話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界の貿易人

ゼルディーニ・O・J

第4話

視界が白い……
前にもあったこの光景……
この世界に初めて来る時……
俺がまだ人間的人格を持っていた時……
もう自分でも何が何だか分からない。
また同じように異世界に召喚されるのか、それとも天国か地獄に行くのか……
だが俺の目に映ったものは髪の長い女とあたりに広がる黒のような白または白のような黒色の床や壁だった。
 
女「あなたは死にました」
 
晴斗「知っている。俺に何をするつもりだ?」
 
女「私はあなたの言葉でいう女神です。名はサフィナ、この世界の管理者です。」
 
晴斗「そんなお偉いさんがどうして俺に?」
 
サフィナ「あら?驚かないのですね。」
 
晴斗「いいから話を進めてくれる?」
 
そしてサフィナという女神は呆れたようなため息をつき話し始めた。
 
サフィナ「先程も言った通りあなたは死にました。そしてあなたのような異世界人、そして不運な一生を遂げ自殺した者はこの場所、神界の約束事で2度目の人生を受ける権利が与えられます。」
 
晴斗「つまりは、生き返ってもう一度この世界で生活しろと?」
 
サフィナ「ま~簡単に言うとそういう事ですね。」
 
晴斗「何か特典とかあるの?」
 
サフィナ「まーできない事もないですが2個が限界ですね」
 
晴斗「じゃあ戦闘の才能と天才的な頭脳をくれ」
 
サフィナ「わかりました。それと自動で受けられる特典もありますので転生したらステータスオープンと唱えて下さい。」
 
晴斗「はい、わかりました。」
 
こうして俺は2度目の人生を歩み始めた



________________________


あの……次からタイトル回収していきます……
あと補足しておくと主人公の晴斗くんはこの世界の常識、及び当たり前の事を知りません。
何故か?教わる前に奴隷になったから( ˙-˙ )
はい!てことで次回はなるべく早く投稿します!!

「異世界の貿易人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く