魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強

ガイル

学園生活そして目標

入学式当日俺の部屋のベットで起きたら俺の横にエリキルが寝ていた。俺よ考えろ俺はこんな美少女を連れてきて寝るような最低野郎だったのか、いやしかしそんなあんなことやこんなことした記憶は俺には一切ない。こんな大事なことを忘れるようなやつだったかおれ。うーん分からない。よしここは本人に聞くしかないな。

「なぁ、エリキル起きてくれ」「うーなに?」

「なんで俺の横でねているんだ?」

「えっ、そんなの当然じゃないこれから私ここに住むんだから?あれもしかして言ってなかったけ?村出ていく時に言ったよね?」

「えっ?」
俺の思考回路が止まる。そんなだってエルフって学園から寮が与えられるはずなのでは?

「エルフって寮を学園から与えられるよね?なのになんで俺の家なのだって俺の家ってなにもないしそれにエリキルみたいな美少女がいたら俺他のやつから妬まれるから一緒にいられると困るんだけど。」

「えっ美少女そんな褒めたってなにも出ないからね。」

「いやそんなの分かってるから。それよりなんで俺の部屋に住むんだよ。」

「だから、あなたが好きだから。」

「だからしか聞こえなかったけどあとなんて言ったの?」

「バカー」

ペシえっなんで俺叩かれなきゃいけないの?おれ何も怒られることしてないよね?だれか俺に原因教えてー。

そして時間がやばいことが気づき一緒に行く事になったのだが、一切口を聞いてもらえなかった。

そして入学式

「まず君たちあの入学試験を受けてもらい受かったことを褒めたたえよう。しかしこの学園では順位制度があるのは知っているよね?知っていないというなら前に送っておいたパンフレットをもう1回呼んでくれ。この学園は順位が一人一人に付けられている。そしてその順位によってランクなどが変わるこの学園はその順位が全てだ。さぁ君たち勝つことが全てだ、どんな手を使ってでも上に立とうとせよ。それは協力なども合わせるのだ。そして魔術はものを変えるためのものしかしそれを極めても限界があるそれを超えたものはこの学園をやろう。」

この学園長が言っている超えたものとは魔法のことである。魔法で穴を作ってもらうのとロボットの動きを良くするのだと思う。まぁその超えたのがおれなんだけどね。俺のこの学園での順位は2340だった。しかし俺はこの学園ですぐに1位になれるとは思わなかった。しかしカイドの魔法力は神の力が入っているため他の世界の世界1位の魔法使いの適正の5倍だった。そんなことはしらずカイドはこの学園生活を送っていくのだった。



1回保存消えて泣きそうになりまた。そしてまた書き直しました。1回消えた時は今日投稿やめようかとも思いましたが、1週間連続投稿をすると決めたので書きました。今週1週連続投稿できなかったら来週1日に2作投稿1週やります。これもできなかったら俺をなんとでも言ってください

「魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く