閉じる

虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

マラソンイベント その22



「──出番だぞ、メカドラ」

 最近は銃としての活躍ばかりしているメカドラだが、本質はそこではない。
 本来の名である『機星龍メカニクルドラグスター』の力を目覚めさせ、休人たちを阻む仕掛けに組み込む。

 国家を一つ転覆させかけた、兵器としての運用が可能なメカドラ。
 今回はその機能もフルに使って、休人たちに力を使わせる。

「まずは『武器化』を解除。通常機構に戻したうえで、『狂闘』を起動しろ」

『ギャォオ!』

 小さな銃は質量保存の法則を無視し、その存在をドラゴンへと作り替える。
 存在偽装と呼べる超技術によって成されていたのだが……ともかく、龍が降臨した。

 当然、休人は大パニックになるのだが……そのどよめきも瞬時に止む。
 人族の聴覚では認識できない、可聴音域をはるかに超えた高さの音が発せられた。

 他にも魔力の波動や臭いなど、さまざまな方法で行われる──洗脳。
 そのえげつない戦法が効くからこそ、かつてメカドラは封印されていた。

「今回の洗脳は暴れ回るのがコンセプト。仲間だと思っていた奴が、急に裏切ったら……そんな疑心暗鬼が至る所で起きるうえ、時間経過で抵抗できなくなった奴が順次洗脳されていく。本当、誰が考えたんだか」

《旦那様、動きがありました》

「うん、対応が早くて関心関心。メカドラそのものを処理するには、さっさとゴール付近に来ないとな……けど、そこまで甘くは設定していないんだよな──『守死』」

 操られている休人たちが、統率された動きでゴール付近に集まる。
 そうでなくとも、俺がマスター権限で罠の配置を操作して転移させて送り込む。

 彼らには命懸けでメカドラを守れと思い込ませているので、使用制限のある能力なども使って守ってくれるだろう。

「でも、最後の抵抗だしな……メカドラってまだ成長過程だから、全然強くないし」

『ギャゥウ……』

「休人、『超越者』、魔物とかの戦闘データが少しずつ集まっているんだけどな。いずれは最強に至るはずでも、まだまだ足りないものが多すぎるってことか。まあ、今回はテストだと思って好きに暴れてくれ」

『ギャウッ!』

 メカドラにはちゃんと兵器を搭載させているので、そちらのテストにも使える。
 だがまあ、相手が悪すぎて参考にはならないんだろうな。

「──ショウに斬られ、マイに蹂躙され、ルリに諦めさせられる。そんな感じの未来しか無いからな……死ぬ前に回収するから、どうか頑張ってくれ」

 俺の予想は当然的中し、休人たちはメカドラに勝利してゴールへ向かった。
 ……俺もこっそりとその集団に混ざり、最高位の景品を貰ったりしています。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く