異世界の貿易人

ゼルディーニ・O・J

第2話

俺は手を上げ前に出た。

リロン「貴様は城から出ていく事を希望するのか?」
 
晴斗「はい。自分は城から出ていく事を望みます。」
正直この選択をして生きて行いける可能性は少ないだろう。だが確実に死ぬような人生を送るよりマシだろう。
 
リロン「よし!兵士よこの者を外へ!」
兵士「ハッ!」
 
 兵士達は俺の腕を掴み立たせると引っ張るようにして俺を歩かせた。
 
数分ほど歩いた正直この城は物凄く広い何度か同じに所を歩かされてるのではないか?と思ったのだがそんな事はなかった。だがおかしい何故か俺たちは階段を降りる事しかしない。そして今は窓すらない。恐らく地下なのだろう。そして俺は察した恐らく俺はこの城から出ることはできない。正解の選択は1つしかなかったようだった。
 そしてやはり俺の思っていた事が的中した。
 
兵士「地下牢だ。恐らく察していただろうがお前には奴隷になってもらう。……すまない……」

晴斗「はい。察していました。大丈夫ですよ。あなたは悪くありません。」
 
精一杯の笑顔を兵士に振りまいた。
自分が1番余裕がないくせに強がったのだ。
だが今世最後の笑顔が人に向けたもので良かった。それだけは心の底から思った。


________________________


主人公が喋ってくれました!おめでとう!888!
いや…あの……まじですみませんm(_ _)m
いや!でもね自分も頑張ったんですよ?!小説とか初めて書いてますからね?!

もっと精進します。これからもよろしくです!
 
 

「異世界の貿易人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く