魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強

ガイル

俺は冒険者登録をしようと思ったけど可愛い子を助けてたら登録忘れました

学園に無事入学出来たけどSランクの教室じゃないのが不満なんだよなー。しかしなんで魔術の適正が低かったのにあんなの出来たのだろうと学園長も思っているに違いない。だって普通あの魔術の適正じゃ無理だもん。なぜ魔術適正ゼロの俺が魔術適正が上がっているのかってそんなの単純だよ、魔法を使って測定器を動かしたのだよ。だから魔術の適正が低いのにあんなことが出来た。まぁ試験はあと3日あるからそれまでに冒険者登録するか。しかし俺はあの師匠から冒険者登録のランク推薦状を貰っている。なんか師匠は冒険者ランクSSで1番上でその中でもトップレベルだから推薦状貰ったやつはBから始められるというありがたい。




ふぅーやっと着いた。冒険者ギルド思っていたらより大きいな。

「こんにちは」

そう言って入ってたらなんだこいつって目をされたそうですよね。冒険者ギルドにこんにちはなんて言わないよねー。

「おいてめー見ね顔だな新人かよそんなやつがこんなとこに来るとはいい度胸してるな」

「ソウデスネ」

「あん?てめぇケンカ売ってもんのか!」

「ケンカ売ってんだよ。300ゴールドでな」

そこにいる皆思ったこいつ馬鹿だと

「なんだよお前ら面白い冗談をうわこの人頭可哀想とかいう目で見るなよ。」

絡んだ男もこんな変なこと言ってくるガキに相手している暇はないと思って去っていくぐらいの冗談の低レベルさであった。それに機嫌をそこねたカイドはギルドこら出た。

「なんだよ。ただの冗談なのにみんなで可哀想な人を見る目で見やがっておれは面白いと思うんだけどなー。」

ん?あそこで誰か絡まれてね?なにーエルフだとこの世界にエルフだと大事なのでもう1回言っておくエルフだと。

・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり何回考えてもエルフがいる理由がわからん。
エルフって魔法の才能しかないと思っていたのに、まさかこの世界では魔術が圧倒的に優れているのがエルフなのか?でもあの襲われてる子めっちゃくちゃ可愛すぎるこれはもう俺が助けて惚れさせるしかないな。

あれ体が動かないだと。そうか俺は人を助けるのは優しい人がやることだと思っているのにそれを理由にモテようとしてる俺を自制心で止めてるのか俺の体こいう時にいらんことを。まぁいいや魔法使ってこの状態解除っと。

「やめないか。」

「なんだてめー」

「お前らこんなガキやっちまえ」

そして3人がかかってきたが俺の魔法で瞬殺された。

「君大丈夫かい?」

「はい。危ないところを助けて頂きありがとうございます。私はエルフの長の娘のエリキルといいます。」

「僕はカイドだよろしく。しかしなんでこんなところに?」

「それがわたしの父が病気で死にそうなんです。しかし私たちエルフの力を使っても直せなかったので、この国で直せる人がいないか探しているのです。」

「そうだったのか。」

ん?待てよ俺って回復魔法使えたよな。絶対魔術より魔法の方が優秀だから1回行ってみて直せたら直したお礼に結婚してくれるかも。

「僕回復できるかもしれないからやってもいいかい。」

「えっ本当にいいんですか。じゃあお願いします。」

カイドは冒険者登録のことなど忘れて可愛い子に恩をうることを選んだのだった。


「魔術で成績が決まる学園で魔法を使って学園最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232154

    、や。をつけてください

    0
コメントを書く