僕と彼女の物語

りゅう

訪問







「ふうかちゃん今日も部活こないね、ゆずちゃん、ふうかちゃんどうしたの?」

ここみ先輩がゆずに尋ねる。
横では僕とはるかが気まずそうな感じで立っていた。

「えーと、ふうかちゃん今、失恋しちゃってて、とても部活って感じじゃないんですよ」

「そうなんだ、残念だね。それにしてもふうかちゃんを振るなんて信じられないな、相手の顔が見てみたい」

すみません、僕です。僕の横ではるかが必死に笑いを堪えていた。




部活が終わり僕はゆずに話しかける。

「ねえ、ふうかの調子はどうなの?」

「それが、ふうかちゃん私にもあまり話してくれなくて」

「そっか…」

僕の思いはふうかへの申し訳なさで一杯だった。

「今からふうかちゃんの家に行くんだけどしゅう君もくる?」

ゆずが僕に言う。僕は流石に女子の家に突然押しかけるのはどうかと思ったが、今のままではいけないと思ったので行くことにした。

「一緒に行かせてください」

「わかった。じゃあ着替えて校門の前に集合ね」

そういいゆずは着替えるために部室に入っていった。
僕も部室で着替える。



着替えを終え、僕は校門に向かった。

「あっ、やっときた」

「あれ?はるかも一緒に行くの?」

「うん。ふうかちゃんのこと気になるし」

「じゃあ行きましょうか」

ゆずがそう言い歩き出す。僕とはるかもゆずについて行く。

「でかっ」

僕の前に聳え立つ屋敷を見てつい呟いてしまった。










「僕と彼女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く