閉じる

虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―

山田 武

祭壇作り



「よし、久しぶりに普通に何か作ろうか」

 このゲームで俺は色々な物を作ってきたせいか、なんだか求める質が上がり過ぎて、調子が上がらなくなってきた。
 なので今日は、現実でも作れるような物を作っていく日にしようと思う。

「しかし、一体何を作れば――」

『では、森の者たちと一緒に、住処を作るのはどうだ?』

「……風兎、それは普通の物作りとは言わないだろう」

 そうして云々と考えていると、風兎がそう提案してきた。
 あれから少しの時間が経ち、今では風兎が俺のことを『お前』と呼ぶようになっているぞ(やったね、ランクアップだ)。

 だがな、風兎。
 住処ってのは、そう易々と作れるものじゃないだろうに。
 鳥の巣箱ぐらいならともかく、熊や猿が住む場所となると……。

「というか、今まではどうしてたんだ?」

『木の上や洞穴に居たな』

「うーん、そうなると洞のある木でも育てるのがベストか? まあ、そっちはおいおい育てておくとしよう」

『そうか、助かる』

 俺としても、新たな住民に住む場所がないというのは問題だ。
 本来なら、:DIY:を使って各魔物ごとに住み心地の良い場所でも造ろうと思うが……共同作業をさせるってのも、いい考えかもな。

 さて、それじゃあそのことを踏まえ、今日作る物を風兎と考えてみよう。

「うーん……そうだなー、兎小屋……はないな、すみません」

『なんとなくだが、私を馬鹿にしていた気がしたぞ。一体どんなものなのだ、それは』

「未来溢れる若き子供たちが、素晴らしき生命の大切さを知るため、崇高な兎を可愛がるための空間だ」

『……何故だろうか、何か情報が足りないだけで仰々しく感じるその説明は』

 うん、子供が世話を忘れてそのまま死んでいたり、むしろ子供からの虐待があるってことは内緒にしておこう。

「まあ、今日は風兎を祀る、簡単な祭壇でも作ることにするか」

『何、祭壇だとっ!?』

 物凄く驚いた、みたいなリアクションだ。
 あ、もしかして不味い感じか?

「えーっと、嫌なら止めておくぞ。木で作る簡単な物の予定だったし」

『いや、本来聖獣様ぐらい格が無ければ造ってもらえぬ代物でな。それをお前が造れることに、かなり驚いていたのだ』

「……何か、特別な儀式でも要るのか?」

『いや、特にそういったことは無いが……作れば分かることだ』

「へぇ、まあならやってみるか」

 :DIY:を起動して、いつものようにトンテンカンと木を叩いていく。
 ……ほら、木組みも:DIY:ならある程度、簡単にできるからさ。
 建築士の皆様、大変申し訳ありません。

  ◆   □   ◆   □   ◆

 風兎と会話をしながら、頭に思い浮かべた祭壇を組み立てていく。
 感覚的にはなんだか、パズルゲームみたいになっているんだよなー。
 組み立てるやり方が勝手に脳裏に過ぎるから、妙に簡単に思えてしまう。

「――よし、これで完成だ。……って風兎、どうしたんだ? そんな『あ、ありえない。どうしてできるんだ!?』みたいな百面相なんてして……」

『……読心のスキルでも持っているのか。ほぼ当たりだぞ』

「そんな顔をされたら大体分かる。そんなことより、祭壇を作る条件をちゃんと言え」

 出来上がった仏壇サイズの祭壇を見て、風兎はまさにそんな感じの表情を見せていた。
 ここまで驚かれると、こちらもこちらで気になってしまう。

 全く、今度は何なんだよ。


「虚弱生産士は今日も死ぬ ―小さな望みは世界を救いました―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く