話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

24話<小話:しりとり>

放課後の静かな教室...
そこには練、灯里、姫虎の三人が座っていた...だが、やることがない...三人揃ってそう思っていた。
だが、練があることを言った。

「しりとりしようぜ!!」
いきなりの事に灯里と姫虎は練のほうを黙って見続ける...
その状況が5秒ぐらい続いて、その後に姫虎がこう言った。

「何いきなり...」
「だってぇ...それ以外やることなくね?」
灯里も練の案にのってくる。

「いいよ♪それやろう!!」
「姫虎はどうすんの?」
「うーん...まぁ、どのみち暇だしやろうかな?」
練は姫虎の言葉を聞くと両手を使ってパンっと音を鳴らしてこう言った。

「よし!!決まり!!じゃあやろうぜ!!!」
そして、なんとなくのしりとりが始まった。
そして、練からしりとりは始まった。

「んじゃ、最初はしりとりのりから!!」
次は灯里の番だ...

「り...りんご!!」
灯里は至って真面目だった、次は姫虎の番だった。

「ご...ゴールドボーry」
「ちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」
灯里は練の言葉に疑問を持ちこう言った。

「耀くん、なんで止めたの?」
姫虎は灯里の純粋な疑問に答える。

「いや、多分日本語訳すれば金たry」
「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
練は姫虎の発言を灯里に聞こえないように大声でかき消す。
もちろん、灯里は気になりもう一度姫虎に質問する。

「姫虎ちゃん金た...なんて?」
練は慌ててこう言った。

「金た、あぁ!!金太郎だよ!金太郎!」
「あぁ!!金太郎かぁ!!」
灯里は納得するが、姫虎は少し納得がいってないようだった。

「まぁまぁ!!とりあえず続けようぜ!」
しかし、練は気にせずしりとりを続ける。

「んじゃ!次はろかぁ...ろうそく!!」
「次は私かぁ...く、くま!!」
次はなんか危ない姫虎の番だ...

「ま...ま〇子」
「それもダメだろォォォォ!!!!」
姫虎は著作権というのを知らないのか、尽くと某有名日曜日にやってそうなアニメの主人公の名前を言う、それに反応した練は姫虎にツッコんだ。
姫虎は練の大声に驚き練に対してこういった。

「なによ、大声だしてま〇子がダメならま〇男か?」
「性別変えれば済む問題じゃないのぉ!!」
「分かった...じゃあまんry」
「はい!!もう終わりィィ!!!!」
練のその言葉でしりとりは勝敗もなく終わった。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く