右目を無くした少年の恋のお話

Akisan

男子高校生の日常(家)

学校から出て家路を歩いていると
また、あの桜の前に来た

「やっぱり綺麗だよな」
その荘厳さは今まで見てきた何よりも
美しかった
この木が樹齢何年かは知らないが
数多の戦争を乗り越えてきたような
貫禄に近いものを感じさせる

写真を撮ることも考えたが
撮るとこの美しさが
廃れてしまうのではと思うと撮る気にならなかった

「ただいま」
返事が無いため親は出掛けているようだ
階段を登り部屋に入る
そして、自分のパソコンを開き
メールを確認する

「今日も0通か、望んだ事とは言え
やっぱり友達いねぇなぁ俺」
─別に寂しいわけではない
─居たら居たでめんどくさいだけだ
そう、自分に信じこませ
ベッドへダイブする
「気持ちぃ~」
学校では、暗いキャラクターでいるだけで
家では普通の男子高校生だ

ベッドに転がったまま近くにあった漫画をとる
最近はまった本で、近々アニメ化するらしい
その前に読んで通だと思われたいので
読み始めた



暫くすると母親が帰ってきたため
昼御飯を食べ、また本を読む
そして、一日が終わった

「右目を無くした少年の恋のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く