右目を無くした少年の恋のお話

Akisan

男子高校生の放課後

部屋に鳴り響く電子音に起こされて
一日が始まる 

制服に着替えて一階へ降りる
「おはよう!」
いつもと変わらない情景
とても幸せな気分になる

「おはよう」
言葉少なに朝御飯を食べ
学校へ向かう

そして、あの桜の木の前に再び立つ
「本っ当に綺麗だよなぁ
花が散るのが勿体ないな」
小さな声で呟く、昨日も桜の雨を降らせていたのに
花が無くならず、風に揺れ変わらず
桜を降らせている

「さて、行くか」
学校へ向けて足を進める

そして、学校について始業まで本を読む
「今日は何を読んでるの?」
またかぁ…昨日もそうだけど
妙に話しかけてくるなぁ…

「昨日と変わらない本だよ」
そっけなく答える
「そっか~どういう本なの?」
食いついてくるのかよ…
俺ならこんなやつ話そうともしないんだけどな
「世界が終わる10日間の話だよ」
ため息混じりに言うと
「へぇ~!面白そうな本だね!」
と、明るい声で返事をした

「じゃあ、ドロンするから
ゆっくり読書を楽しんでね」
と、付け加えるように言って立ち去っていき
教室から出ていった
(変な人だな)
そう思いつつ本を読み進める


午前中に学校が終わり
帰り道、少し駅まで行き本屋に寄ろうと思ったため
いつもとはちがう道を歩いていた

商店街を抜けて古本屋へと入る

「おっちゃん!いる~?」
学校とは比べ物にならない元気な声で
店の店主を呼ぶと
「すいません!今、腰を悪くしてて……ってあれ?」
店に見たことない女の子がいた
「あ、そうですか、すいません」
踵を返し帰ろうとすると

「咲宮くんだよね?」

──え?

「右目を無くした少年の恋のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く