閉じる

虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

カジノ その17



「うはははっ! 大量大量!」

 キマイラを気絶させ、見事ゲームに勝利した俺……当然チップもガッポリ手に入り、億万長者の気分になっている。

「景品交換は最高級! 神代魔道具はどうせくれないだろうけど、貰うなら一番イイ物にしておくよな……まあ、こういうときに嵌められることがあるんだけど」

 AとBの袋があったとして、その中身が秘密な状態で別の額を提示したとする。
 もちろん詐欺として訴えられるが、中身を同じにしてもバレはしないだろう。

《魔力反応で違いは確認できますが……》

「こっちだと、そういう誤魔化しも難しいわけか。というよりも『賭博』はこの場所の元締めだし、信用的にそれも不可能だよな」

 世の中は金と信用で回っている。
 そのどちらかを失えば、間違いなく社会的にその者は死ぬ。

 幾人もの権力の持ち主が、この地下世界を支配しようと動いている。
 その一つ一つの挙動が全体に影響し、周りとのパワーバランスが崩れてしまう。

「──さて、交換するかな。よろしくお願いしますね……『賭博』さん」

「やられたわ……勝つことは分かっていた。けど、まだカードが切れていない。『生者』は秘密が多いのね」

「女性がいくつもの秘密を隠すように、男も秘密で着飾る生き物なのですよ。私も人間ですし、失敗はします……」

 企業において、連帯責任で全体責任の問題などいくつも存在する。
 何度も何度も失敗を重ね、経験を積むことで反省を生かして成長する……そんな段取りすら、今の社会において不必要と定義されてしまった。

 俺もまた、そうして不必要とされた失敗を何度も起こして学習を重ねた。
 幾枚もの秘密を服のように覆い、笑顔を張り付けて戦いに向かう……それが現状であり生き抜くためにやらねばならないことだ。

「『生者』など、誰もがなれます。生きるために足掻き続けた者であれば、私が資格を失えば次の候補者です」

「……本当にそうかしらね?」

「当然です。私が愚者であり続ける限り……死者である限り『生者』であり続けます。ならば『賭博』さん、真実を知った今なら把握しているはずですよ? 『騎士王』さんもこれを知っているでしょうし、口止めだけは要求したいですが……」

 知っているはずだ、『騎士王』は本当の意味で万能に近しい能力を持っている。
 賢者も円卓の騎士もいるのだから、内輪で状況は共有されているはず。

 一方、ポーカーフェイスに特化したような目の前の女性……『賭博』。
 アッチは強請るネタがあるから置いておくとしても、こっちはどうにかしないと情報が洩れる。

「……なら、ゲームをしない?」

 ニヤリと笑みを浮かべる『賭博』。
 さぁ、最後のゲームを始めよう。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く