インフルエンザに囚われたラノベ作家のパパを助けに

御社 欅

第五章 ペガサスの国

森には道があった。

それは、森がそこなら通っていいよと言ってるかのような細々と続く空間。

そして、誰かが過去にその地を踏み入れたかのようなかすかな形跡。

道は、時にいくつかに分岐し、時に落ち葉に覆われ途切れていた。

さらが先頭に立つ。

地図を見ることも、方位を確かめることもなく、馬を進めていく。

「さら、前に、ここに来たことあるの?」

「ううん、初めて。」

「じゃあなんで、道がわかるの?」

「道は、分からないわ。」

「えー。」

それって、ひよっとして、行き当たりバッタリってやつなのか?

「それに、ここでは、前の道はあてにならないのよ。」

「え?」

「ペガサスさん達がいる場所は、よく変わるから。」

「大切なのは、いかに最短距離で、今、ペガサスさん達がいる場所に着けるか。そして、それが、私たちが、進むべき道なの。」

わかったような、わからないような。

それが、どうやって分かるのかの質問だったはずなんだけど。

でも、私は、最近、私は地図やガイドブックばっかり、見て過ごしていた。

本当に行きたい場所さえわからずに。

「そうなんだ。」

とりあえず納得せざるを得なさそう。

幹に苔が生え、蔦の垂れ下がる木々の合間をゆく。

辺りの様子は、あまり変わらず、進んでいるのか、もとの場所をぐるぐる回っているのかさえ分からない。

「ここ。」

さらが、馬から降りる。

「ここ?」

先程と森の様子で変わったところは特にない。

ただ、少し、木が生えておらず広場のようになっている円形のスペースが目の前に、広がっていた。

他のメンバーも、馬から降り、馬の手綱を近くの木に結びつけ始めた。

作業が終わると、皆、サラのまわりに集まる。

「では、呼びます。」

親指と人差し指で輪っかを作り、それを口にあて、サラが吹き始めた。

ピィー、ピピィー、ピィー、ピピィー、ピィー、ピピ。

これ、今度やってみてとか言われたら、困るな。

試しに、指を加えてみたが、ホフェフィと空気が、漏れただけだった。

私は指笛が、苦手なのだ。

すると、羽を畳んだペガサスが、森の木々の合間を縫って、次々と広場に集まってきた。

その中の、一頭、特に美しいクリーム色のペガサスが、私の所に、近づいてきた。

私、この子、知ってる。

それ以上は、わからない。思い出せない。

たてがみを撫でる。

そうだ、この感触。

昔、この子とよく遊んだ。あれは、ペガサスのぬいぐるみを触った記憶じゃ無かったんだ。

いつからか、縫いぐるみの感触だったと、記憶が置き換わってしまっていたのだ。

そうだ、私は、この子に乗ってよく大空を駆けた。イメージが、突然、浮かんできた。


「ほんとうに、ほんとうに、久しぶり。元気だった?でも、大きくなったね。エピ。」

ペガサスは、考えれば伝わる。

それでも、つい声が出てしまった。

「あかりもね。また、会えて嬉しいよ。」

そうだ、私が、最近、空をむしょうに飛びたいという思い。

それは、このエピとの思い出に、からきてたのかもしれない。

私はしばらく、エピの首筋におでこを付けて、エピを抱きしめていた。私たちは、山を越え、海を渡り、旅をしたのだ。

「馬と荷物は、ここに置いておく。コボルトたち、留守番を頼んだぞ。」

エバンズは、そう言うと、ペガサスに飛び乗った。

「あかり、行こう。」

「エピ、また、エピと旅が出来るんだね。」

エピは、頷くと、大空高く舞い上がった。

「インフルエンザに囚われたラノベ作家のパパを助けに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く