右目を無くした少年の恋のお話

Akisan

拒絶と虚勢

クラスへ向けての自己紹介が終わり

指定の時間まで教室待機という事で
再び本を読み始める
あそこまで必要最低限の事しか
言わなければ
こんな地味なやつに絡むようなやつも
居ないだろう
一人に慣れている俺にとっては好都合だ

「ねぇ、なに読んでるの?」
不意に話しかけられ声の方を見る
そこには女子がいた
(あーあ、たまにいる委員長系ね
結構、嫌なんだけど相手は気づかないんだよな)
「特に何てこと無い小説だよ」
心で思った事と口に出す言葉を違わせる
これが『本音と建前』である
「ふーん、誰の本?」
俺の言葉に適当に反応し
己の疑問をぶつけてくる
「さあ?掠れちゃって読めないけど」
家で見つけたとても古い本なので
作者は愚か題名すら読めない
「古い本なんだね!じゃあ──」

そろそろ潮時かな
「もう、良いかな?続きが気になるんだけど」
相手を傷つけないように尚且つ
話が終わるような言葉を選ぶ
実際にはこの本は何度も読んでいるため
内容だけでなく台詞まで完璧に覚えている

「あ、うん、ごめんね一年間よろしくね」
そう言って踵を返し立ち去っていく女子
俺はだいぶ嫌なやつに思われたかも知れないが
そもそも、二度と話さないだろうから
まぁ、問題ない

こうして、俺の読書時間を死守できたのだから
むしろ正解だろう

やがて、時間になり
帰って良いことになったため
荷物をまとめ、誰よりも先に教室から出て
帰路についたのだった

「右目を無くした少年の恋のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く