右目を無くした少年の恋のお話

Akisan

体育祭当日

「宣誓!我々、選手一同は───」
次の日、朝からいきなり京極が家に来て
学校へと連れていかれた

『それでは開会式を終わります』
司会者のその声で辺りがざわつく

そして、龍斗は己の心にある思いを吐き出す
「真剣に帰りたい──」
死んだ魚のような目をしてそう言った
「ここまで来たんだ、諦めろよ」
京極がそう言うが
「お前のせいだァァァァァ!」
「落ち着けって!首を狙うな!」

─プログラム0番─
≪鬼ごっこ≫



「もう、運動したくない」
「何か凄い既視感があるんだが…」
走り回って疲れ果てた京極と龍斗が
ベンチに座っていると

「その時とは気迫と立場が違うけどね」
と、名代が言った

「あ?あんときか」
京極はわかったようだが
俺には何の話か分からない

「その時にお前に会ったか?」
龍斗がそう聞くと
「ホントに人の事を覚えないね~」
ため息混じりに名代がそう言った

「あんたが京極から逃げてるときに
放課後空いてるか聞いたでしょ?覚えてない?」
名代が言うが
「すまん、全く覚えてない」
記憶にございません

「まぁまぁ、とりあえず、今日は頑張ろう!」
「終わったら皆で何か食いに行くか」
「あ、いや俺はパ──」
「それ良いね!じゃあ、焼き肉行こう!」

──あぁ、さらば放課後、休息の時間よ──

「右目を無くした少年の恋のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • キズミ ズミ

    鬼ごっこ・・・。鬼ごっこ!?

    0
コメントを書く