魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強

ガイル

学園1位なんて俺の眼中に無い

俺はこの学年1位のやつを倒したおかげで順位が2000位になった。しかし俺はそんなことはどうでも良かった。それよりも相手が雷光で倒れたのがどうしたらいいか迷っていた。雷光の上にサンダーボルトその上にライトニングとなっている。だから俺は雷光では倒れないだろ、そう思って小手調べで撃ったら倒れてしまった。その時の俺は自重しようと決めた。

「はぁ、まさか雷光で倒れるとは他の魔法も規格外だから、相手を見極めて使わないとまじで相手しぬ。」

「なに独りで喋ってるのよカイド。」

「うわぁ、なんだエリキルか、いやまさか首席があんな攻撃で倒れるとは思っても無くて。それより俺呼び捨てになったんだね。」

「だって呼びやすいし、なんか夫婦みたいでいいかなーって。」

「毎回思うんだけど、エリキルなんか時々声小さいよね。それよりなんて言ったの?」
いや待てよ俺これ何回もやって俺これで叩かれまくらてね?そうだ。ここはキレイにかわしてやろう。

「うぉぇ」

俺は気を失っていた。あとから聞いた話によるとなんと顔面を警戒しまくっていた俺だが、なんと今回やられたのは腹パンでした。それもかなりの強さ、俺を吹っ飛ばすぐらいの。やばい俺女の子恐怖症になるよ。

そしてその腹パンのせいで本当は骨が折れてました。しかし魔法のおかげで一瞬で治りました。魔法より恐ろしいものは、女の子を怒らせることだと俺は何年も生きてラノベの言っていることは正しいのだと知ったのだった。



今回まじで短いです。許してください。もうひと作品今日投稿するので、何故遅れたのに、あやまらないかって?それはみんな毎回そう謝ってるけどどうせやらないじゃんっておもってるんだろ。だから俺はあやまらない。












今回も遅れてまことに申し訳ございませんでした。

「魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • リューズ

    完全にパクリだね

    0
  • ノベルバユーザー232154

    全般に言える事ですが、
    、や。が適切に付けられてなく、文章が区切れていない所が、切無いほどあります。読みにくいです。至極残念で、勿体無いです。

    0
  • ノベルバユーザー211901

    この作品はTwitter連繋で書いていたのですが、残念なことにTwitterが消えてしまったのでもう書けません。ですので、フォローしてくださったかたはなろう小説でもまた書き始めるので、
    そちらで読んで頂けると大変うれしいです。

    0
コメントを書く