閉じる

虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

使い幼女



 だがまあ、『騎士王』の情報に煽られた者たちが捜索を始めても困る。
 生産ギルドへ数か月分のポーションを納品して、引き籠ろうとしていた。

「うん、未然形だったんだよ。だからって、このタイミングで来るのかよ」

「お主が『生者』じゃ……だな。すぐに来てもらうぞ……よ」

 近道を通ろうと裏路地を歩いていると、止められてしまう。

 見た目はただのロリ。
『超越者』でも無いようだが──単語を知っているだけでもうアウト。
 膨大な戦闘力が警鐘を鳴らしているし、本当ならすぐに逃げたい。

「えっと……人違いでは?」

「わら……私の眼は誤魔化せぬ……ない」

 鑑定以外の何かで、俺に気づいた?
 けどまあ、ここでボロを出せばただの正直者になってしまう。

「あの……拘束を解除してくれませんか?」

「『龍王』からも逃れるその力、一度でも逃がせばもう隙は生まれぬ……ない」

 あの人の結界、本当有名なんだな。
 どうにも噂だけが一人歩き、というのがこのゲームだと多い気がする。

 止められている、とは拘束のこと。
 魔力を縄にして縛る──魔力版“雲縄”のような技で俺は捕まえられていた。

「──まあ、そろそろ時間がありませんので失礼させていただきます。ご連絡があれば、後ほどそちらの名刺にご本人がお願いしますと伝えてください」

「! ま、待て!」

 無理無理、納品するだけだと思って飯前にログインしているんだ。
 すぐさま自殺で拘束から逃れ、そのまま死に戻りによる転移を行う。

 せめてアポを取っての接触、それを心がけてもらいたいよ。

  ◆   □   ◆   □   ◆

 アイプスル

「あの幼女、和服だったな……」

《日本に該当する国も存在します。しかし、日本食を渡す気はほぼ無いかと》

「どこだ?」

《四十区画先でございます》

 運営……そんなに嫌なのか。
 どうせ区画の遠さだけでなく、面倒な地形トラップも設置されているだろう。

「とにかく、あの幼女に渡した名刺の座標から正確な場所を割り出してくれ。これであの世界の米……じゃなくてコメが食べられる」

《現在は街の中を捜索しております。隠蔽系の能力を所持しているのか、堂々と道を歩いていますが誰も気づいていません》

「看破系のスキルと隠蔽系のスキル。諜報員でも『超越者』が送ってきたか」

《それだけの人材が居ても、【魔王】の脅威に怯える必要があるのですね》

 権能を奪う、権能。
 抗える者はおそらく、本来選ばれし者たちとプレイヤーのみ。
 それ以外の者は『騎士王』ですら、権能を奪われてしまう……やれやれ、厄介だな。

「とりあえずは連絡を待とう。何もないならそれが一番いいけど」

《では、こちらは調査を》

 それからしばらく、引き籠もりライフを行うことになった。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く