閉じる

虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

プログレス配布中篇 その08



 暗躍街 コロシアム

 血で血を洗う、そんな激しい死闘が日々繰り広げられているのがこの場所だ。
 金の力に屈した敗北者が集う賭場とは異なり、彼らは望んでこの地に集まっている。

「あれが『死闘の舞陣』……うちに置いてあるアレの原物か」

 家族用に作った『秘石』。
 使用者の戦闘履歴を読み取り、再現体を現界させるという代物なのだが……その完成に一役買っているのが──この神代魔道具だ。

 俺はここに初めて来たが、『SEBAS』が解析をしておいてくれたらしい。
 ……ここの管理者が雑な扱いをしているらしく、簡単に忍び込めたそうだ。

《舞台に載った相手にとって、必ず死闘になる魔物が用意されます。なお、神代技術で生みだされた存在のため、ドロップアイテムは存在しません》

「ドロップアイテムは? なら、経験値の方は貰えるのか?」

《それがこの神代魔道具の興味深い点です。この場所において観客は、お金ではなく経験値を賭けます。闘士たちは、その何割かを得ることができるのです》

「つまり……ここに居るだけで楽々レベリングができるってことか? マジか、どんだけ便利なんだよ」

 すると、『SEBAS』から補足説明が伝えられる。
 なんでも、賭ける方も戦う方もさすがに最大量に制限が掛かっているそうで。

 闘士のレベル、そして相手の格や格差。
 そういったものからオッズや制限が設けられ、最終的に得られる経験値の量に影響を及ぼすそうだ。

「まあ、その機能は魔物を出して戦っているときだけなんだな。つまり、ああして戦っているときは何も起きないわけだと」

 舞台の上では現在、人と魔物ではなく人と人が闘いを繰り広げていた。
 片方は籠手や甲冑など、重厚な武装に身を包んだ成人男性。

 そして、相対するのは──

『どうしたどうした! そんな柔な鎧や剣で倒せると思ってたのか!』

 拳一つでそんな装備を打ち砕き、そのまま中に隠れていた生身をぶん殴る青年。
 西洋系の顔立ちをした、締まった筋肉を有するイケメン……チッ、『拳王』である。

「コロシアムは死なない、だからあれだけやろうと止める気がないのか。まあ、アイツは自分の権能が掛かっているわけだし……仕方ないと言えば、仕方ないのか?」

《『拳王』の条件は──『死闘の舞陣』においてランキングトップであり続けること、そして拳でさまざまなモノを砕くことです。前者を維持するためにも、一定数の勝利が必要となります》

「なんでここの神代魔道具と、『超越者』の獲得条件が結びついているのか不明だが……まあ、それは俺が気にすることじゃないか」

 勝利し、観客に向けてガッツポーズを向ける『拳王』は、俺の存在に気づきニヤリと笑みを浮かべる。

 うん、これでアポが取れたってことで。
 さっそく会いに行こうじゃないか。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く