閉じる

虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

多世界バトル後篇 その07



 死神の鎌は触れれば即死。
 それが千本、しかも縦横無尽に舞台を駆け巡っている。

 それらすべてを弾き、捌き、避けながらアカは俺に生みだした魔剣を振るっていた。
 その都度俺の体を『SEBAS』が動かして、鎌を自在に操り対処している。

 だが、だんだんとその距離は近づく。
 赤いオーラが熱波を生み出し、防御や加速も行われて──

「終わりだ」

「っ……!」

「捕まえた」

「ぐぁああああ!」

 オーラが体に纏わりつき、こちらに干渉。
 途端に感じる膨大な熱量……を意識できないまま、全身が炎に包まれる。

 息が苦しい、体が痛い、五感すべてが苦痛に満ちていた。
 バラエティーで安全に火だるまと化すというものもあるが、これは絶対に違う。

 意識が引き剥がされる。
 体がじわじわと炙られ、体を動かそうという意思自体を奪われていった。

「ぐぁああああ!」

「…………」

「ぐぁああああ!」

「……まだなの?」

 抗う意思はもう奪われている。
 だが、意思が無くとも俺には動く手段があるわけで……何より、心臓が脈打つ限り決して死ぬことは無い。

 それと同時に、業火とも呼べる炎の中で俺は何度も死んでいる。
 システム的な退場は行われない──だが、死はあること・・・・で証明されていた。

「──ぁ……」

「?」

「──『しょう、ねつの……し、えん』」

「ッ……!?」

 それゆえに、『死天』謹製のアイテムがストックされる。
 焼死の具現化たる『焦熱の死焔』が、起動と共に俺とアカを一気に焦がす。

「き、さま……!」

「ふ、ふふ……ふははは! さぁ、共に逝きましょう! まあ、私は死んでもしばらくは持ちますけど」

「~~~~!!」

 なんだか憤死しそうな勢いだが、それよりも先にすべてを炎が焼き焦がす。
 それはアカが纏うオーラをも呑み込み、耐性の壁を超えてダメージを与えていく。

 俺も、アカもすぐに生命力が尽きる。
 それでも残り続けるのは……向こうも向こうで、何かしらの策があったのだろう。

 だが、その勝負において俺が負けることは許されない。
 生存特化の『超越者』、『生者』を冠する誇り……のようなものがあるからな。

「──では、お別れですね。すみませんね、生き永らえることに関して、現状休人で私に勝てる者はいませんよ」

「……ゴ──」

「──“ソウルハント”!」

 何かを言いそうだったが、俺の直感が阻止するように命令。
 即座に魂を刈り取ることで、その口を黙らせた。

≪アカ選手の退場を確認! 優勝は──ゴンベエだ!≫

 そうして、俺は二部門での優勝を果たす。
 ……さぁ、次はお前の番だぞ、ショウよ。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く