話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

23話<小話:あの存在消えた人物は今...>

練と灯里は職員室から教室に戻るための廊下を通る。
思ったよりシュールである...
だが、灯里はこんなことを思っていた。

(あぁ//耀くんと二人きり!!しかもこんな雰囲気のいい廊下なんて!!これっていい機会じゃない?え?これって...あぁぁぁぁぁ////)
明里が顔を赤くしているところを練は気にする。

「お?どうした灯ry」
次の瞬間、練の頬に誰かの拳が当たった。
ドガァァァン!!!!!

「えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
明里は突然のことに驚く。
コンクリートの粉煙が舞う中どこか聞いたことのあるような声が聞こえた。

「お前...まさか俺のこと忘れたんじゃないだろぉなぁ...不意打ちに失敗して漫画が2巻で終わる打ち切り漫画みたいにバンバンバンバン新しい技使われて...お前結局あの後あの技使わなかっただry」
皇帝の刃エンペラー・エッジ!!!!」
「ぐはぁ!!!!!!!」
次の瞬間、謎の人物の溝を真空波のようなものが貫いた...
その勢いで謎の人物は廊下の壁に直撃した。
そして練はこう言いながら体勢を立て直す。

「知らねぇよ!!いい加減にしろよ、剛力 力ごうりき ちから!!」
「誰?」
灯里の脳内にはハテナの文字が数個浮かぶ、そう、灯里は力には会っていないのだ。
灯里の言葉に反応した力は怒り気味にこう言う。

「うるせぇ!!確かに一瞬で出番終わったけど!!それはないだry」
「知らねぇよ!!原作者もお前をモブとしか思ってねぇよ!!だいたい名前が1文字なんて文章で続けて書くとわかりずらいんだry」
「それを言ったらお前は苗字と名前を合わせても2文字じゃねぇか!!!!ペンパイナッ〇ーアッ〇ーペンじゃねぇか!!!!」
「どこからペンパイナッ〇ーアッ〇ーペンでてきたんだよ!!!!ていうかそういうことは原作者に文句言えよ!!!!ていうかさっきからセリフばっかで読み手も読みずれぇんだよぉ!!!!」
「それはお前が言えたことじゃねぇだろ!」
(もう何言ってるか分からない...)
灯里は流石に呆れていた...
この後、この話が2時間ぐらい続いた...
灯里はその話を聞いてる最中に現実逃避のようにあることを思い出した。

(そういえば力さんのような人...後二人いた気が...)
その時、その誰かがくしゃみをした...気がした...

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く