右目を無くした少年の恋のお話

Akisan

実行

京極に頼まれ例の女子へと向かい

「話があるんだ、今日の放課後校舎裏に来てくれ」
と、言うと
「えっ、あっ、あの─」
アイツは何か言いたげにしながら
顔を真っ赤にした
回りもざわついている

──そうか、確かに誤解があったな

「大事な用事があるから校舎裏に来てくれ」 
よし、これで完璧だ
「────!?」
辺りがどっと五月蝿くなった

席に戻ると
「お前、それは無ぇわ」
と、京極が囁いてきた




そして、放課後
「さて、帰るか」

準備を終えて、いざ帰ろうとした時

「あ、あの!」
と、知らない女子が話しかけてきた

「何?用事があるから帰りたいんだけど」
特に用事はないが早く帰りたかったから
適当に言った
「───っ!で、ですよね!」
そう言ってその女子は小走りで走り去っていった



次の日、アイツは朝俺にまとわりつく事は無かった
京極は目を真っ赤にしてきた

「よう、咲宮」
「おう」
「一発、殴らせろ」
「断る」
朝から声をかけられたと思ったら

「お前のせいだぁぁぁぁぁぁ!」
そう言って胸ぐらをつかみ前後に揺らしてくる

「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
その手を振り切り走って逃げ出す

「ちょっと待てぇぇぇぇぇぇ!」
「断る!」

朝から学校走るって何なんだよ…


「右目を無くした少年の恋のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く