僕と彼女の物語

りゅう

結末






そして、卒業式の日、私はなんかおかしな気持ちだった。

「りく君あれから1回も来ないな…」

卒業式の前日とその前の日、私がりく君が教室に来るのを少しだけ待っていたが、りく君は来なかった。

「りく君諦めてくれたのかな?」

前までなら諦めてくれたら嬉しかったが今はなんかわからない、複雑な気持ちだ…






卒業式が終わり私は学校の前で友達と話していた。

しばらくして学校からりく君が出てきた。
私と目があったがりく君は私から目を逸らして去って行った….

「ちょっとごめん、また連絡するね」

私は友達にそう言い、りく君を追いかけた。




「りく君、待って!」

数分間走ってようやく追いついた。

「りんさん?どうしたの?」

りく君が驚いたような顔をして振り返る。

「りく君、最近来ないから何かあったのかなって思って…」

「りんさんも迷惑だったでしょ…毎日好きでもない人に告白されて…」

「うん、迷惑だったと思う…だけど…りく君が来なくなってからなんか、寂しい感じだったの…」

私はりく君に今の思いを伝える。

「ごめんね…変なこと言って…」

「りんさん…俺、りんさんのことが好きなんだ。付き合ってください」

「え?」

突然の告白に驚く。

「ごめんなさい。今は付き合えない、まずは友達から始めよう。私の気持ちもちゃんとはっきりさせるから」

「わかった」

桜舞う道中で私はりく君の告白を再び断った。
次は私から告白しようと心に誓って…











「僕と彼女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く