話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強

ガイル

自己紹介から嫉妬確定

入学式が終わって俺は自分のAクラスに行こうとしていたら、突然後ろから呼び止められた。

「なんでさきにいくのよ。同じクラスなんだから一緒に行ってもいいでしょう。それとも私みたいなのではだめなの?」

いや待て俺エリキルが何故同じクラスなのか分かるか俺の思考よ。えっ分からないだと、だってエルフってSランク教室に行くはずなのに同じクラスだと言っている意味が分からない。それに行く時無視されていたのに。

「あのーなんでエルフのエリキルが俺と同じAランクなのか教えて頂いてもよろしいですか?」
何故俺がこんな丁寧な口調かと言うと今朝叩かれたのが皆が思っている5倍はいたいから。殴られたくない一心だけど理由も聞きたいだから怒られないように丁寧な言葉を使っている。

「そんなのカイドと一緒にいたいから学園長にAクラスじゃないと入らないって脅したからよ。」

「声がたまに小さくて聞こえない。もう1回言って。」

「やっぱりカイドのバカー」

ペシえっなんで今日俺2回も叩かれなきゃ行けないの。かなり痛いそれも叩いた方同じ。もう1回俺が変な事言ったか考えてもやっぱり思いつかないので、一応謝っておいたけどなんか理不尽だと思ったカイドだった。

教室にエリキルと二人で入ると、他に数名の人が先にクラスにいたがクラスの連中はテンパっている。それで俺がなんでそんなテンパってんの?って聞いたらエルフで魔術の天才と言われている子が今年入って来るって聞いていたのに何故かAクラスにいるから焦っていたらしい。

そんなことを聞いている間に先生が来たのでみんな一斉に座った。

「今日からこのクラスの担任のヤグラです。今年のAにはエルフの中でもかなりの魔術適正を持った方がいるので困ったことがあったらその人か私に聞いてくれ。それでは端っこから自己紹介をしてくれ。」

そして端っこから自己紹介が始まってエリキルの方が先だったのでエリキルの自己紹介を聞いていた。

「私の名前はエリキル。魔法適正1万2000、Sランクだったのだが、私にはSランクに嫌いな人がいたのでAランクになったそれにAランクには私の許嫁もいるから安心しているのよ。」
それを聞いた男子「うおー誰だよエリキル様の許嫁とこいうやつ今すぐ出てこいやー。」エリキルはかなりの美少女なのでこうなるとは思っていたが誰が許嫁なんだろーとカイドは思っていたので、

「なぁエリキル許嫁って誰?」
って聞いたら顔を赤めて

「カイドさんそんなみんなの前だから照れなくても、えへへ私たち許嫁なんだからね。」

「ん?なんて言った俺が許嫁だと。」

「そうよあなたが私の許嫁よ。」

「えっ。」

それを聞いていた男子全員から睨まれた、そして俺の自己紹介は男子に全員睨まれながらやるという最低の自己紹介だった。



ふぅーあぶない今日も投稿出来た。1週間頑張って投稿します。これからも頑張っていきますので応援お願いします。

「魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く