魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強

ガイル

俺の規格外差を知る時

何故だー俺がエリキルと許嫁だという噂が学園中に広まっていた。俺はエリキルと許嫁になった記憶なんてこれぽっちもないのに、確かにエリキルはかわいいよ。しかしね、俺がそんなエリキルと釣り合うと思っているのか?答えはNOだなそれにエリキルには他に絶対いい人がいるから俺じゃないだろ。だからこれからは、俺とエリキルが許嫁だと言う人がいたら全力で否定しよう。多分エリキルもエルフに強い魔術師が欲しいということで、俺を取り入れようとしているに違いない。

この時の俺は知らなかった。エリキルが他の人から強制的に許嫁になれと言われたのではなく、カイドのことを本気で愛していたことを。

「なぁエリキル俺がお前の許嫁ってどういうことなんだ?」

「カイドさん私はあなたの許嫁になると決まったのです。これは決定事項なのですよ。」

「俺はお前はキレイだと思う。だから俺みたいなやつじゃ全く釣り合っていないだから、他の人と付き合った方がお前のためだと俺は思う。」

「キレイだなんて、それよりカイドさんが私に釣り合わないなんて、そんなことありません。カイドさんは私の母をエルフですら直せなかった病を直したのに、何故そんなに自分に自信が持てないのですか?」

エリキルの言っていることは確かに分かる。しかし俺の使っているのは、魔術ではない。だからエリキルと結婚して子供が出来たとき、その子はどうなるのかが不安なんだよ。それに俺は俺を捨てた親に復讐するのだ。その親は以外に権力があり、子供も俺のあとに2人出来たと聞いた。そんな復讐するやつとなんてつりあっているはずがない。だから俺はエリキルとは、距離をとることを決めたカイドだった。

それから数日がたちエリキルは学園の用意したところに行った。俺も本当は一緒にいて楽しいと思っていた、しかし俺といたらエリキルは他のいい人と出会えなくなってしまう。そう思った俺はエリキルに君が出ていかないなら俺が出ていくと言った。エリキルは俺がお金を少ししかもっていないことをしっている。だからエリキルが出ていってくれると、俺はしっていた。そして俺は自分をせめはじめる。俺はなんて最低なやつなんだ。俺がお金が無いのをしっている人に、お前が出ていかないなら俺が出ていくなんて。そんな事言われたら、出ていくに決まっている。しかしエリキルには幸せになってほしい。だから俺と一緒にいてはダメなのだ。

数日の間にエリキルと学園で喋ったのは1回。俺は他の人と仲良くなっていた。

そして今日から決闘をしてもいいと報告された。前まではそのルールなどを知らないため、決闘は禁止となっていた。そして俺は、1年のSランクの首席に決闘を申し込まれた。そして今はじまろうとしている。

首席のやつが「君がエリキルの許嫁のようだね。もし僕が勝ったらエリキルをくれないかい?」

俺はこんなやつに、エリキルは幸せに出来ないと、思ったので全力で叩き潰すことを決めた。

「いいでしょう。俺がもし負けたらエリキルとの許嫁を破棄します。」そう俺は言った。

「男に二言は無いからね。」

そして審判がそれでは「試合始め」という声を発した。

その瞬間俺は雷光の魔法を放った。そしてその攻撃で首席やろうは倒れた。俺は驚いていた、なぜなら雷光とはそこまで強くない魔法だからである。そして俺は魔法の規格外差を知ったのだった。



まじで投稿遅れてすいません。他の作品読むのに没頭していたり、ゲームのイベントが重なってしまい、忙しかったのです。まぁ読者からしたらそれは頑張ればかけたのでは?と言われるでしょう。しかしゲームのイベントを逃したら後悔で面白いものは書けないのです。明日も投稿するので今回は許してください。

「魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • unknown@がんばらない

    自分のペースで頑張ってください。
    イベント大切、リアルが大切なのですから。
    これからも頑張ってください。更新楽しみにしてます

    2
コメントを書く