右目を無くした少年の恋のお話

Akisan

邂逅

「咲宮くんだよね?」

──え?

「やっぱりそうだ!学校と雰囲気とか全然ちがうから
一瞬わかんなかったよ!」
──学校?いや、待て待てそれ以前に
「あの…誰ですか?」
と、言うと驚いたように
「え、えぇ!あんなに話したのに!?」
──いや、学校で俺が話したことがある人…いない
会話した記憶は…
「あぁ!委員長!」
指を指しながら大声をあげてしまう
「えぇ!なにそれ!?」
一拍間を置いて

「学校と全然雰囲気違うね」
と、笑いかけてくる
「人違いだと思います
急いでいるので失礼します」
「絶対人違いじゃ無いよね!?
さっき委員長とか言ってたもんね!?」

早々と帰ろうとすると
「んだぁ?お前さんいつも買いもしないのに
来ちゃ二時間ぐらいペラペラと喋るじゃねぇか
そんな奴が急いでるときに来るかってんだ」
店主のおじさんがいつの間にか来て
笑いながら口を挟む

──クソッ!余計なことを!
──引っ込んどけクソジジイ!

「あ、あの、もし邪魔だったら良いよ
私、奥にいるから…!」
と、気を利かせて奥へ入ろうとする
少女へ手を置き
「可愛い孫を邪魔だと言うやつなんか
店から追い出しちまえ、なぁ春斗?」
睨みを利かせた相貌が俺を見据える
──ん?孫?このおじさんのか?
──なるほど孫か、まぁ

「あぁ、邪魔だから引っ込んでくれ」
「なぁ?ほら見ろお前が奥にいく必要は─はぁ!?」
おじさんがカウンターの奥から身を乗り出して驚く
「てめぇ!うちの孫が邪魔だと!?もういっぺん
言ってみろ!追い出してやる!」
「あぁ、おじいちゃん、そんなに動いたら」
ペキッと、音をたてておじさんの腰から嫌な音が
聞こえたと思ったら
「おー、痛てて春斗、肩を貸せ」
「おじいちゃん!?大丈夫!?」

──学校疲れたから落ち着きに来たのに
──落ち着けねぇし、クラスのやついて疲れるし


「はぁ、草原行きてぇ」

「右目を無くした少年の恋のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー174141

    続きがきになる…
    待ってます…

    4
  • キズミ ズミ

    淡々とした日常からどうなっていくのかがとても興味深いです!

    楽しみにしてるので更新待ってます!

    3
コメントを書く