僕と彼女の物語

りゅう

やめて…






「「「「ちょっと待ってどういうこと?」」」」

突如母親に身に覚えのないことを言われた4人は母親に尋ねる。

「はるかがしゅう君とデートしてるのを見たって山田さんが…」

「りゅうがちなみちゃんとデートしてるのを見たって山田さんが…」

「しゅうがはるかちゃんとデートしてるのを見たって山田さんが…」

「ちなみがりゅう君とデートしてるのを見たって山田さんが…」

「「「「誤解だよ!」」」」

デマを広めるなよ山田!4人は心の中で山田さんにクレームを言う。
とりあえず母親達に事情を説明し納得してもらう。

4人の中で誤解が生じるといけないので4人は4人のトークグループを作り事態は解決した。

『それにしても山田さんがなんとかならないかな…』

グループのトークでちなみちゃんが呟く。
残りの3人も完全に同意だ。

『りんちゃんに頼んでみる?』

私がちなみちゃんの意見にそう返事をする。

『そうか、りんさんに頼めばいいのか。はるかちゃんお願いできる?』

りゅうくんに頼まれた私はりんちゃんに連絡する。

『りんちゃんお願いがあるんだけど』

私はりんちゃんに事情を説明し、お母さんに変な噂を広めるのをやめるように言ってもらう。

『ごめん、さっき私、お母さんに言ったけど聞いてくれなかった。娘のことまでネタにするような人だから…』

どうやらりんちゃんはまだ付き合ってないのに付き合っているという噂を広められたらしい。

山田さんを止めるのは無理そうだな…






「僕と彼女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く