異世界ファイター ~最強格闘技で異世界を突き進むだけの話~

チョーカー

現れたのは異世界最強種 ドラゴン


 「襲ってこなくなりましたね」とスイカ。
 「あぁ、少し倒しすぎたかもしてない」と明。

 30~40体ほど倒すとワイバーン達は攻撃を止めた。
 空を見上げれば、こちらを警戒するように上空で旋回してる。
 時たま威圧するような鳴き声を上げるが、攻撃は仕掛けてこない。

 「これ、倒せないと依頼成功にならないのか?」
 「そうですね。いつものセッツリュウ○○みたいな感じで倒せないのですか?」

 スイカは意外そうな顔をした。

 「いや、いくらなんでも遠すぎる」

 確かに、摂津流には『虚無』と言われる遠距離系の攻撃がある。
 しかし、それらは使用条件が限られていて、今のコンディションでは使用ができない。
 どうしたものか……暫く2人で佇んでいた。

 「そう言えば、ワイバーン対策の用意をしていたんじゃないか?」

 「はっ! そうでした!」とスイカは雑嚢袋ざつのうぶくろをゴソゴソと探り始める。
 取り出したのは短剣だった。

 「その短剣でどうするんだ?」

 明の質問にスイカはニヤッと笑みを浮かべた。

 「実は、これ炎の魔剣なのです」

 昨日、4億ギルという予想外の臨時収入。冒険の必要経費としてなら、いくら使ってもかまわないと言われ、スイカが購入したが魔剣だった。 それも数本。
 魔力が失われたとしてもスイカは『天才魔法使い』と言われた少女だ。
 魔剣という形で、魔力そのものを別の場所から引っ張り出せば、高威力の魔法も使用可能になるのだ。
 もちろん、強烈な武器だからこそのデメリットも存在する。 具体的には値段と維持費だ。 

 「それでは放ちます!」

 スイカは空に向けて魔剣を振るう。 それと同時に業火が発射された。
 不意を突かれたワイバーンの何体かは直撃。 直撃を逃れたものの羽や体の一部にダメージを受けたワイバーンたちが落下していく。
 「へぇ、これは凄い!」と明も興味津々で、その様子を眺めていた。
 やがて、空からワイバーンの姿が消えた。

 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 「これで、周囲のワイバーンは倒せましたね」

 依頼者が言ってた崖までたどり着いた。後はワイバーンの幼体が異常発生した理由を解明する必要があるが……

 「……」
 「どうかしましたか? アキラさま?」

 明は返事を返さない。
 この時、明が感知したものは未知の感覚。
 殺気や敵意や悪意と超え、伝播してくる何者かの感情は――――

 「巨大だ。感情が大き過ぎて、何に由来している感情なのか分析ができない」

 明がそう言うと――――

 『人間ごときが我が心情を読み取ろうとする愚考。見過ごせないないな』

 それは言葉ではなかった。何かの意思が脳に叩きつけられたような錯覚。
 そして――――地鳴り。
 何か、巨大な存在が出現する前兆だけを刻み――――

 それは現れた。

 「そんな……どうして、こんな所に……」とスイカの言葉には絶望への響きがあった。
 そのまま、彼女は膝から地面に崩れ落ち、自分の自分の体を抱きしめるように震えた。
 そして、彼女はこう続けるのだ。

 「どうして、どうして……こんな所にドラゴンが!?」

 そう、それはドラゴンだった。

 全身を覆う赤き鱗は鋼鉄以上の硬度を誇る。
 見上げるほどの巨体から発せられる魔力は、雄弁に強さを語りかけてくる。

 人を凌駕する英知。 膨大な魔力。 巨大で強固な肉体。

 この世界で最強と言われる幻想種。それがドラゴンだ。

 スイカが動揺するのも当然だ。
 人里から、そう離れてない場所にドラゴンが出現して、今の今まで誰も気づかない不自然さ。
 それは、召喚士のスイカだからこそ、わかった。

 「そんな……まさか……誰かが、召喚したの? 一体、なんのために?」

 その言葉にドラゴンは反応した。まるで面白そうな玩具を見つけたように表情で――――

 『小娘、貴様は召喚士か? 面白い。我を倒して召喚獣として降伏させてみるか?』 

 それだけの言葉でスイカは全身が震えて動けなくなる。
 ――――否。それだけではない。 まるで魂が掴ませたかのように意識が薄れている。

 (誰か、誰か助けて!)

 声を出すことすら叶わず、ついに倒れていくスイカ。
 しかし、彼女を支える人間がいた。

 「あ、アキラさま……」

 そう明だ。

 「よくわからないが、ここらでワイバーンが大量発生した原因ってお前か?」

 彼は、最強の存在を前にしても動じない。
 なぜなら、彼は――――

 過去に様々な『最強』と呼ばれる存在に挑み勝利してきた男なのだから――――

 

「異世界ファイター ~最強格闘技で異世界を突き進むだけの話~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く