インフルエンザに囚われたラノベ作家のパパを助けに

御社 欅

第八章 剣

ここはどこだろう。

先程までは、遺跡の部屋にいた。

明かりを灯そうと、呪文を唱える。

「ライト。」

しかし、暗闇はそのままだ、

指で星型を描いてみても、カーソルさえここでは出てこない。

手を前に伸ばして、手探りで歩いてみる。

何もない空間。

「サラ、エバンズ、ロドリゴ。」

大声で、三人を呼んでみたが、返事はない。

これまで、ずっと仲間がいたので、1人になると急に不安になる。

いったい何が、起きたのだろう?

確か、剣を引き抜こうと、剣の柄に手をかけたはずだった。

そこから先が、思い出せない。

目をぎゅっと閉じて、おそるおそる、また開けてみる。

まわりは暗いまま。

何も起きない。

困った。

頼りの魔法は使えない。

何か、出来ることは?

自分の持ち物を確認してみる。

頭の上を両手で押さえ、肩、腕、胸、腹と何かないか暗闇の中でポンポンと叩いてみる。

ズボンまで、叩き降りていくとポケットに、入っている玉を発見。

役に立つかは分からないが、とりあえずポケットから、玉を取り出してみる。

手を開く。

玉は、掌の上で少しずつ明るくなり、やがて、白く輝きはじめた。

眩しい。

あふれる光にまぶたを閉じ、ゆっくりと開く。

少し明るさに目が慣れた。

玉は、ぼんやりとあたりを照らす。

あかりは、部屋の中央にいた。

その部屋は...、四方を壁で囲まれているので、どうやら部屋という事は分かったが、扉がどこにもなかった。

うーん。どうしよう。

念のため、もう一度、指で星型を描いてみるが、やはりカーソルは出てこない。

仕方がないので、少し歩いて壁のところへ行ってみる。

手で触ってみる。

ひんやりとさらさらな壁の感触。

ぐるっと部屋の中をあるいて、試しにあちこちをトントンと叩いてみる。

隠し扉もどこにもなさそうだ。

床も一通り確認したが、変わったところは、どこにもない。

どうやったら、ここから出られるのだろう。

出口らしきものは、全く見当たらない。

うーん。

ただ、良く考えると不思議なことがいくつかある。

まず、入り口が無い。

もう一度、部屋をぐるっと見回してみるが、天井にも、壁にも、床にも、それらしきものは見当たらない。

入り口がないのにどうやって入ったんだろう。

それに、ここでは、魔法が使えない。

この世界では、魔法が使えるはずなのにだ。

ということは、先ほどまでいた世界とは、違う場所ということだ。

ただ、一瞬で遠くに飛ばされたという感覚もなかった。

何か分かりそうな気がしてきた。

もう一度、壁のところに行って、壁を叩いてみる。

どんどん。

あれ、手が痛くない。

今度はかなり強く。

バンバン。

やはり、手が痛まない。

それならと、壁から少し下がり、助走をつけ、目をぎゅっとつむり、壁に飛び込む。

激突?

しかし、痛みはなく、何かをすっと通り抜けた感覚。

「あかり、あかり、あかり、大丈夫?」

目を開けると、心配そうに覗きこんでいるサラの視線があった。

「突然、倒れたから、心配した。」

サラが、私をぎゅっと抱きしめる。

私は意識を失っていたらしい。

剣はまだそこに突き刺さったままだ。

どうしよう。

左手に玉をぎゅっと握りしめ、右手で、剣の柄に手をかける。

今度は、何も起きない。

剣の柄を握りしめ、力を込める。

スパンっと剣が床から抜ける。

これで、三種の神器は、揃った。

「さあ、行こう。」

エバンズが明るく言う。  

魔物を倒すとか、特に何かが、起こったわけでもなく、少し物足りなく思ったが、剣を手にしたことには変わりない。

「うん。いこう。」

私は、引き抜いた剣を掲げながら3人に顔を向けた。









「インフルエンザに囚われたラノベ作家のパパを助けに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く