話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生しちゃった!なんか色々やりました!

タク刀

009 冒険者ギルド

今日は家庭教師の先生はお休みの日。
何をしようか考えていたんだが、ひとついいこと思いついた。

「冒険者ギルドに行こう!!」

「タク、いきなり大きな声出さないで」

「ごめんごめん」

「で、冒険者ギルドに行こうってどうしたの?」

最近、遥香は話すようになった。
前世?でのあれが相当きているらしい。

「あぁ、俺たちなら冒険者になっても充分通用するんじゃないか?とふと思ったんだよ!」

「でも、冒険者は12歳以上じゃないとダメなんじゃないの?」

「遥香さんよ、私を誰だと思ってるんですか!そんな問題は想定内!魔法を使うんだよ!」

「魔法?」

「そうそう、変化の魔法ってのを使うんだ。自分のなりたい姿を想像すれば半日は変化していられるだよ!」

「それはすごいね!早速行くの?」

「あぁ、イメージは前世の俺たちでいくか。顔バレないよな?」

「似てる人がいると思われるくらいだと思うよ?」

前世の姿に変身して家をこっそり抜け出した2人は冒険者ギルドに向かう。

「すげぇ、いかにも冒険者ギルドだな」

「私はよくわからないけど雰囲気はあるね」

扉を開けて1歩進むとそこには酒場があり入口の正面に受付があった。
飲んだくれてる冒険者の野郎共が騒いでいた。

1番左にとても美人な人の受付があったのでそこに向かった。

「あの!冒険者登録したいのですが!」

「あ、冒険者登録ですね?でしたらまずここに名前と職業の記入をお願いします」

俺と遥香は名前と職業に俺は魔法剣士、遥香は魔術師と書いた。

「タクさんは魔法剣士なのですね!?」

と、そこに大笑いしながら近づいてくる冒険者バカがいた。

「はん、魔法剣士なんざクズみたいな職業になるやつがいるとはな!おっ、隣の子可愛いじゃねーか。ちとお兄さんと遊ばねーか?」

そう言われ、遥香は怖がり俺の後ろへと隠れてしまった。

「おい、遥香に近づくなよおっさん」

「おいガキ、いいから渡せや!お前より俺の方がいいに決まってんだろ」

「おっさんアホなの?おっさんみたいなクズの相手なんて誰もしてくれないよ?」

「なんだと!あー、腹がったった!こうなったら決闘だ!」

「はぁ、負けたら大人しく引き下がってくださいね」

「お前が負けたらその子寄越しな!」

「じゃあ、あなたが負けたら奴隷落ちで」

こうして俺の初めての決闘が決まった。

「異世界に転生しちゃった!なんか色々やりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く