虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

陸海空



 アイプスル

「……飽きたな」

 イベントのため、努力を行うのも。

 生産も何度かやったし、規格外という枠に収められなきゃランクインも確実だ。

 しかし他のこと──討伐は諦めよう。

 よくよく考えれば、社会人が廃人に勝つ術など無かったんだ。
 もっとも争う者の多いその部門は、決して普通の存在ではランクインすら無理だな。

 俺が悩んでいると、人型のゴーレムがここにやってくる。

「では、どうされるので?」

「カエンか……また『超越者』探しでも再開しようと思う。『学者』は掲示板に学園の情報が上がればすぐ分かると思うが、未だに住所不定の『超越者』はたくさんいるしな」

 何かしら、『超越者』は卓越した能力を有している。

『闘仙』は身体強化、『龍王』は結界、『騎士王』は万能さ。

 他はそうだな……『剣矢』──里長(兄)は弓の技術、『剥意』──里長(弟)なら幻術、『錬金王』であれば錬金術とかだろう。

 ちなみに、『冥王』はよく分からない。
 死に関する何かだとは思うが、一度の邂逅だけでは理解できなかった。

「いいところは可能な限り、こっちに取り入れていきたい。結界は不完全だがだいぶ模倣できたし、戦闘技術も型だけは取れた。できるだけファンタジー感溢れる技術、それらを優先的に取り込みたいな」

「そうですか」

 海に眠る王国、天に浮かぶ都市……地球でもそういう逸話があるけれども、実際に今も使われている場所なんて存在しない。

 こっちの世界なら、それがある。
 少なくとも湖の底で集落を造る、そんな種族がいることは確認済みだ。

「けど、海は広すぎて特定できないし、天空都市は常に動いているみたいだ。だからこれら二つは諦めて……別の奴だな」

 潜水圧に耐えられるかどうか、や空を自由に飛べるかどうかなどの問題もある。
 だが、そこに関しては魔道具を組み合わせればどうとでもなると『SEBAS』も言っていた。

 ボートの兵装も着実に進んでいる。
 普通のボートではそもそもありえないが、いつかは陸海空、星々征服するなんて……と言えるぐらいの準備を整える予定だ。

  ◆   □   ◆   □   ◆

 クエストをやって、貢献度を稼ごうと思ったが……それも無理だったな。
 今日もまた、ポーションを納品しに行ったついでに訊ねたが、やはりくれなかった。

「──仕方ない、あそこに行くか」

 俺が街において活動するのは、主に三つしかないのが現状だ。

 一つは金を満たす場所──生産ギルド。
 一つは食を満たす場所──串焼きの屋台。
 そしてもう一つ、あるモノを満たす場所に俺はこれから向かう。

 その場所とは──


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く