ。
さすがにこのまま休んでいるわけにもいかないので、さっさと起きるとしますか。
目を開くと、顔をのぞかせている金髪の美少女がいた。

「わっ!じゃなくて、君、起きるの遅すぎ。あと10分で入学式始まっちゃうんですけど。」

俺がいきなり目を開けた事に、少し驚いたようだが、それよりも驚くべきことがあった。
あの光と爆風を受けたのが、学校に向かう坂の中腹辺りだったはず。
麓からここまで30分かけて歩いて来たから、全力で走って入学式に間に合うかどうか。
しかも、新入生は入学式の10分前には集まらないといけないから、遅刻は確定した。
とりあえず起きない事にはどうにもならないから、起きるとしますか。

「痛っ。」

「そんな身体なんだから、起きない方がいいよ。さっきの爆風に、風魔法も混ざってたみたいだから、全身傷だらけよ。」

「そうだったのか。道理で身体が思うように動かないのか。さて、どうしたものか。」

「ごめんね、私、水属性の魔法はあんまり得意じゃないの。とりあえず、浮遊魔法と加速魔法を使って、学園に向かいましょうか。」

浮遊魔法と加速魔法、どっちも聞いたことはあったが、実際に見るのは初めてだった。
そんなこんなで、彼女の準備が終わったらしい。

「じゃあまずは、あなたに浮遊魔法をかけるね。」

【フローリング】

そう短く唱えられた直後に、俺の体が浮いた。
まさに、浮遊魔法だった。

「バランス大丈夫?何か問題あったらすぐに言ってね、修正するから。」

「いや、特に問題は無いな。すまんな、俺なんかのためにマナを使ってもらって。」

マナというのは、魔法を使うための対価のようなもの。
マナの量には個人差があり、強力な魔法ほど使う量も増えてくる。
さらに、1日に使えるマナの量には限りがあるため、むやみやたらに魔法を使っていいものでは無い。

「いいよ、気にしなくて。浮遊魔法と加速魔法は.そこまでマナを使うわけでは無いし。」

そう言いながら、次の魔法の準備をする。
加速魔法は、自分の足の速さを速くする魔法だ。速さの調節は、使うマナの量で決まる。

【アクセラレーション】

そう唱えると同時に彼女は走り出した。

「うわっ、はやっ!」

想像していたよりも何倍を速く、坂を駆け上っていく。
この娘の足の速さはどのくらいかは知らないが、俺を浮遊させながら、これほどの速さで走るとなると、相当のマナが必要になるはずだ。
とんでもない量のマナを彼女が保有している事に驚いてる内に、いつの間にか校門の前まで来ていた。

「よし、着いた。とりあえず君を、保健室まで連れていかないとね。」

そう言いながら、校舎に入り進んでいく。
廊下で生徒とすれ違うたびに、彼女に対する驚きと、浮遊している俺に対する笑いが聞こえて来た。
そうこうしている内に、保健室に着いた。

「失礼します。ナイル先生はいらっしゃいますか?」

「はいはーい。私に何の用、エイゼちゃん。」

見た目20代後半ぐらいの女性が、椅子に座っていた。
雰囲気は軽そうだが、ナイルさんからは、とんでもない魔力が感じられた。

「あ、ごめんね放ったらかしにしちゃって。この人はナイル先生。この学園の保健室の先生で、物凄く水属性の魔法を使うのが上手いけど、他は全くダメな極端な人なんだ。」

「ちょっとー、エイゼちゃん。さすがにその説明はひどくない?さすがに私も傷つくよ。それで、その子は誰なの?」

「あ、俺はラクト・ベルメスと言います。今朝の爆発に巻き込まれて、今はこんな姿になっています。

「私の魔法が間に合わなくてこうなってしまいました。という事で、彼を治療してあげてください。」

「わかったわ。とりあえず彼をベットに移動してあげて。その間、治療の準備をしておくから。」

そんな事を言ったあと、ナイル先生は部屋の奥に行ってしまった。

「じゃあ、ベットに移すから。乱暴にはしないように努力するけど、痛かったらごめんね。」

彼女はゆっくりとマナを調節しながら、俺をベットに移していく。

「大丈夫?痛くなかった?」

俺の傷を気にしながら様子を伺ってくる。

「うん、大丈夫だ。ありがとな。それと、君の名前を教えてくれないか?」

俺の質問に対し、彼女はこう答えた。

「エイゼ・クラリス。私の名前はエイゼ・クラリス。よろしくね、ラクトくん。」

「こちらこそよろしく、エイゼ。」

俺が名前を呼ぶと、少し頬が赤くなったのがわかった。
その後、エイゼは入学式の会場となっている第1体育館に向かっていった。
エイゼが出て行って少しした後、ナイル先生が戻ってきた。

「あら?エイゼちゃん、もう行ったの?まあ、仕方ないか、代表挨拶あるし。じゃあ、ラクトくん、治療を始めるね。」

【ヒール】

ナイル先生は、少し残念そうにしながら俺の治療を始めた。

「天才と平凡の魔道学園生活(マジックアカデミーライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く