虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

新大陸



---------------------------------------------------------
≪S11W6が解放されました≫
《初討伐報酬『泡沫の蛸頭巾』を入手しました》
《初ソロ討伐報酬『安住の蛸壺』を入手しました》

 エリア解放者として名を刻みますか?
     〔YES〕/〔NO〕
---------------------------------------------------------

「NO! お断りだ!」

 全力で〔NO〕ボタンを押すと、アナウンスと同時に現れたパネルが消滅する。

 誰が好き好んで名を出すなんて……あ、これをやれば、ルリたちの誰かが俺の居場所に気づけたかもしれないんじゃ……。

「…………さ、さぁ次に行こうか!」

 ありえない仮定などどうでもいい、起きてしまったことも忘れておこう。

 それより今はエリアの先へ、目指すは海を渡った先にある新大陸だ!

  ◆   □   ◆   □   ◆

 S13W6

「ついに、ついに新大陸だー!」

 一区画超えた先に、ようやく大陸を発見できた。
 ボートを寄せて着陸すると、両手を高く上げて喜びのポーズを取る。

 何もない海ばかり見ていたせいか、新鮮な景色に飢えている……というわけではない。
 それなら『アイプスル』にたくさんあるので、いっさい困ってません。

「新たな冒険が、俺を待っている!」

 つまりはそういうことだ。
 ゲームでも、舞台が変われば同じ設定でもイベントは大きく異なる。

 そりゃあ当然だ、別の環境なのだから独特の文化も異なっている。
 ならば特殊な思想家も生まれる強さの性質も全然違う、なぜなら違う場所だから!

「思考がグチャグチャだな……別の意味でだが酔っぱらったか?」

 またこの大陸に来る間に、アドレナリンがバーストしてハイテンションになった。

 ガトリングスタンガンを連射し、サンダーフレームで痺れさせ、アイテムキャッチャーがそれを回収。

 何度も現れた魔物を相手に行いながら、今日我々は彼の地に着いたのであります!



 しばらく休んで、冷静さを取り戻してから『SEBAS』と連絡を行う。
 すでにドローンは起動済みである。

「『SEBAS』、調査のほどは?」

《ここから少しした場所に、小さな漁村があるようです。言語はすでに解析を始めていますが、既存の物に該当する言語はありませんでした》

「大きさの方は?」

《地球で例えるならば、オーストラリアほどの大きさかと》

 海外旅行に行ったことはないが、地図をイメージする限り結構デカいと思う。

 周りは凶悪な魔物に囲まれているものの、船も見つけたらしいので鎖国はしていないようだ。

「つまりこれは、ビジネスチャンスだな。行商人として、しっかり働くとするか」

 貿易をしているのなら多種族の品を扱う良さに、気づく者がいるかもしれない。

 そうした輩に売れば、たぶんここでもやっていけるだろう。

「……もちろん、『超越者』にバレないようにだけど」

 この大陸にも、定住したり放浪を行う『超越者』がいるかもしれない。
 あまり目立たないよう、こっそりとだが活動していこう。

 矛盾する思いを秘めて、俺は新たな大陸での一歩を進めていった。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く