魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強

ガイル

俺の魔法が魔術をかなり上回っている件


俺はエルフの長の娘であるエリキルと一緒にエルフの隠れ里に向かっていた。

「エリキルエルフって魔術に適正が高いのか?」

「いえ別にみんなが高いわけではありません。しかしエルフは長生きな上に人間と違って魔術の適正があるものはかなり高くなるのです。」

「簡単に言うと適正を持っているエルフは人間の数倍ぐらいの魔術適正を持っているということだな。」

「はいそうです。理解が早くて助かります。しかしそのせいかエルフでは魔術適正がないものは酷い扱いを受けるのでみんな持っているという嘘をつきます。」

「なるほどな。そこは人間とはちょっと違うな。」

「人間でも適正がないものをあると言わないのですか?」

「貴族などの魔術適正を重視している人達は子供に魔術適正がないと分かると捨てるんだよ。そのため5歳になるまで子供を産んだだったり妊娠しているなどは言わないのがこっちの常識なんだよ。」

「自分の子供が魔術適正がないからって捨てるのはどうかと思いますね。」

「俺もそう思うよ。」



そしてそんな雑談をしていたらエルフの隠れ里に着いた。
 
「ここがエルフの隠れ里かー」

「はい。人口は約6000人ほどですね。」

「お前ここに何のようだ。」

ここの警備をしているエルフがこちらにやってきた。

「私はこのエルフの長の娘であられるエリキル様の頼みでエリキル様の母上の病気を治すためにやってきたカイドと申します。」

「それは失礼した。エリキル様が連れて来た方なのだから信用しよう。どうかエリキル様の母殿を助けてください。」

「安心してください。私はそれを治すためにここに来たのです。だから全力をもって直して見せます。」

そして警備をしていた人の案内でエリキルの家に到着したのだった。

その道中の会話。

「私は驚きましたよ。カイド様があんな風に丁寧に話せるなんて、あの人頑固だから口の聞き方が悪いカイド様なら怒られると思ったのに、あんなふうに言えるなんて予想外でした。」

「まぁ俺にも常識ぐらいあるよ。だってこの隠れ里の長の娘なんだから国で言ったらお姫様にあたるんだから丁寧な言葉じゃないといけないと思ったんだよ。」

「ふふ、お気遣い感謝します。」

そして今現在エリキルの母の前にいる。そこにはエリキルの父だからこの隠れ里の長にあたる人も俺が直せるのかを期待していた。そして俺のヒーリングをかけるとみるみるうちにエリキルの母は良くなっていった。

「まさかこれ程とは。エルフの魔術適正がかなり高い人が何人も直そうとして頑張ったのをよもや人間が治すとはやはり人間は侮れない強さを持っている。」
とこの隠れ里の長は言った。

「いえいえ、私なんてまだまだ未熟ものですよ。」

カイドはこう思っていた。魔術の回復ってくそだな。やっぱり魔法神なんじゃね?っとそしてまたこれから始まる学園生活でも魔法の強さをとくと味わうのだった。



更新は出来れば1週間に1回です。しかしいつか1週間連続1日に2作かけたらいいなーと思いつつ気長に書くので応援お願いします。

「魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く